スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル()が付いた投稿を表示しています

砂猫と作家魂に火を着ける存在への俳句

イメージ
Chat des sables by Clément Bardot (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons砂猫が可愛い。幅広い顔と薄茶色の毛が特徴的だ。中央アジア、西アジア、北アフリカなどの一部の地域にしか生息しないけれどもそうした砂の多い乾燥した風土に適応している。見た目から砂に混ざって外敵に捕まり難いと直ぐに分かる。全身が薄茶色の毛という周りの砂と同様の保護色で覆われているためだ。Миколаївський зоопарк, кіт барханний by Yara shark (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons加えて耳の毛が長くて砂が入らないとか足の裏も毛が長くて熱い地面を歩い易いなんて利点も持っているらしい。Sand cat by Malene Thyssen…

ルイス・キャロルの不思議の国のアリスがナンセンスに包まれた第六感

イメージ
人生のこの上ない瞬間にアリスを見た、焼き芋のように気持ちも甘くさざめいて。
Falling Down The Hole - Alice in Wonderland by CorneliaGillmann via DeviantArt
何も起きることのない秋の昼下がりに一人だけ何かが起きているという風情が本当に不思議だ。
ナンセンス文学の代表とも見られるルイス・キャロルの不思議の国のアリスだけれども知って僕が最も驚いたのは作者が実は数学者だった。
ルイス・キャロルの理知的な発想で表現された小説が不思議の国のアリスだとすればナンセンス文学は全くの外面的な評価でしかなかったのではないだろうか。
作品の内面は数学の理論のように精巧な仕方で捉えられて然るべきだとすれば《好奇心の流れ》が改めて注目されざるを得なくなって来るわけなんだ。
生活の珍妙さとも繋がる。どこで何が起きるかは分からなくて数多の因果関係によっ…