スキップしてメイン コンテンツに移動

パイナップルの栄養素と健康効果を覚える

パイナップルはパイナップル科アナナス属の多年草の植物、または果物で、熱帯アメリカの原産とされる。ブラジルで先住民が食用に栽培したのが始まりらしい。十五世紀末、ヨーロッパの大航海時代にアメリカや西インド諸島からアフリカや東南アジアの熱帯地方へ広められた。日本には十九世紀頃から東京都の小笠原群島や長崎県に伝わり、以来、沖縄県の北部の東村、西表島、石垣島で多く生産されている。

パイナップルに含まれる栄養素と100g毎の分量の目安

一つの横になったパイナップルの前にもう一つのパイナップルが二つに切り分けられてある
  • 蛋白質_0.6g
  • 脂質_0.1g
  • 炭水化物_13.7g
  • カリウム_150mg
  • カルシウム_11mg
  • マグネシウム_14mg
  • リン_9mg
  • 鉄_0.2mg
  • 亜鉛_0.1mg
  • 銅_0.11mg
  • マンガン_1.33mg
  • ビタミンA_3μgRAE
  • ビタミンK_1μg
  • ビタミンB1_0.09mg
  • ビタミンB2_0.02mg
  • ナイアシン_0.3mgNE
  • ビタミンB6_0.1mg
  • 葉酸_12μg
  • パントテン散_0.23mg
  • ビオチン_0.2μg
  • ビタミンC_35mg
  • 食物繊維_1.2g

※太字は各栄養素の一日の標準摂取量の一割近くを越えると見込まれる。

出典:果実類/パインアップル/生|食品成分データベース

パイナップルの栄養素はミネラルとビタミンが色々とバランス良く含まれている。特に多いのが前者のマンガンと後者のビタミンCで、どちらも100g当たりで、一日の標準摂取量の三割程度にも達する。一切れが15~25g程度なので、食べると四切れくらいになるけれども非常に多く含まれているんだ。次いで多いのがビタミンのB1とB6で、一日の標準摂取量の一割に近い。その他は食物繊維も果物としては果肉だけでも良く取れる。

栄養素のマンガンの健康効果について

マンガンは微量ミネラルで、四分の一程が骨、その他は肝臓や膵臓や腎臓や毛髪や血管など、多くの臓器や組織に同じくらいある。骨や結合組織の形成、耐糖能、脂質代謝、抗酸化、消化、運動や生殖や脳の機能、発育など、様々な生理作用の酵素や酵素の構成成分として関与している。

マンガンの標準摂取量は成人で一日当たり3.5~4.0mg程度と見込まれる。

マンガンが不足した場合の危険性

ヒトのマンガン欠乏症として最も可能性が高いのは、長期間完全静脈栄養療法下にあった小児に発生した成長抑制とびまん性の骨の脱石灰化である。

不足すると様々な生理作用が滞るはずだけど、どんな食品でも取れるから心配する必要は殆どなくてむしろ菜食中心の穀物や豆類ばかりの食生活での過剰摂取(神経障害や肺炎などの中毒症状)こそ懸念されるらしく、標準摂取量を保って不調を引き起こさないように注意したい。

参考:微量元素の働きと1日の摂取量

栄養素のビタミンB1の健康効果について

ビタミンB1(チアミン)は水溶性ビタミンで、炭水化物の糖質や蛋白質の分岐鎖アミノ酸の代謝によるエネルギー産生に補酵素として関与する。特に糖質の摂取と同時に使用量が増大する。

ビタミンB1の標準摂取量は成人で一日当たり1.1~1.4mg程度(運動と共に必要量が増減する)と見込まれる。ただし女性の妊娠中と授乳中は0.2mgを追加する。

ビタミンB1が不足した場合の危険性

ビタミンB1欠乏により、神経炎や脳組織への障害が生じる。ビタミンB1欠乏症は、脚気とウェルニッケ─コルサコフ症候群がある。

ビタミンB1の欠乏症は少食や偏食でも十分に起こり得てエネルギー産生が滞って全身的に弱り始めるから標準摂取量を保って不調を引き起こさないように注意したい。

参考:ビタミンB1の働きと1日の摂取量

栄養素のビタミンB6の健康効果について

ビタミンB6(ピリドキシンとピリドキサールとピリドキサミンとそれらに分解吸収されるそれらのリン酸エステル型/末尾に「5‐リン酸」を付けたものの六種類)は水溶性ビタミンで、多くのアミノ酸の代謝を助ける補酵素だけど、その他も含めて百以上の酵素反応に関与する。炭水化物や糖質の代謝、皮膚の維持、神経伝達物質の合成、免疫機能、赤血球の形成などが挙げられる。

