スキップしてメイン コンテンツに移動

永遠(詩集)

青春期の自己発見/素性

ブンビミ

僕は出会ってる。気さくな女性だった。物凄く仲良くなれた。年上(一個)で、ゴマちゃんのキーホルダーが白くて可愛かった。少しの汚れも率直に指摘した。嫌がられた気がした。僕は傷付いてみたくて行った。幼気な顔になれた部分が微妙に嬉しかったな。理想的な人と出会す前だから略二十歳だったと想う。真面目に取り上げてくれたので、チョット掻きたくなってしまい、デートへ誘われるも伺わなかった。一回はあったという。あるといえた言葉は後々で顔を合わせるはずだから君は守ってやらなければ。バナナリパブリックのTシャツを着てジーンズがサンローランだったかどうかは知らないが、サンダル履きながら長話はできないのって乗り気でない素振りをしながら何もいわなかった。何もいわれなかった僕はピンと来た直感で出した答えを覚えていない。いや確か答えではなかった。反りである。カッコと刻んだのは嘘、嘘も身から出た錆でしょ、そんな二人旅へ連れ合えて光栄でしたなんて口が裂けてもいえない。裂けていえるのは嘘だ。嘘も身から出た錆でしょ。トラックバックは一度にして頂戴、ちゃんとは頂戴の後ろで、後ろの前には皹がわんさかあったはずだわ。手元の時計が本物の嘘、永遠は壁に掛けさせてたんだ、真に受ける意中を口説き落とそうとしなかった貴方を試したかったのは私よといわないばかりの腕白な人間の貴方が私のヒーローだった恋。ヒロインは洒脱なストライプのブラウスで襟を立てた天使的な人だったけれども一回で燃えていたのも仕方がなかった。学ぶべき君こそ他でもない名前を持つ淑やかさだ。数ヵ月がして舞い戻って来た女性も彼女と二階のロビーで顔を合わせてしまった。少しで戻って来て僕の頬への指差しは控えて必至で口説き倒したかったらしい。まさか彼女に選ばれるならば綿密な測定よりも誠実な恋人でいられるかどうかを考えさせたかったのかも。ブンビミ、そんな響きで腕をかけられてはうんうんと頷いていた僕が初心だった。彼女も彼女の私も貴方も貴方の両親も誰や彼も。ここで優しくしてあげてねという声が聞こえなかったのは奇跡、別れても罠をかけたのは私にしておいてとも呼ばれた。氷は独特な鎌よ。ヒーローとヒロインのラブロマンスを追いかけて貰えないの。僕は運命で気に入られながら端っこへ投げていた。投げられた牛肉が舞い戻って来るまでさ。この笑いは受け入れられなくて黙ったのが鳳仙花、同じフレーズを二回も繰り返すべきではないゆえに響きへと移しておいたぜ。ぜはジェラシーの神様で、人生を擦れ違いつつ感性も食い違いして来たが……。僕は日本語の達者な詩人かと尋ねても通用しなかった素晴らしき男性はババヌキのスペアのカードで腹を探られてしまったんだぞと知った瞳は、現地よりか数十年も先の翼だった。相手は二枚目の人柄よりも世間的な身なりで飾り気がなくて理不尽へ開かれてた。ジンブミと似通う響きを面白く受け取る調子の合った小鼻を稍膨らませる計画の楽しさにはそぐわない。あの魂の彼が考えていたっけ。僕へかけた腕へ頼をかけて俯いてなければブルーにならないのも不思議なくらいだろう気持ちへ親しむ友達であれ。隅っこに座らせて僕を引き留める心意気とも準じられる気品に溢れている。恵まれるかぎり、物怖じしない世界が分かる僕なのね。すんとは招かなかった。翔んだ乙女かしら。鉄が火炎になる勇者へ素敵に手を打とうとしてオジャンと告げたがらない。貴方を好きな様にしたい? 切羽詰まって待ったを催せるブンビミもなく、初心そのもので立ち去らせられてしまった君も鋭い。馴染みの快さは帰って来ても今や潰えた場所が戻り切れず、声を出せないまま、コチラと鳴ったのは噛んだ私の唇だった。

おいてきぼり

僕は気付かなかった。最終的にムードを認めながら責任が取れない格好で面持ちもダークホースに蹴り出されて。悲劇のヒロイン、君よ、天使的な人の乙女心なのか。運命の恋を破局した僕は思い返す。かつて勇者魂を持つ作家的な人として悲劇のヒーローだった。繰り返し得ない、永遠の愛は再度と。大詰めで年下の女友達を存外と意識できず、または君の年下の男友達を気にしてしまった。僕が想像力を低下した事由は理想的な人と別れた涙にある。絶えてなかった。だから二人は各々の道を歩み始めたとしても失敗こそ正しかったといえよう。貴方の君に義務を負わせる僕は彼方ではない。ホワイトホースに乗り換えがてら駆けて行くべきは何処へかしら。自然と導いてあげたいから操られてみてくれない真実まで――。二十歳の出会いは早かった。気持ちを顔に出して生きたのは君も一緒さ。僕だって臆病なのよ。ビックリで肩も抱かないでいるね。記憶してなかったシャンプーの銘柄わ。やはり会えて嬉しかったな。僕は幾年の歳月を擁して天職を好んで来たか。判ったと想う。悲しい目で見詰めては一言も唇に得られなかった。どうも返されながら表せやしない。優しい君と結ばれるにはショックが余りに激し過ぎてダメージが殆ども凍え及ぼすかぎりのロマンチックがラブリーだと。喜びを祈る。ハッタリぞ咬ましてまでのプライドは受け留めたから。忘れなくとも許したい。青筋を立てて繋ごうとする誰かならば用心棒にしておやり。君へ夢中だ。幻のプレゼントを胸に歌い上げて行くや。楽しくて幸せだった。本題を裏切った僕は染めた茶髪が黒くなるように、まるで自動的に順々と肯定している。爽やかな吐息が面白い。

