スキップしてメイン コンテンツに移動
ラベル(音質)が付いた投稿を表示しています すべて表示

SoundCloudに参加して一曲目を載せた

イメージ

SoundCloudで アカウント を取った。サイトのアクセスアップのためには必要だし、Bloggerには音声投稿がない代わりに持っていて良いと思う。 メインのホームページと同じようにブログも詩を踏まえながら芸術/創作活動を総合的に展開して行かなくては自分らしくない。 何もないのは寂しいので、自作曲の お元気ですか を真っ先に載せてみた。詩と表現をコンセプトにしたメインのホームページ( ブログへ移転 )で テーマ曲 として採用している。いうと《 神様との出会い 》の音楽なので、自分らしさの中心部に位置している感じがする。第一に聴いて貰わなくてはどうしようもない、音楽家としては皆へも。 SoundCloudは無料アカウントだと三時間分しか楽曲をアップロードできない現状だから本当に何でもかんでも載せるわけには行かないと思う。 調べると音質も128kbpsのビットレートの標準並みらしくてちょっと曇りがちかも知れない。 有料…

FL Studio Mobileのリミッター

イメージ

音楽制作のエフェクトの一つで、リミッターは音量を減らすことができる。反対に増やすこともできるので、音量を調節するという点ではコンプレッサーと同じだけれども違うのは強く押さえ込むから0dBを越えないように使い易い。 デジタル音源は0dBを越えるとクリッピングノイズが入ってしまう可能性があるけれども大きめの音量ならばリミッターによって確実に避けられる。ただし音質は変化するから取り入れる際には注意するべきだし、音質のエフェクトとして考えられもする。 リミッター via FL Studio Mobile FL Studio Mobileのリミッターには三つのスイッチが付いている。 THRESHOLD(スレッショルド) リミッターがかかる音量を指定する。 Thresholdを下げるとトラックの音量がそれだけなだらかに下がる。 ただし出力される音量は隙間を埋めるように上がるからトラックの音量を全体的に整えることも…

FL Studio Mobileのコンプレッサー

イメージ

音楽制作のエフェクトの一つで、コンプレッサーは音量を減らす。マスタリング/ミキシングで音量を調整したり、または音質も変わるから楽曲のデザインを生み出したりもできる。 コンプレッサー via FL Studio Mobile FL Studio Mobileのコンプレッサーには六つのスイッチが付いている。 Thresh(スレッシュ/Threshold:スレッショルド) コンプレッサーが動き出す音量レベルを指定する。 入力値よりも大きな音が減り、小さな音は変わらない。 FL Studio Mobileの初期値の「-20.0dB」は、結構、小さな音から拾っているかも知れない。 Threshはコンプレッサーの止まるところも示していて楽音は指定した音量レベルまで下がるんだ。 リミッターとの違いとして強く抑え込まずに使えるので、楽音の特徴を残し易い。 Ratio(レシオ) コンプレッサーのかかり具合の割合を指定する。 パ…

FL Studio Mobileのバージョン3がついにリリースされた

イメージ

Feeling Good: Electronic via 結城永人 音作りが格段に進歩してパソコン並みだと思うし、音質も上がってとても嬉しかった。 デモ版をチェックして スマホ/タブレットが古いと動作的にどうかと懸念されたけれども前世代の32ビットの Xperia Z3 で大きな障害は出ていない。オフラインでスムーズに作業できるという使い易さはアップデートでも保持されている。 ただしファイルの移動で消えている楽音が幾つか見付かっている。モバイルだけでは旧バージョンがないと確認できなくなってしまう(使った音でも細かいと覚え切れない)から僕はタブレットだけFL Studio Mobile 3にアップデートしておいてスマホの旧バージョンを参照しながらファイルによって消えている楽音を手動で入れ直さなくては行けないと考えている。 動画の Feeling Good は長らく待ち侘びたFL Studio Mobile …