投稿

ラベル(クラシック)が付いた投稿を表示しています

モーツァルトのアイネ・クライネ・ナハトムジークを聴いて出会える神様への無邪気な心へ

イメージ
いつ頃からかは良く覚えていない。たぶんしかし高校時代だったのかも知れないというのがモーツァルトの音楽を聴きながら神様と出会った。
当時、ベートーヴェンが大好きだったので、何といっても交響曲第五番《運命》のジャジャジャジャーンが印象強いばかりだった、モーツァルトへの記憶は殆どない。クラシック音楽というとベートーヴェンが代名詞みたいな状態で、他にはチャイコスキーマーラーくらいしか聴いた感じがしなかったはずだ。
興味や関心からいうと十代の少年期にクラシック音楽を欲したのは僕の場合はオーディオが大きかったと振り返られる。とにかく良い音とは何かを知りたかったのではないか、世の中で。愛読書も月刊HiViだったり、どんなシムテムで良い音が聞けるのかを知りたくて探し回っていた。
なのでクラシック音楽は色んな音が細かく入っていて自前のオーディオが良い音を出しているかどうかを確かめる意味合いが非常に強かったし、真っ先に捉えるべき第一条件とするとやはりベートーヴェンは音の強弱が激しくてダイナミックレンジが超人的な音楽を作り出していから引き付けられない理由もなかったと認める他はなくなる。
モーツァルトへは逆に対照的な印象を微かに持たされながら不思議がっていたようだ。今にして思い返してもベートーヴェンとは似ても似付かないところの静けさがユニークな作曲家だろう。どんなに大人数の楽団を擁する交響曲やオペラを作曲しても心の空白地点というか、何となく時間が止まったような思いを抱かされるんだ。
気に留めると音も聞こえない感じがするから正しく不思議がりもするわけだけれどもイメージが音楽を越えて生み出されているとしかいいようがない。または楽想が素晴らしくてクラシック音楽はメロディーが分かり難くて何をやっているのかと考えても詰まらなくていつも聴かない人にとってはベートーヴェンの運命のジャジャジャジャーンみたいな明白なフレーズこそ好ましいかぎりにせよ、もうちょっとだけ重なり合う同じような部分もモーツァルトの作曲には含まれていたせいだろう。
Mozart: Eine Kleine Nachtmusik: McGill Symphony Orchestra Montreal conducted by Alexis Hauser via MGSOconcerts
人々に最も有名なモーツァルトの音楽はアイネ・クライネ・ナハトム…

ヴァレンティーナ・リシッツァのベートーヴェンのピアノソナタ第八番《悲愴》は斬新さに唸らされた

イメージ
Beethoven Sonata No. 8 in C minor Op. 13 "Pathétique" Live via ValentinaLisitsa
高校時代にクラシック音楽を聴き始めて三十年近く興味や関心を示し続けて来たけれども全く先例がないような印象を受けた。ピアノの指捌きが余りにも造作なくて楽譜の正確さが犇々と伝わって来た。音が十二分に弾けていてメロディーにリズムとテンポが乗り移っているので、何と呼ぶべきかと咄嗟に箸を落としてしまいそうになる、かりに食事中ならば。考えると単純明快ながら音楽と出会っていたわけだろう。
ベートーヴェンピアノソナタ第八番《悲愴》の演奏はテンポがちょっと早過ぎる。しかしリズムは生きていると思う。ヴァレンティーナ・リシッツァはリズムを適切に伝えるためにテンポを上げているのかも知れない。他の作品でもちょっと早過ぎるみたいな演奏ばかりだったけど、止まらない人生の流れの中で出会いとは何かという気持ちを表現したいのではないかと思わされるし、凄いと唸らされもするんだ。
ある意味、命の尊さが繰り広げられているピアノだから音楽のイメージは非常に詩的だったといって良いだろう。
ベートーヴェンは情熱的な作曲家だし、テンポがちょっと早過ぎても納得できた。まるで地が出ているかのような無二のリアリティーが震撼させられる。聴いていてヴァレンティーナ・リシッツァの奏でる世界にベートーヴェンが顔を覗かせて来ると想像するに難くない。
僕はピアノソナタ第八番《悲愴》の取り分け第二楽章のアダージョ・カンタービレがベートーヴェンの作品では一等に好きかも知れない。何しろ、癒しがある。他では得られないような素晴らしい気持ちを物の見事に与えてくれるせいだ。
ヴァレンティーナ・リシッツァは生まれたばかりの赤ちゃんをどう扱えば良いのかが分からないという感じのピアノだった。
Portrait of Ludwig van Beethoven by Joseph Karl Stieler [Public domain], via Wikimedia Commons
分けてもベートーヴェンにとってピアノソナタ第八番《悲愴》は人々に作曲家としての知名度を広く知らしめた出世作だったらしいので、もしかすると第二楽章はヴァレンティーナ・リシッツァのピアノが正しい。聴けば優しさを覚え…