とあるスナップ天然色

差し違いに捻った両手の
親指と人差し指とで
食い付けたファインダーを
パチリと写真へ収める

二十六歳の夢魔だった
大きな奴に追いかけられて
うねりくねりながら
非常口を出ようとするや
ノブが化け物の鼻面で
踵を返せば安息すれども
エスカレーターへ
乗りかけていたとは

良い線を放つ恋人こそ
撮りたいのはカシャリと
シャッターを押さなくては
左手の人差し指でだ

幾つも菊が咲いている
優しさそのもので
持て持てだった
凄かわのビジョンかしら
必然的な別れ方も
成果と考えられずにいない
通じる気持ちの所以を
覚えておいて欲しい

右手の中指と薬指と小指に
丸め込むフィルムしも
三枚目なんざ切り取った
クッキリと映すまま

祈念抄〜ヒロインへ告げて〜

どうしていますか
人生は一度きりです
青春も常套ではありません
変わるのでしょう
杳然と経った気がします
胸に残る昨今を別とすれば
上昇するべきです

僕は悟りまして
悲しませたくない気持ちを
認めてもいました
魂の結ばれがあるんだと
後塵してはなりません
訓戒しなければ
いいやしませんので
沈痛するのも止めて下さい
再起しないかぎり

過ぎ去ったのは実例です
若者の恋でした
すれど毎回とは行きません
貴重そのものでしょうか
考え付きはしませんでした
もちろんですけれども
僕以外ではありません……

どうか精励して下さい
欲張りではないとしても
いわずもがなではあります
向き直ってみるほどに
物騒なのは気難しさでした
身勝手とも得兼ねません
印象は印象ですし
丘に咲く花が心当たりです
時世の移ろいと相揺れに
蹴散らすつもりでしょうか

柔和な接し方が嬉しいです
音を発てて崩れる地球も
ひょっとすると内情でした
勘違いしてはなりません
形にしたのは思いの丈です
無鉄砲といいますものの
何もかも途切れました

逢えると良いね

捜しているの
誰を捜して歩み出したか
僕じゃない

昔々わ
天使的な人がいたんだ
永遠とはいえ
運命だって僕には
判り得るよ
心の繋がりを知らされて

恋愛としても
糸縒りな
プラクティスから
草分けな
テクニックまで
身に付けて
来たようだ
かりに

どんな格調なのか
考えられる
輝いていた
初めて言葉をかける
寸前に
輝いていたんだ
幸栄も認めないで――
光り輝く
オーラだった
白と黄との
明るい

僕は行かない
決定力で動かないまんま
控えめに
甘やかな“有”へと
浸り切って
風月さ

捜したいのか
歩み出すべき貴方は
誰へ振ら付いて
思しかった

すこぶる

僕が生きて来たのは
考えてみたかったようだ
不相応な苦さと
甘くなる気持ちを
もしや移り変わりもしない
風土を訪ねたくて
探し当てられた今時分が
あり得ない
といってみても
応じてはならない訊き方で
業を煮やしながら
生きて行く僕を考えるな
ただただ
苦労しているのか
俄かな産声に打たれた
年月を懐古するとしても
味わいは同じく
付き合わなくてはならない
良い考えを携えて

あどけない
しどけない夜な夜なに
翼を畳んだ小鳥の
黄色い寝相が震えるんだ
垂直に伸びた樹木が
巣を作り込まれた
温かな居心地を
初めて流れ込む静かな
月明かりで照らされて
ほんのりと止まず

といってみても
覚醒した状態のまま
僕は考えたかしら
初めて流れ込む静かな
日暮れの情感そのものを
とっぷり
推進される生活上の
さても退いてしまった末が
愉快だった
生きて来てこそ
幻としても是認されないと
驚嘆するべき匂わしさで
ぱったり
折れずにいない僕へも
愉快だった

エレガンス

快い
望みを込めた夢だ
気持ちが素晴らしい
美しさは透き通りながら
優しさと巡り合う
真実なのか
生まれた安らぎを
胸に訴えられて
癒される
清らかさで
感じた

天使は愛しく
回り回った期日の
紐解かれる
言葉たちへ
恭しく寄りかかった
記念するべき
様相も
柔らかく――

活きた
内心で香り立つ
澄んだ彩りや
想いの細やかさに
良さがある
栄華を誇っていた
麗しさも浮かび上がり
再度は大人しい
鄙びた遣り取りが挙って
通り過ぎて行く
遥かな象徴だ

総決算

あっという間に消えて行った理想的な人は僕を気に入っていたのかしら。乗りかけた電話で振ってしまったけれども揺れならば止められたはずと思いたい。あっという間に消えて行った理想的な人なので、敏感に物事を察知して自分だと断り捲れなかった。僕が受けた苦しみよりも多く悲しんでいたならば。あっという間に消えて行った理想的な人こそ二人を駆け落ちして貰いたかった。死ぬまで思い描いた僕にとっては生まれ出したと聞き付けられるから。あっという間に消えて行ったとしても。賭けた理想的な人を食い下がらないような僕だった。遅蒔きながらの声には甘さを送り返されてたんだ。飛んでもない。僕自身が否定されていたなんて。少しだけ色気を感じた。恐さも。あっという間に消えて行った理想的な人は予告されない労りを。気が引けた僕は考える。

永遠(詩集):全八篇

Forevermore

コメント

些細な日常の人気の投稿

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ

ジャパネットたかたの丸尾詩織の商品説明に気持ちが入っていて素晴らしい理由

イメージ