ビタミンB6の標準摂取量は成人で一日当たり1.1~1.4mg程度(蛋白質摂取かエネルギー不足と共に必要量が増減する)と見込まれる。

ビタミンB6が不足した場合の危険性

ビタミンB6欠乏症は、小球性貧血、脳波の異常、口唇症(口唇の鱗屑と口角のひびわれ)を伴う皮膚炎、舌炎(舌の腫脹)、抑うつと錯乱、免疫機能の低下に関連している。ビタミンB6濃度が境界域の人や軽度の欠乏症の人は、何カ月あるいは何年も徴候や症状が認められないことがある。乳児では、ビタミンB6が欠乏すると、易刺激性、聴覚過敏、けいれん発作を引き起こす。

ビタミンB6の欠乏はビタミンB群のビタミンB12や葉酸などの影響もあって起こり易く、たとえ重症でなくても血液や皮膚や脳や免疫といった日常生活の全般に支障を来すような感じなので、標準摂取量を保って不調を引き起こさないように注意したい。

参考:ビタミンB6/B12の働きと1日の摂取量

栄養素のビタミンCの健康効果について

ビタミンC(Lのアスコルビン酸かデヒドロアスコルビン酸)は水溶性ビタミンで、抗酸化作用があり、細胞を活性酸素(エネルギー産生の派生物)による不要な攻撃から守る。加えて皮膚や骨に多いけれども全身の細胞のコラーゲンの生成に関与したり、鉄の吸収を高めたり、免役に作用したりもする。

ビタミンCの標準摂取量は成人で一日当たり100mg程度(L‐アスコルビン酸)と見込まれる。ただし女性の妊娠中は10mg、授乳中は40mgを追加する。

ビタミンCが不足した場合の危険性

何週間にもわたってビタミンCをほとんどまたは全く摂らない(1日につき約10 mg未満)人は、壊血病を発症する可能性があります。壊血病によって、疲労感、歯肉の炎症、皮膚にできる赤色または紫色の小さな斑点、関節痛、傷の治癒の遅延、らせん状毛髪が生じます。壊血病のその他の兆候として、うつ病、歯肉の腫れと出血、歯のぐらつきまたは脱落があげられます。壊血病患者では貧血が発症することもあります。治療せずに放置した場合、壊血病は致死的なものとなります。

ビタミンCの欠乏に陥るのは食糧難以外では稀かも知れないけど、少食や偏食で不足し易いので、標準摂取量を保って不調を引き起こさないように注意したい。

参考:ビタミンCの働きと1日の摂取量

酵素のブロメラインの健康効果について

パイナップルに特徴的な成分として栄養素ではないけれども蛋白質分解酵素のブロメライン(ブロメリン)が挙げられる。個人的に酢豚に入れられたパイナップルを見たとき、肉と果物の取り合わせが珍しくて何だろうと驚いたことがあった。しかしながら料理として健康上の意味が込められていたんだ。ブロメラインによって蛋白質が良く分解されるので、パイナップルは肉を柔らかく食べられるように変えると同時に胃腸での消化を捗らせる。

ブロメラインは、パイナップルをはじめとするブロメリア科の植物から発見されたたんぱく質分解酵素です。肉料理などに使うと、肉のたんぱく質の分解を助けるため消化されやすくなります。ですが、ブロメラインは60℃以上に加熱すると活性が失われてしまうため、調理の際はパイナップルの加熱時間を短くするなどの工夫が必要です。食後に生のパイナップルを食べるのもよいでしょう。未熟なパイナップルを食べたときに舌がピリピリと感じることがありますが、このブロメラインが原因の一つと言われています。ブロメラインはその性質から、傷の治りをよくする軟こうとしても利用されています。

パイナップルの栄養素や効果・効能とは? おいしい食べ方・切り方や保存方法について|マイナビ農業

料理で肉を柔らかくするには下拵えでパイナップルの生の果汁に漬け込むのが最も効果的らしいけれども強く加熱せずに入れたり、一緒に食べるだけでも消化を助ける働きがある。因みに缶詰めのパイナップルは加熱処理されていて有効ではない可能性が高い。

ブロメラインは酵素として蛋白質を分解する以外に胃液の分泌を促したり、腸内の有害物質も同じように分解したりするようだ。消化できずに腸内に溜まった蛋白質に由来する老廃物がある場合、ブロメラインの活性が失われてない生かそれに近いパイナップルを食べると解毒するのに役立つとされる。

さらに軟膏にも使われるといわれる通り、ブロメラインは胃腸でも皮膚と同様に炎症を抑える効果を失わない。毎日でなくても時々は取り入れると消化促進はもちろん解毒作用と併せて本当に良いと思う。

参考:パイナップルに含まれる栄養について パイナップルの選び方と栄養素|買い物で役立つ基本の「き」 パイナップルダイエットの効果とやり方。ポイントは代謝! タンパク質摂り過ぎ注意!医師おすすめ「パインデトックス」

コメント