スキップしてメイン コンテンツに移動

エッセイ風の日記ブログ

ラベル(人間)が付いた投稿を表示しています すべて表示

L・フランク・ボームのアメリカのお伽噺の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアメリカの作家、小説家で戯曲家の L・フランク・ボーム の童話集の アメリカのお伽噺 (1901)の日本語訳を行った。子供向けの小説、児童文学だけれども分かり易くて機知に溢れた内容だから大人が読んでも面白いし、比較的に平易な言葉遣いなのは外国語の英語の特に初学者...

アーネスト・ヘミングウェイの父さんの日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアメリカの作家、小説家で詩人の アーネスト・ヘミングウェイ の小説の 父さん (1923)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 ...

サヘル・ローズの孤児と虐待とホームレスといじめを潜り抜けた生い立ちの奇跡

イメージ

テレビで見かけてイラン出身の芸能人で日本で活躍するのは珍しいと思っていた サヘル・ローズ の生い立ちがドキュメンタリーの砂浜に咲く薔薇(ばら)のように(こころの時代~宗教・人生~)を観た。 『こころの時代』| サヘルローズ 今の煌びやかな姿からは想像し難いほどの過酷な経験...

キャサリン・タイナン・ヒンクソンの一人者の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアイルランドの作家、小説家で詩人の キャサリン・タイナン・ヒンクソン の小説の 一人者 (1896)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと...

ジェイムズ・ジョイスの痛ましい事件の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアイルランドの作家、小説家で詩人の ジェイムズ・ジョイス の小説の 痛ましい事件 (1914)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる...