ラベル(凄い)が付いた投稿を表示しています すべて表示

井上尚弥のPFPランキング一位の世界最強ボクサーの所以

イメージ

プロボクサーの 井上尚弥 が六月七日の ノニト・ドネア とバンタム級で自身のWBAスーパーとIBFと相手のWBCのタイトルを賭けた試合に2ラウンド1分24秒のレフリーストップTKOで勝利して日本人で初めて三団体統一の世界チャンピオンになるという快挙を成し遂げた。 日本人がこれまで誰も辿り着けなかった場所まで来た。| 井上尚弥 Naoya Inoue 凄いと驚くけど、しかしもっと凄いことに三日後の六月十日にボクシング雑誌の The Ring が決定する全階級での強さを評定するPFP(Pound For Poured/パウンドフォーパウンド)ランキングでやはり日本人で初めて一位に選ばれて世界最強ボクサーの称号を得ることになった。 大変な快挙で素晴らしいという言葉しかないと感じる。今後、バンタム級で残りのWBOを取って四団体統一やもう既に軽いライトフライ級とスーパーフライ級…

金田正一のカーブの握り方や投げ方

イメージ

金田正一 金田正一/国鉄スワローズ|日本テレビ 1933年8月1日生まれ(本人の記憶では1931年)、愛知県名古屋市北区出身、1850年に名古屋電気高等学校を中退してスカウトで国鉄スワローズ入団。初年度から先発と抑えで大活躍して実動二十年の間に通算400勝と4490奪三振という凄まじい記録を打ち立てて、球界史上、不滅の大投手となった。並外れたストレートと二階から落ちて来るといわれた角度の甚だ鋭いドロップを得意球として快刀乱麻の投球を行った。ニ年目から十四年連続の20勝、1951年にノーヒットノーラン、1957年に完全試合を達成した。1958年に自身最多の31勝で投手四冠(最多勝・最優秀防御率・最多奪三振・最多完封)に輝いたが、このときを含めて最盛期に在籍した国鉄スワローズが余りに弱過ぎたために最高勝率のタイトルだけは一度も取れなかった。読売ジャイアンツ…

槙原寛己のスライダーの握り方や投げ方

イメージ

槙原寛己 槙原寛己/読売ジャイアンツ|日本テレビ 1963年8月11日生まれ、愛知県半田市出身、1982年に愛知県立大府高等学校からドラフト一位で読売ジャイアンツに入団、二年目に12勝9敗1セーブの好成績で新人王を獲得した。それから先発陣の主軸として、十五年近く、十勝前後を安定して稼ぎ出す活躍を見せた。デビューからストレートが速く、1984年に155キロで日本記録を更新するほどの速球派だったが、股関節骨折の重症で選手生命ですらも危ぶまれながら復帰した1986年から新しくスライダーを投球の中心に据えるスタイルに変えて上手く行った。1988年に最多奪三振と最多完封を記録し、1993年に自身最多の13勝を挙げ、1994年に完全試合を実現した。チーム事情により、1996年から抑えに回ると二年連続で40試合20セーブ前後の好投を見せた。しかし1999年の終盤から…

吉見一起のストレートの握り方や投げ方

イメージ

吉見一起 吉見一起/中日ドラゴンズ|NHK BS1 1984年9月19日生まれ、京都府福知山市出身、2006年に金光大阪高等学校からトヨタ自動車を経てドラフト一位で中日ドラゴンズに入団、三年目に10勝を上げて翌年から先発ローテーションに入ると五年連続の二桁勝利を挙げてエースの活躍を見せた。2009年に16勝で最多勝を取ったが、この頃から速球派から技巧派へ転向する意思を固めると元から良かった制球力がさらに磨かれてミスターコントロールと呼ばれるまでに躍進し、2011年に自身最多の18勝で二回目の最多勝を含む投手四冠(最多勝・最優秀防御率・最高勝率・最多完封)に輝いた。しかし翌年から怪我での登録抹消が増え、2013年に肘の手術とリハビリにより、登板機会は激減した。2015年に復活勝利を挙げると翌年から2018年まで先発ローテーションに戻り、好投した。その後、…

