スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(ウェブ)が付いた投稿を表示しています

若者たちがFacebookよりもTwitterを多く始めるというソーシャルメディアの利用者数の変化について

イメージ
僕はTwitterをやってFacebookをやらないので、近年の特に日本の若者たちが似通って来ているのが面白いと思った。「現在利用しているSNSサービスや動画サイト」について質問したところ、「LINE」の利用率が98.2%、「Twitter」の利用率が81.5%と前回調査に続き高い比率を維持しており、定番のサービスとして定着している状況が浮かび上がった。また、「Instagram」の利用率は対前年5ポイント増の33.2%と拡大傾向が続いているほか、手軽に画像の加工などができる「SNOW」の利用率は28.2%と、新しいサービスながら「Facebook」の16.2%を上回った。大学生のフェイスブック離れ進む 女子の約6割が「インスタグラム」「SNOW」利用【東京工科大学調査】 via MarkeZineソーシャルメディアの利用者はFacebookが全世界でずば抜けて多いからTwitterに追…

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

イメージ
Imgurは自分でアップロードした画像については画像URL/直リンクを取得して他のサイトにhtmlのimgタグで表示させられる。そして自分と他の人たちも含めて画像の埋め込みコードを取得して他のサイトのhtmlに、そのまま、記載して表示させられもする。Imgurの画像URLを取得するウェブとアプリで方法が微妙に違う。ウェブでの方法:Direct Linkアカウントにログインして「Image」から画像を一枚だけ開くと左上にプルダウンのメニューがあるので、そこから「Direct Link」を選択すれば画像URLが右横に表示されて使うことができる。注意点としては画像URLがjpg(jpeg)のタイプしか出ないみたいだ。なのでpngファイルで画像をアップロードしてもそのままの画像URLは取得できなくてjpgのタイプに変換されてしまっている。アプリだとpngファイルの画像URLが出て来るので、どうし…

サイトにGoogle+の記事を埋め込む

イメージ
Google+のパソコン版が2015年11月17日に新しいバージョンに変更されてサイトへの記事の埋め込みコードは取得できなくなっているようだ。
しかし古いバージョンだとGoogle+ 投稿の埋め込みにあるような仕方で、実際に使用できることが確認された(2016年7月時点)。

Google+はパソコンのウェブで記事の右上のマークのメニューから記事の埋め込みコードを取得することができる。
スマホ/タブレットならばブラウザの設定をパソコン用に切り替えれると表示されて来る。画面幅が合わなくて大変だけれども記事のメニューをモバイルで見付けるにはそれしかない。
ただし初期設定で何もないみたいで、行ってみると記事の右上が空白でもタップしないとマークが出て来ない状態だから焦ったりもしたよ。
Tumblrもそうだけど、パソコンのウェブこそ色んなことができるようになっているので、スマホ/タブレットを多用する僕にはブラ…

気が付くに悲しみの晴れるまで

イメージ
Tumblrは文章の投稿で画像を挿入することができないのか、外部サイトから引っ張って来るしかないのかと調べていたらアップロードの方法が分かった。

スマホのアプリでは駄目なんだけれどもウェブだと大丈夫なんだ。ウェブもスマホだとアップロードのためのツールが出て来ないので、ブラウザでパソコンの表示に切り替えなくてはならないにせよ、文章の投稿で画像が挿入できるとすると記事のデザインの幅もより一層と広がるわけだ。
因みに画像以外の音声や動画などはアップロードできないので、個別で投稿でやるしかない。

Tumblrはウェブで色んなことができるとするとスマホのアプリはむしろ簡素な投稿に特化している感じだからスピーディーに使うには良いけれどもウェブも必要に応じて使うべきだろう。色んなことができればブログとしては本当に面白いと思う。
ただしだけれども文章の投稿での画像のアップロードは必ずしも高画質で出力されなくて画…