スキップしてメイン コンテンツに移動

痛風は高尿酸血症から来て腎臓も壊すからいつもプリン体の多い食品と尿酸には注意しよう

どういう病気なのかが良く分からなかった痛風だけれども血液中の尿酸値が高くなるのが高尿酸血症で、原因となる尿酸が尿酸塩として関節の特に足の親指に溜まって激痛を生じさせると痛風と呼ばれる。

すなわち痛風そのものは高尿酸血症が引き起こす関節炎でしかないんだ。痛風と聞くと症状と病名が一つになっているようで、本当に良く分からなかったと思う。

テレビでチョイスの30代から要注意!痛風の新常識を観ていて、題名通り、かつてない知見を得て面白かったし、痛風を考えておきたくもなった。

何よりも大きいのは腎臓を壊す

痛風は贅沢病と呼ばれて肉食で多く取り込まれるプリン体が要因になって血液中の尿酸値が高くなると起きて来るけど、しかし関節炎の条件とされる尿酸塩は腎臓にも溜まり易いんだ。腎臓も障害を起こしてしまう。痛風と併発するのが痛風腎で、一旦、病んで機能が低下したら腎臓は他の場合でも二度と治らないというか、元通りの状態には回復しないらしいから注意がとても必要だろうと感じた。

腎臓に尿酸塩が溜まると良くないし、たとえ足の親指などから激痛の痛風発作に襲われなくても高尿酸血症によって同時に進行しているかぎり、健康を少しも損わないために常日頃と避ける生活が望ましい。

なぜ高尿酸血症にかかるのか

血液中の尿酸値が高くなるのは主に食事に含まれるプリン体を肝臓で分解してできる尿酸を腎臓が尿として十分に排出できないためなんだ。遺伝子によって難しい可能性もあってプリン体と尿酸の関係から高尿酸血症になり易い体質(少しのプリン体から多くの尿酸が作られる)というのも考えられる。いつも腎臓で不必要な尿酸が体外へ処理されるけれども追い付かないと血液に尿酸が増える。

高尿酸血症は体質によって差は付けられるにせよ、基本的に腎臓の機能が弱いか、プリン体を取り過ぎているか、両方の場合にかかるし、さらに痛風や痛風腎も起き易くなって来る。

健康のためにプリン体は取り過ぎるな

健康に良い食品の数々

痛風にかかるのは三十代以降の男性が多い。というのは女性は女性ホルモンのエストロゲンで血液中の尿酸値を低く抑えられるせいらしい。腎臓での尿酸の排出が促進される。年老いて女性ホルモンのエストロゲンが減ると女性でも痛風にかかる割合が高まるんだ。

プリン体が多い食品は肉や魚、そして茸だ。

野菜にもプリン体は含まれているけど、しかし高尿酸血症には強く結び付かないといわれる。アルカリ性とかビタミンCなんて尿酸値を下げる効果を持っているのが利点かも知れないので、ほうれん草やブロッコリーやカリフラワーなどの反対の性質が少ない野菜には注意したい。プリン体の効果が強い傾向を持つ野菜はプリンリッチベジタブル(プリン体が豊富に含まれる野菜)と呼ばれるんだ。

他には酒に含まれる。ただしチョイスでやっていたけれども実際にはさほどでもなくて一缶のビールに含まれるプリン体は一串の焼き鳥にも及ばないらしい。肉のプリン体が如何に多いかを良く物語っていたし、同じようにプリン体を持っている魚、そして茸の食事を無闇に増やしてはならないと感じた。

プリン体は取り過ぎないだけでも不十分だ

酒は主成分のアルコールにそれ自体で尿酸を増やす効果がある。体内でアルコールが分解される際に血中のプリン体が増えるから現れる。しかも同時に現れる乳酸が腎臓から排出される尿酸を減らしもするらしい。誰かが酒好きでプリン体だけを拒んでかりにビールから焼酎に替えるような生活に変えても主成分のアルコールによって高尿酸血症にならないとはかぎらない。量が多かったり、血液中の尿酸値に影響する他の部分も改めないと発症する可能性が残ってしまう。

運動も重くて瞬発力が大きな無酸素運動の場合にはアルコールと同じように体内にプリン体と乳酸が増えて血液中の尿酸値が上がる。高尿酸血症では筋肉トレーニングなどの重い運動/無酸素運動は控えなくてはならない。

