スキップしてメイン コンテンツに移動
ラベル(アルコール)が付いた投稿を表示しています すべて表示

手洗いこそインフルエンザやコロナなどの飛沫感染を最も良く防げる方法なんだ

イメージ

毎年、冬になると インフルエンザ が流行るというニュースを聞いたけれども今年は様相が全く異なり、昨年に中国の武漢市付近で発生したとされる 2019新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)の コロナ が猛威を奮っている。 インフルエンザ(総合ページ) 新型コロナウイルス感染症について どちらも咳や発熱の症状が似ているけれども病気として恐ろしいのはインフルエンザで、誰でも 肺炎 や 脳症 などへ重症化し易くて年間に何万人も死者が出ているけれどもコロナは高齢者や病人などの免疫力が低下した状態でなければ――2019新型コロナウイルスでは 急性呼吸器疾患 (COVID-19)から肺や心臓や腎臓の機能不全に繋がるのが致命的だけど――重症化し難く、何もせずに治るか発症しないことさえもあって感染者の約八割は軽症で済むといわれるんだ。 しかし伝染病として厄介なのがコロナで、インフルエンザと比べると発症せずに人から人へ感染する力…

合成界面活性剤のラウリルアルコールの硫酸系は皮膚の健康に注意して使いたい

イメージ

市販のシャンプーやボディーソープやハンドソープの洗浄成分に広く使われている合成界面活性剤は汚れを良く落とすものの皮膚に触れて何の支障もないとはかぎらないから注意して使わなくてはならないと考える。 Soap dispenser on bathroom sink by congerdesign [ CC0 ], via Pixabay 目次 最も悲しいのは皮膚から水分が失われて乾燥や角化を招く 皮膚の奥まで皮脂を減らすラウリルアルコールの硫酸系 頻用されるラウリルアルコールの硫酸系の六つの洗浄成分 化粧品の成分表示の名称と医薬部外品における成分名 ラウリルとラウレスの違いと中和剤から来る性能の差 各々の洗浄成分を皮膚の刺激性から捉えた安全な順番 最も悲しいのは皮膚から水分が失われて乾燥や角化を招く いつも表皮や表皮の一番外側の角質層の皮脂(油)が空気中へ水分が蒸発するのを覆うように防いでいる。皮膚を健康に保つ…

ラウリル硫酸TEAとラウレス硫酸TEA/ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸トリエタノールアミン

イメージ

高級アルコール系の合成界面活性剤の中でも ラウリルアルコール の硫酸系が洗浄力は強いものの皮脂を過度に減らして皮膚のバリア機能を損う恐れが大きい。 ラウリルアルコールの硫酸系の洗浄成分 は色んなタイプがあるけれども巷の製品で良く見かける ラウリル硫酸TEA と ラウレス硫酸TEA /ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸トリエタノールアミンを取り上げる。 市販のシャンプーやボディーソープやハンドソープに配合されている場合、もしも肌が乾燥や角化で酷かったら止めて刺激が少ないものに変えるとか注意して使うべきだ。 Long curly hairstyle by Engin_Akyurt [ CC0 ], via Pixabay ラウリル硫酸TEA は洗浄力と刺激が普通に強い ラウリル硫酸TEA(Triethanolamine/トリエタノールアミン)はラウリルアルコールを硫酸化した後に トリエタノールアミンアミン によって…

ラウリル硫酸アンモニウムとラウレス硫酸アンモニウム/ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム液

イメージ

高級アルコール系の合成界面活性剤の中でも ラウリルアルコール の硫酸系が洗浄力は強いものの皮脂を過度に減らして皮膚のバリア機能を損う恐れが大きい。 ラウリルアルコールの硫酸系の洗浄成分 は色んなタイプがあるけれども巷の製品で良く見かける ラウリル硫酸アンモニウム と ラウレス硫酸アンモニウム /ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウムを取り上げる。 市販のシャンプーやボディーソープやハンドソープに配合されている場合、もしも肌が乾燥や角化で酷かったら止めて刺激が少ないものに変えるとか注意して使うべきだ。 Newborn and boy brothers by sathyatripodi [ CC0 ], via Pixabay ラウリル硫酸アンモニウム は洗浄力と刺激が非常に強い ラウリル硫酸アンモニウムはラウリルアルコールを硫酸化した後に アンモニア によって中和して合成される陰イオン(アニオン)界面活性…

ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na/ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム

イメージ

高級アルコール系の合成界面活性剤の中でも ラウリルアルコール の硫酸系が洗浄力は強いものの皮脂を過度に減らして皮膚のバリア機能を損う恐れが大きい。 ラウリルアルコールの硫酸系の洗浄成分 は色んなタイプがあるけれども巷の製品で良く見かける ラウリル硫酸Na と ラウレス硫酸Na /ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウムを取り上げる。 市販のシャンプーやボディーソープやハンドソープに配合されている場合、もしも肌が乾燥や角化で酷かったら止めて刺激が少ないものに変えるとか注意して使うべきだ。 Skin beauty model by mito51 [ CC0 ], via Pixabay ラウリル硫酸Na は洗浄力と刺激が非常に強い ラウリル硫酸Na(Natrium/ナトリウム)はラウリルアルコールを硫酸化した後に 水酸化ナトリウム によって中和して合成される陰イオン(アニオン)界面活性剤だ。 物質上の概観 分子式 …

痛風は高尿酸血症から来て腎臓も壊すからいつもプリン体の多い食品と尿酸には注意しよう

イメージ

どういう病気なのかが良く分からなかった痛風だけれども血液中の尿酸値が高くなるのが高尿酸血症で、原因となる尿酸が尿酸塩として関節の特に足の親指に溜まって激痛を生じさせると痛風と呼ばれる。 すなわち痛風そのものは高尿酸血症が引き起こす関節炎でしかないんだ。痛風と聞くと症状と病名が一つになっているようで、本当に良く分からなかったと思う。 テレビでチョイスの 30代から要注意!痛風の新常識 を観ていて、題名通り、かつてない知見を得て面白かったし、痛風を考えておきたくもなった。 何よりも大きいのは腎臓を壊す 痛風は贅沢病と呼ばれて肉食で多く取り込まれるプリン体が要因になって血液中の尿酸値が高くなると起きて来るけど、しかし関節炎の条件とされる尿酸塩は腎臓にも溜まり易いんだ。腎臓も障害を起こしてしまう。痛風と併発するのが痛風腎で、一旦、病んで機能が低下したら腎臓は他の場合でも二度と治らないというか、元通りの状態に…

酒は血行促進やポリフェノールが健康に役立つものの肝臓の負担を増すから節度を弁えて飲もう

イメージ

近くに焼き鳥屋があって夜に通りかかると焼き鳥のたれの香ばしい匂いがプーンと鼻を打つ。行ったことはない。否、他の店でも、一杯、引っかけて家に千鳥足でよろよろと辿り着くように帰るというか。普通に歩けなくなるくらい酒に寄ったことすらもなかったんだ。 三十代後半から偶に一人で酒を飲むようになった。不吉な年代だったり、というのも尊敬するべき人たちがばたばたと倒れてしまっていたためで、 モーツァルト (作曲家/三十五)、 芥川龍之介 (小説家/三十五)、 ランボー (詩人/三十七)、 ゴッホ (画家/三十七)、 宮沢賢治 (作家/三十七)、 太宰治 (小説家/三十八)、 ショパン (作曲家/三十九)、 カフカ (小説家/四十)、僕も死にかけながら人生の苦難を乗り切ろうと作詩に精を出さざるを得ず、景気付けが切欠だったかも知れない。それで酔い心地の面白さも覚えたけど、毎日、飲んでいて暫くしたら飽きたというか、酒に酔っていると思考が捗らな…