スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(収益)が付いた投稿を表示しています

Bloggerで取得できるアドセンスのホスト型と非ホスト型のライセンスについて

サイト広告のアドセンスのライセンスにはホスト型と非ホストの二種類がある。アドセンスのホスト型のライセンス提供元のGoogleにホストされた一部のサイト:YouTubeやBloggerから取得して個々のサイトで設定して使用できるアドセンスの非ホスト型のライセンスGoogleアドセンスのサイトから取得して所定の広告コードを掲載できるかぎりの全てのサイトで使用できる BloggerはYouTubeと共にアドセンスのホスト型のライセンスを取得して使用できる数少ないサイトの一つで、一般サイトとしてはサブドメインのサイトアドレスでも申請できるのが例外的なんだ。 現状、非ホスト型で申請するには独自ドメインのサイトアドレスでなくてはならないし――以前はサイトアドレスのタイプは不問だったから又変わらないともかぎらない――概して有料なので、無料でもアドセンスのサイト広告で収益化を図ろうとすればホスト型のラ…

アドセンスの関連コンテンツユニットの使用条件と設定方法とカスタマイズ

イメージ
ブログで待ちに待った瞬間が訪れた。というのもアドセンスの関連コンテンツユニットが開放されて使えるようになったためだ。管理画面を覗くと不意に関連コンテンツユニットをサイトに取り入れるヒントが表示されていた。使えないのにおかしいと怪しみながら広告の設定の広告ユニットから「+新しい広告ユニット」を押すと以前は欠けていた部分が埋まっているのを初めて知った。新しい広告ユニット via Google AdSense無条件に使えるテキスト広告とディスプレイ広告、インフィード広告、記事内広告に関連コンテンツが新たに加わって四種類の広告ユニットの全てが設定可能に揃っていた。アドセンスで発表されたのは先一昨年の四月なので、僕が承認された同年九月からすると、二年半以上、経ってついに夢が叶ったと感じる。目次関連コンテンツユニットの使用条件関連コンテンツユニットの設定方法基本設定の四項目最適な配置のヒントラベル/…

アドセンスの支払い日は翌月二十一日前後だけれども保留されると送金されない

イメージ
サイト広告のアドセンスの審査に合格して願い通りのプロのブロガーとしてデビューしたのが一昨年の九月だった。二年半近く、ブログの更新とアクセスアップに励みながら初めての支払いを迎えるに至った。金額を設定するけど、ただし最低でも八千円の収益を上げないと所定の払い込み先(銀行口座など)に送金されない。アドセンスに承認されると暫くしてGoogleのロゴ入りの封筒で本人の氏名や住所や電話番号や払い込み先などを登録するための個人識別番号(PIN)の手紙が送られて来る。サイトにアドセンスを使って住所確認の基準額――千円程度――の収益が発生した時点から手に入るんだ。諸々の項目を登録して払い込み先が銀行口座の場合にはテストデポジットとして少額の入金を確認すると全てが完了する仕組みになっている。いうと個人識別番号の送付も一つの宝物で、ブログのサイト広告での収益化をアドセンスで頑張るんだと改めて気合いが入る瞬間…

BloggerブログでGoogleアドセンスを使う際にくれぐれも気を付けておきたいこと

Bloggerはウェブの編集の「収益」でスイッチを入れるとGoogleアドセンスのサイト広告が簡単に使えるようになっている。どちらもGoogleのサービスだから上手く連携されているせいだろう。Googleアドセンスのライセンスを持っているかぎり、もはやBloggerは一般的に必要とされるhtml編集を行わなくても特定のガジェットの「Adsense」からサイト広告のソースコードをボタンだけで挿入できてしまう。ブログを開設して間もないと最初の設定の「収益」が機能しないけれども暫く待っていれば大丈夫なんだ。しかし実際に使う際に気を付けておきたいことが出て来てとても大事だから明らかにしてしっかり覚えるべきだと考える。html編集で記事以外に出すなBloggerではhtml編集も可能だけれどもGoogleアドセンスに厳しいのはサイト広告のソースコードを挿入するとエラーページにも表示される。Goog…