プリン体が体内でも増やされる理由

詳しく捉えるとATP(Adenosine triphosphate/アデノシン三リン酸)というエネルギーが分解されて変化したADP(Adenosine diphosphate/アデノシン二リン酸)からリサイクルされる過程で、ATPに含まれていたプリン体が余るせいなんだ。ATPが運動やアルコールで激しく使われるとADPが新しく増え捲って残る。すると元のATPから出て来たプリン体も次のATPに速やかに戻れなくなる。理解するのがちょっと難しい流れだけど、要するにATPからADPとプリン体が現れて、もう一度、ATPに両方とも再利用されると何も残らないわけなのにATPが分解されるばかりだと出て来たADPとプリン体が新しく合成するのが追い付かなくなるんだ。重い運動/無酸素運動や飲酒の場合にはADPとバラバラで留まっているプリン体が肝臓に入って分解されて尿酸が作られる。

運動は軽くて歩いたり、緩く走ったりするだけの持久力の大きな有酸素運動の場合には体内でプリン体や尿酸が増えて血液中の尿酸値が上がるという形にはならないんだ。ATPが適度に分解されるゆえに出て来たADPとプリン体で新しく合成されるのも十分に間に合っているかぎり、高尿酸血症でも軽い運動/有酸素運動を敢えて控える必要はないだろう。

もう一つ糖分の果糖も良くないといわれる。個人的に蜂蜜を常食にしているから耳が痛い、最も。体内で分解すると尿酸がアルコールの場合と同じようにやはり現れるんだ。乳酸までは増えないから果糖はまだ益しにせよ、僕は健康を徹底的に研究しながらいつも蜂蜜は欠かせないと考えるのに出て来る尿酸が全くの不健康では矛盾しているからちょっと気がかりだ。

実は尿酸には強力な抗酸化作用があるのです。抗酸化作用をもつ抗酸化物質は、人の体の中でおこる酸化的ストレスを抑制するものです。酸化的ストレスが蓄積すると、人は老化し、血管の障害がおこり、脳などの神経細胞が障害されるなど多くの好ましくない状態を作り出しますが、抗酸化物質はこれらを抑制する作用を持っています。ビタミンCは典型的な抗酸化物質として知られています。お肌を若々しく保つためにはビタミンCは必要不可欠であることはよく知られた事実ですが、尿酸がもつ抗酸化作用はビタミンCよりはるかに強力です。

調べると尿酸は本当は抗酸化作用がとても強くて人体に非常に役立っていると分かった。

蜂蜜や果物が主に持っている果糖はもちろんのこと、アルコールも同じように尿酸を作り出すのは昔から酒は百薬の長といわれる不老長寿の精神に通じるかも知れない。

尿酸は決して健康に悪いわけではない。危険なのは腎臓が排出できないほどに増えしまった場合にかぎられる。正常値が7mg/dlなので、下げ過ぎるのも尿酸の本来の有用性を失うから越えない程度に幾らか近寄せながら減らすのが正しいと考える。

尿酸値を高めない三つの食品

  • 珈琲
  • 乳製品
  • ビタミンCの食品

統計的に良いみたいで、どうしてかは必ずしも分からないにせよ、人々の痛風を発症する割合が下がると確認されている。

高尿酸血症を防ぐ可能性が期待される食品が珈琲と乳製品とビタミンCの食品:一般的に多いのは野菜(果物も良いはずだけど、尿酸値には逆効果の果糖が物凄く多い)で、血液中の尿酸値を高めずに済むかも知れない。プリン体を多く含んでいる肉や魚、そして茸よりも優先されるべきだ。

栄養バランスを考えればプリン体の多い食品を全て切り捨てる食事も不健康そのもの(三大栄養素の蛋白質が主に不足するし、長生きに欠かせないアルブミンも減ってしまう)だから尿酸値を高めない三つの食品のどれか一つでも合わせながら取るのが賢明だろう。

僕にとっては好きなものばかりだから嬉しい。珈琲はカフェインの覚醒作用で日中に求められる交感神経を高めるのと大腸菌を抑制する可能性が良い。乳製品は蛋白質とカルシウムが大きくて特にヨーグルトならば発酵食品で整腸作用も高いから最高に必要だ。ビタミンCは野菜や果物に多いけれどもコラーゲンの原料として全身の若返りに非常に重要だし、抗酸化作用も高いからいつも十分に保っているにかぎる。健康と長生きを追求する上ではどれも外せないと思うから尿酸値を高めないという方面からも繋がって来るならば人体は良くできているし、創造主の神様は正しく合理的だと心から唸らされもするよ。

