スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(ライセンス)が付いた投稿を表示しています

normalize.cssを最新バージョンで使おう

イメージ
Bloggerの2017年の公式テーマのContempoとSohoとEmporioとNotableのソースコードの冒頭付近にnormalize.cssが付いている。normalize.cssはcssの標準化を意味していてブラウザ毎のサイトのhtmlのデフォルトのデザインの互換性を保つためのcssの独自のソースコードなんだ。normalize.cssはデフォルトのHTML要素のスタイルにクロスブラウザを一貫して良く供給する小さなCSSファイルです。それは従来型のCSSリセットへの現代的でHTML5に対応した代替です。normalize.cssについて via ニコラス・ギャラガー(訳出)開発者の一人がニコラス・ギャラガーという。昨年からモバイルで使い易くなったウェブアプリのTwitter Liteの制作にも参加したらしい。世界有数のソーシャルメディアのTwitterに関与するとは相当な経歴…

アドセンスの審査で最終的に合格するための十分なコンテンツとは何か

イメージ
何度も落とされてもう無理だと思いながらアドセンスに合格した瞬間にはガッツポーズを止められなかった。嬉しさの余り、悲しみを余儀なくされた数だけか、何度も繰り返して飛び上がるように部屋を駆け回ってしまうのも造作なかった。どうしても承認されないわけには行かない気持ちが非常に強かったためだろう。A woman surrounded by many soap bubbles by Alejandro Alvarez on Unsplash改めてアドセンスに合格できた理由を考える大前提なのはAdSenseヘルプのコンテンツポリシーに違反しないサイト作成だけど、しかし殆ど適合しても承認されず、最も厳しいと感じるのが不合格の通知の承認されませんでしたというメールの「不十分なコンテンツ」なんだ。落とされる度に目にするし、具体的な指示がなくて、一体、何がどうなっているのかも良く分からない。大丈夫だと思って申…

Bloggerで取得できるアドセンスのホスト型と非ホスト型のライセンスについて

サイト広告のアドセンスのライセンスにはホスト型と非ホストの二種類がある。アドセンスのホスト型のライセンス提供元のGoogleにホストされた一部のサイト:YouTubeやBloggerから取得して個々のサイトで設定して使用できるアドセンスの非ホスト型のライセンスGoogleアドセンスのサイトから取得して所定の広告コードを掲載できるかぎりの全てのサイトで使用できる BloggerはYouTubeと共にアドセンスのホスト型のライセンスを取得して使用できる数少ないサイトの一つで、一般サイトとしてはサブドメインのサイトアドレスでも申請できるのが例外的なんだ。 現状、非ホスト型で申請するには独自ドメインのサイトアドレスでなくてはならないし――以前はサイトアドレスのタイプは不問だったから又変わらないともかぎらない――概して有料なので、無料でもアドセンスのサイト広告で収益化を図ろうとすればホスト型のラ…

BloggerブログでGoogleアドセンスを使う際にくれぐれも気を付けておきたいこと

Bloggerはウェブの編集の「収益」でスイッチを入れるとGoogleアドセンスのサイト広告が簡単に使えるようになっている。どちらもGoogleのサービスだから上手く連携されているせいだろう。Googleアドセンスのライセンスを持っているかぎり、もはやBloggerは一般的に必要とされるhtml編集を行わなくても特定のガジェットの「Adsense」からサイト広告のソースコードをボタンだけで挿入できてしまう。ブログを開設して間もないと最初の設定の「収益」が機能しないけれども暫く待っていれば大丈夫なんだ。しかし実際に使う際に気を付けておきたいことが出て来てとても大事だから明らかにしてしっかり覚えるべきだと考える。html編集で記事以外に出すなBloggerではhtml編集も可能だけれどもGoogleアドセンスに厳しいのはサイト広告のソースコードを挿入するとエラーページにも表示される。Goog…