佐藤義則のヨシボールの握り方や投げ方

イメージ

佐藤義則 佐藤義則/阪急ブレーブス|フジテレビ 1954年9月11日生まれ、北海道奥尻郡奥尻町出身、函館有斗高等学校を進学して1977年に日本大学からドラフト一位で阪急ブレーブス(1989年からオリックスブレーブス、1991年からオリックスブルーウェーブ)に入団、初年度から20試合に登板すると7勝を挙げて新人王を獲得して黄金期のチームの先発の主力となる。四年目の1980年に調子を落としてから、一時リリーフに回ることもあったが、1984年から先発で調子を取り戻すと1985年に21勝で最多勝、1986年に防御率2.83で最優秀防御率のタイトルを取るなど、全盛期を迎えた。その後、チームの先発の柱として勝ち星を積み重ね、毎年、10勝前後の安定した活躍を見せ続けた。1995年に史上初の四十歳越えのノーヒットノーランを実現したが、力の衰えが見え始めた頃でもあり、徐…

五十嵐亮太のカーブの握り方や投げ方

イメージ

五十嵐亮太 【日本球界復帰】五十嵐亮太、注目の投球は…| プロ野球チャンネル パ 1979年5月28日生まれ、北海道留萌市出身、1997年に敬愛学園高等学校からドラフト二位でヤクルトスワローズ(2006年から東京ヤクルトスワローズ)に入団、二年目から中継ぎや抑えで起用されて150キロ以上の豪速球が持ち味の本格派の右腕として頭角を現す。2004年に日本タイ記録の158キロを投げ、42セーブポイントで最優秀救援投手を取った。2009年にFA権により、ニューヨークメッツへ移籍してアメリカでプレイし始めるが、安定した成績は残せず、幾つかの球団を渡り歩いた後、2013年から国内リーグの福岡ソフトバンクホークスでプレイするとアメリカで覚えたナックルカーブを活かした技巧派へ変貌を遂げて常勝チームの中心選手の一人となる。2018年に古巣の東京ヤクルトスワローズに戻って通…

牛島和彦のフォークの握り方や投げ方

イメージ

牛島和彦 牛島和彦/中日ドラゴンズ|フジテレビ 1961年4月13日生まれ、大阪府大東市出身、1980年に浪商高等学校からドラフト一位で中日ドラゴンズに入団、初年度から一軍に昇格して勝利を挙げたが、二年目の秋にボールを挟む人差し指と中指のストレッチから関節が大きく開くようになるとフォークが投げ易くなり、翌シーズンに抑えとして起用されると17セーブの活躍でチームのリーグ優勝に貢献した。その後、肘の痛みで先発に戻る年もあったが、1984年に自身最多の29セーブを挙げるなど、抑えの切り札の印象を強く残した。しかしチーム事情により、1986年に世紀のトレードと称される二年連続三冠王の落合博満との四人の交換要員の一人としてロッテオリオンズ(1992年から千葉ロッテマリーンズ)へ移籍せざるを得なくなった。直ぐに抑えの切り札として活躍して24セーブで最優秀救援投手を…

北別府学のスライダーの握り方や投げ方

イメージ

北別府学 北別府学/広島東洋カープ|日本テレビ 1957年7月12日生まれ、鹿児島県曽於郡末吉町(2005年から曽於市)出身、1976年に宮崎県立都城農業高等学校からドラフト一位で広島東洋カープに入団、二年目から先発ローテーションに入り、翌年に十勝を挙げると以降は十一年連続で二桁勝利を挙げてエースの活躍を見せた。球速が140キロ前後と遅い代わりに一日三百球の投げ込みで磨き抜かれた卓越した制球力の持ち主で、ボールをミリ単位で投げ分けるとされる精密機械の異名を取った。1980年代に最盛期を迎え、チームの三度のリーグ優勝と二度の日本一の原動力となり、個人としては1982年に自身最多の20勝で最多勝と沢村賞、1986年に18勝で最多勝と最優秀防御率の二冠と沢村賞や最優秀選手などを取った。1992年に200勝を達成するが、翌年から登板数と勝利数が半減した。さらに…

武田一浩のカットボールの握り方や投げ方

イメージ

武田一浩 武田一浩/中日ドラゴンズ|J SPORTS 1965年6月22日生まれ、東京都世田谷区出身、明治大学付属中野高等学校を進学して1988年に明治大学からドラフト一位で日本ハムファイターズに入団、初年度から先発で起用されたが、完投の交代を機に抑えに転向すると調子を上げて1991年に22セーブポイントで最優秀救援投手のタイトルを取った。年棒などの待遇への不満から先発を志願して戻るが、一本気な性格からフロントとの衝突もあり、トレードを志願して1996年に福岡ダイエーホークスへ移籍した。先発で活躍して三年間で32勝を挙げて1993年は13勝で最多勝のタイトルも取り、自身最高の成績を残した。FA権により、1999年に中日ドラゴンズへ移籍すると右のエースとしてリーグ優勝に貢献したが、翌年から膝の故障で調子を落とし始めた。手術したものの結果は芳しくなく、戦力…