痛風を根本的に退ける秘策

高尿酸血症を抑えるのに女性ホルモンのエストロゲンが良くて痛風の発症率も男性が95%以上と圧倒的なまでの開きが確認されるとすると食事から取り入れるのが秘策ではないか。調べるとエストロゲンは無理だけれども似た働きの成分を持つ食品が非常に大事だと考えられる。

  • 大豆イソフラボンの大豆
  • ボロンの海草類やキャベツ

注目するべきはキャベツで、相当に素晴らしいのではないか。特徴的にアルカリ性とビタミンCも大きく期待できる野菜だから女性ホルモンのエストロゲンと似た働きのボロンまで持っているのでは高尿酸血症に対しては鬼に金棒ではないか。日常生活に加えると想像するだけで向かうところ、もはや敵なしのイメージを与える。

市場へキャベツを持って行くタジク人の農夫
Tajik Farmer Takes Cabbage to the Market by U.S. Department of State from United States [Public domain], via Wikimedia Commons

キャベツこそが痛風を根本的に退けるには断トツにオススメの食品に他ならないだろう。

血液中の尿酸値が高まって腎臓を壊すような段階に入ると尿路結石も出来易くなる。さらに高血圧や脂質異常性や耐糖能障害(糖尿病)や脳血管障害や心臓病などの合併症が起こるかも知れない。是非とも注意するには越さないし、実際には痛風発作も何も起きないとしても血液中の尿酸値が高い状況を長引かせると他の要因との結び付きで様々な病気にかかってしまうのではないかと懸念される。

生活習慣で肥満が高尿酸血症の要因に著しく含まれる。痛風を始めとした様々な合併症を避けるために改善法のダイエットと共に覚えておきたい。

肥満はインスリンで尿酸値を上げる

体内でプリン体から作り出される尿酸は一割程度が腎臓から尿として排出されるらしい。残りの八割程度が体内に再吸収されるけれどもインスリンが関与している。肥満で、取り分け内臓脂肪が増えるとインスリンの働きが低下して腎臓からの尿酸の排出が阻害されるんだ。足りないインスリンが逆に増えて来て尿酸を体内に再吸収するように仕向けるから長く留まっている間に結晶化すれば尿酸塩として関節や腎臓に溜まって痛風や痛風腎を起こし兼ねない。

インスリンは血液中の血糖値をコントロールするホルモンで、足りなくて逆に増えて来るという状態が長引くほどに機能そのものが落ちて糖尿病になるから肥満による高尿酸血症で、たぶん合併症としてかかる可能性も高そうだ。

肥満の目安としてはBMI(Body Mass Index/体格指数)の「体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m) 」の計算式で25以上だと肥満に含まれるので、インスリンの働きも下がっているかも知れない。

内臓脂肪が多いかどうかは臍の周りの腹位も考え合わせると良くてメタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)の測定だけれども男性が85cm、女性が90cmの範囲内に収まっているかどうかで凡その 見当が付けられる。

肥満を改善するにはダイエットが必要だ

僕が健康を研究するかぎり、男性は筋肉での血行促進、女性は皮下脂肪による免疫力が長生きに繋がり易いので、個々の特徴を保ったまま、行うのが最も大事だといいたい。それぞれの弱点を補っても良いと思うし、男性には脂肪、女性には筋肉が少ないからなるべく増やすように取り組むとさらに健康が手堅く得られるはずだろう。

痩せるだけならば食事を減らせば良いだけにせよ、翻って筋肉と脂肪を不健康なまでに落とさないように心がけたい。

食事では炭水化物と脂肪と蛋白質の三大栄養素が真っ先に重視されるし、筋肉は運動で、脂肪は睡眠で増え易いから総合的に捉えて日常的に纏めて行く気持ちが非常に効果的だし、一言でいえばどうも自分に合わない二十四時間を止めるためのダイエットの第一条件に他ならないと考える。

参考:高尿酸血症と痛風とはどんな病気か 尿酸値を上昇させる要因 大豆だけじゃない!食べるだけでエストロゲンがUPする食べ物とは? 突然の激痛!痛風を防げ「生活改善」 食べ物だけじゃない!体内でも作り出されるプリン体

コメント

些細な日常の人気の投稿

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

ジョナサン・モフェットのドラムの8ビートの切れ味の鋭いグルーヴ