ラベル(豊満)が付いた投稿を表示しています すべて表示

丸々と太って可愛くも美しい貴方への愛

イメージ

ルノワール の作風は 世界の平和を捉えていた けれども晩年になると女性が太って描かれたりもしていた。豊満な魅力と考えられるし、芸術として分からなくはないけれども作風において相当に変わり果てていて驚かされながら理解に苦しむ。どうしてなのかと以前のような痩せた女性の絵を思い返せば悩ましいかぎりだった。 Les Baigneuses by Pierre-Auguste Renoir [Public domain], via Wikimedia Commons ルノワールの晩年の作風を決定付ける名作が 浴女たち だろう。最後の絵ともいわれていて本人も生涯で最高の出来映えと考えていたらしいので、するとルノワールの絵とは何かを知る手がかりになるのもおよそ間違いなさそうだ。 個人的に 太った女性はスタミナがあって可愛い と思うけれどもさらに美しいという境地にまで達しているのではない…