山田久志のシンカーの握り方や投げ方

イメージ

山田久志 山田久志/阪急ブレーブス|TBS 1948年7月29日生まれ、秋田県能代市出身、1969年に秋田県立能代高等学校から富士製鐵釜石を経て阪急ブレーブスに入団、二年目に先発のローテーションに入って以降、四回の20勝以上を含む十七年連続の二桁勝利を挙げたり、七年目の1975年からは十二年連続の開幕投手を務めるなど、チームの大エースと呼ぶべき物凄い活躍を見せた。当初はストレートが得意な速球派だったが、1972年に膝を痛めて球速が落ちると成績も下降し、引退まで考えたらしい。しかし球団から止められて残り、以前から練習していたシンカーを1976年についに習得すると忽ち自身最多の26勝を挙げて復活を果たした。同年から三年連続で最優秀選手に選ばれた。1980年代序盤にも少し調子を落としたが、このときはスライダーの習得で持ち直して1982年に16勝を挙げると共に…

山﨑康晃のツーシームの握り方や投げ方

イメージ

山﨑康晃 2021.5.2ハイライト【DeNA vs ヤクルト】同点で迎えた終盤、桑原将志選手の決勝弾で今季初本拠地連勝&2カード連続勝ち越し!!| YOKOHAMA DeNA BAYSTARS CHANNEL 1992年10月2日生まれ、東京都荒川区出身、帝京高等学校を進学して2005年に亜細亜大学からドラフト一位で横浜DeNAベイスターズに入団、初年度から抑えとして活躍して新人記録の37セーブを挙げて新人王を取り、人気も高く、オールスターに抑え投手部門のファン投票一位で選出された。以降、チームの守護神として認められながら五年連続で50試合登板と20セーブとオールスターのファン投票一位を果たしている。2018年と2019年は、それぞれ、37セーブと30セーブを挙げて最多セーブ投手のタイトルを取った。しかし2020年からは調子を落として二軍降格や中継ぎで…

佐々木朗希の飛んでもない衝撃の完全試合

イメージ

プロ野球で千葉ロッテマリーンズの 佐々木朗希 がオリックスバファローズとの試合で先発して完全試合を実現した。 4月10日 (日) vs オリックス・バファローズ ダイジェスト リアルタイムで観てなかったけれどもインターネットの動画でダイジェストを観て結果もさることながら内容が余りに圧倒的で本当に驚かされた。 佐々木朗希の完全試合の三つの大記録 #佐々木朗希 投手、完全試合達成!| 千葉ロッテマリーンズ 二十歳五ヵ月での達成は史上最年少記録 十三者連続奪三振は世界最多記録 一試合十九奪三振は日本プロ野球タイ記録 個人的に完全試合を観たのは二回目で、 槙原寛己 がかつて実現したのをテレビでリアルタイムで観ていた。1994年5月14日の広島東洋カープとの試合で、最後に本人を含めてチーム全体が物凄く喜んでいたけれどもギリギリの緊張感の中で達成されたという感じがしたし、少しでも状況が…

攝津正のシンカーの握り方や投げ方

イメージ

攝津正 【圧巻…】福岡ソフトバンク・攝津正、3者連続三振を奪い貫録を見せる| プロ野球チャンネル パ 1982年6月1日生まれ、秋田県秋田市将軍野出身、2009年に秋田経済法科大学付属高等学校からJR東日本東北を経て福岡ソフトバンクホークスに入団、初年度から中継ぎとして成功し、70試合で39ホールドを記録して最優秀中継ぎ投手と新人王を取った。三年目の2011年から先発に転向すると同じように活躍して五年連続で二桁勝利を挙げるなど、チームの黄金期のエースとなり、五回のリーグ優勝と四回の日本一を引き寄せた。2012年に自身最多の17勝を挙げて最多勝と最高勝率の投手二冠を取って沢村賞にも選ばれた。しかし2014年から徐々に勝ち星を減らして二軍落ちもあり、加齢による心身の衰えのためか、2016年以降は登板機会も少なくなり、2018年に退団すると他球団でプレイする意…

斉藤和巳のフォークの握り方や投げ方

イメージ

斉藤和巳 斉藤和巳/福岡ソフトバンクホークス|NHK 1977年11月30日生まれ、京都府京都市南区出身、1996年に南京都高等学校からドラフト一位で福岡ダイエーホークス(2005年から福岡ソフトバンクホークス)に入団、肩の不安から出遅れるも手術とリハビリを経て徐々に一軍での登板機会を増やした。七年目の2003年に躍進してチームをリーグ優勝と日本一導く中心選手になると共に自身最多の20勝を挙げて投手五冠(最多勝・最優秀防御率・最多奪三振・最高勝率・最多完封)を達成するなどの球界を代表するような不動のエースの地位を築いた。その後、15勝以上三回を含む四年連続の二桁勝利という大活躍を見せ、さらに調子が悪くてもベンチ入りしてチームを盛り上げる精神的な支柱としての役割も果たした。2008年に肩の手術で離脱すると回復が捗らず、2011年からはリハビリ担当コーチと…

