切れ込み|詩集

自分の写真結城永人

僅かでも納得されないと凹んでしまう状態にも
離れ去らないような素晴らしさはあるのか
伝わらなくてはならなかったのだから胸に染みる
本当ならばやるべくできたと祈って止まない

切れ込み(詩集):全二十八篇

Forevermore

コメント