スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(検索結果)が付いた投稿を表示しています

無料ブログから独自ドメインへ移転して一週間でアクセスが半分近く減っている

イメージ
独自ドメインのドメインパワーに期待しながら無料ブログに別れを告げてから一週間が過ぎた。目覚すのはSEO(検索エンジン最適化)対策によるアクセスアップで、検索エンジンの取り分けGoogle検索でのサイト評価をなるべく多く引き継ぐためにSearch Consoleのアドレス変更(301リダイレクトを含む)を行って様子を窺っているところなんだ。最初の数日は特に目立った変化はなかったもののアクセスが少しずつ落ち続けてもはや半分近くまで下がっている状況には全く安心できるわけではない。巷では無料ブログから独自ドメインへ移転してアクセスアップが可能でも早くて、二ヵ月以上、かかるという意見が大概みたいだ。たとえコンテンツが同じでもサイトアドレスを変更すると検索エンジンから新規サイトと見做されてサイト評価がゼロのスタートを再び切るから仕様がないのではないか。殆どの人が独自ドメインで無料ブログからアクセスが…

Tumblrが検索エンジンからのアクセスアップに弱過ぎるのはなぜか

イメージ
かつて些細な日常はTumblrブログで開設していて、一年半以上、SEO(検索エンジン最適化 )対策を踏まえながら必死に運営して検索エンジンから一日二十五人くらいまでしかアクセスアップを果たせなかった。Bloggerブログに移転したら半年で一日五十人を越えている。おかしいと思うし、僕自身は記事の作成を特に変えてないので、Tumblrブログが検索エンジンからのアクセスアップに弱過ぎるとしかいいようがなくなってしまう。なぜかと考える。たぶん大きいのはGoogleからソーシャルメディアとして扱われているせいかも知れない。検索エンジンを使っていてTumblrに関連したキーワードにはTumblrブログが圧倒的に強いけど、しかしそれ以外は殆ど見かけない。ソーシャルメディアのコンテンツというと検索結果には出て来ないのが普通だと思う。アカウント自体のサイト評価はとても高くて個人名で検索したりすればTwit…

ページのダウンロード時間はSEO対策に超重要だから確認するのをいつも決して怠ってはならない

イメージ
ブログの検索エンジンからのアクセスが絶不調だった原因がページのダウンロード時間の上昇にあるのではないかと略確実に掴めた。ページのダウンロード時間 via Search Console先々月の終わりから従来の二倍の400に増えていて今月から元の状態の200に又戻っている。ブログの検索エンジンからのアクセスはページのダウンロード時間と殆ど反対に動いていて先月の始めの一週間は上向き立ったけれども二週目から頭打ちで横這いか、下がるしかない状態で、今月に入って漸く持ち直しかける直前には「一ヵ月前と変わらないくらいまで訪問者が減って」いたし、何とかしようと必死に藻掻きながら目もカビガビの酷いドライアイを余儀なくされて記事を仕上げるのでさえも支障が出て来るところまで追い詰められてしまった。ページのダウンロード時間はGoogle検索でサイト評価に間違いなく影響を及ぼすし、検索結果のランキング要因に組み込…

Yahoo!検索からブログの訪問者が増えて一日百人のアクセスをついに得たと喜びながら

イメージ
ブログのアクセスが昨日と一昨日の二日連続で百人を越えている。経験してみると何事もない感じがするけど、長らく苦しんでいたはずだったし、つい最近まで誰も来なさ過ぎてどうにもならなかった。一日百人なんて嘘またいな数字だろう。今日も明日も、是非、続いて行って貰いたいと心から思うし、夢ならば決して覚めないでいて欲しいと切に願う。
目下、ブログのテーマ/テンプレートを新しく変えて検索エンジンに相当に向いているはずだからサイト評価が上がってアクセスアップを加速するのではないかと期待を込めながら見守っているところなんだ。
アナリティクスのアクセス解析を確認すると驚くのはYahoo!検索が躍進を遂げていた。アクセスが完全に倍増している。Google検索の三分の一くらいの訪問者しかいなかったのが半分くらいにまで達して来ているんだ。有り難いかぎりだけれども本当に不可解としかいいようがなくて将来のためにはなぜなのか…

ブログの記事のアクセスはタイトルの付け方によって差が付いてしまう

イメージ
ブログの検索エンジンからのアクセスを調べていたら記事毎にタイトルの付け方によって差が付いてしまうと気付いた。人を呼べるかどうか。記事のタイトルをこれは何だとあからさまに示すよりも何かはこういうわけなんだと、少々、回りくどいけれども詳しく付けておくと良いみたいだ。検索エンジンの利用者にとって検索結果のサイトはどこの誰がやっているかも概して分からないはずだし、余程の人気サイトで知名度が高くないかぎりはサイト自体を何も知らなくて訪問するのに不安があるのは間違いないだろう。だから検索結果で最も目立つ記事のタイトルに親切心が受け取れるかどうかが重要なのではないか。検索エンジンのサイト評価でも分かり易ければ有利かも知れないし、アクセスアップのためには見逃せないと感じている。一言では気持ちを出すべきだ。記事の必要性が問われている。他人任せにしない。ブロガーが必要性を持って記事を仕上げているとタイトルで…

ペンギンアルゴリズムがラストアップデートでリアルタイム更新へ変換

Google+のGoogle Webmastersでペンギンアルゴリズムがアップデートされたと知らされたので、どうなったのかとリンク先で詳細を確認してみたら衝撃的に受け留めた。
Googleのペンギンアルゴリズムは検索エンジンでの上位表示を狙った不正行為を取り締まるために作り出されたもので、検索エンジンへの不正行為には訪問者に表示されないキーワードを数多く埋め込む(隠しテキスト)とか検索エンジン向けにキーワードだけらのコンテンツを出す(クローキング)なんて様々な方法があるけど、取り分けページランクを上げるために外部サイトにリンクを不自然に増やしている(リンクスパム)サイトにペナルティーを課して検索結果から排除するように作動している。
検索エンジンでコンテンツの品質が伴わないサイトが上位表示を果たすと利用者に役立たない検索結果が作り出されてしまうわけだから改善しなくはならなくてGoogleはペ…

Googleへ自分のサイトをインデックスする方法

Googleの検索結果に自分のサイト/ホームページやブログを表示させるために必要不可欠なのはGoogleに自分のサイトがインデックスされているかどうかだ。
自分のサイトに作成ミスや検索避けなどの反対の要因が一つもなければGoogleの検索結果には表示され得る。
Googleへ自分のサイトをインデックスする方法を取り上げるけれども予め注意しておくと実際に確実性はなくて検索エンジンに知らせて促進することができるのみになっている。
概して自分のサイトのGoogle検索でのサイト評価が低いと難しいかも知れない。コンテンツの品質が高かったり、外部サイトからのリンクが多く貼られていたりすると成功する可能性は高いようだ。サイト評価が低いと、一旦、インデックスされて後から削除される場合もあり得る。

目次
Googleへの自分のサイトのインデックス方法Search ConsoleでURLを送信するSearch Co…