岩隈久志のスプリットの握り方や投げ方

イメージ

岩隈久志 Hisashi Iwakuma by Joshua Goldberg / CC BY-SA 1981年4月12日生まれ、東京都東大和市出身、2000年に堀越高等学校からドラフト五位で大阪近鉄バファローズに入団、先発として二年連続十五勝などの好成績を残すと2005年に新設された東北楽天ゴールデンイーグルスにトレードで移籍した。肩の怪我や二段モーションの禁止で低迷するが、三年目から完全に復調してチームのエースとなる。2008年に自身最多の21勝で投手四冠(最多勝・最優秀防御率・最多奪三振・最高勝率)と最優秀選手などの生涯最高の成績を残した。海外FA権により、2012年からシアトルマリナーズへ移籍してアメリカでプレイすると先発ローテーションに入り、毎年、10勝前後を上げ続ける活躍を見せた。2015年にノーヒットノーランを実現した。肩の怪我や成績不振…

井川慶のチェンジアップの握り方や投げ方

イメージ

井川慶 井川慶/阪神タイガース|GAORA 1979年7月13日生まれ、茨城県東茨城郡大洗町出身、1998年に茨城県立水戸商業高等学校からドラフト二位で阪神タイガースに入団、四年目に球威のあるストレートと切れのあるチェンジアップを活かして先発のローテーションに入ると翌年からエースとして、五年連続、二桁勝利を挙げ、二度のリーグ優勝に大きく貢献した。2003年は自身最多の20勝を挙げると共に最優秀選手に選ばれる最高の活躍を見せた。2004年はノーヒットノーランを実現した。その後、ポスティングシステムにより、2007年からニューヨークヤンキースへ移籍してアメリカでプレイしたが、好投が続かず、三年目以降は不調でマイナーリーグから全く昇格できなかった。2012年にオリックスブルーウェーブで日本プロ野球へ復帰するも調子は戻り切らず、一軍での登板機会は少なかった。…

内竜也のスライダーの握り方や投げ方

イメージ

内竜也 【千葉ロッテ・内竜也】が無死満塁のピンチを見事に救う| プロ野球チャンネル パ 1985年7月13日生まれ、神奈川県川崎市川崎区出身、2004年に神奈川県立川崎工業高等学校からドラフト一位で千葉ロッテマリーンズに入団、肩や足首などで九回の手術を行うほどに怪我が多く、登板機会は少なかったものの中継ぎや抑えで大きなピンチを凌ぐ印象深いピッチングを残した。2010年はシーズンの最終盤からクライマックスシリーズと日本シリーズにかけて好投してチームの五年振りの日本一への原動力となり、2017年と2018年の二年間だけが抑えとして、50試合以上、フルで大きな怪我なしに登板できたシーズンだった。千葉ロッテマリーンズを退団した2020年の冬に十二球団合同トライアウトを受けるが、他球団への入団は叶わず、翌年に現役生活を退く。 右投げ フォーム ノーワインドアップのオーバ…

石井一久のスライダーの握り方や投げ方

イメージ

石井一久 Ishii finishes one-hitter with eight pitches| MLB 1973年9月9日生まれ、千葉県千葉市若葉区出身、1992年に東京学館浦安高等学校からドラフト一位でヤクルトスワローズ(2006年から東京ヤクルトスワローズ)に入団、四年目から先発の主力投手として10勝前後を継続的に挙げる活躍を見せた。力強い速球と良く曲がるカーブやスライダーで相手の中心打者も捩じ伏せるような投球が特に印象に残り、奪三振率も自身最高で11.047と非常に高かった。2002年にポスティングシステムにより、ロサンゼルスドジャースへ移籍してアメリカでプレイし始めるとやはり先発で二桁勝利を挙げるなどの活躍を見せたが、ニューヨークメッツではマイナー降格などの不調もあった。2006年に国内リーグへ復帰すると以前と変わらない堅実な成績を残し続け…

平松政次のシュートの握り方や投げ方

イメージ

平松政次 平松政次/大洋ホエールズ|フジテレビ 1947年9月19日生まれ、岡山県高梁市出身、1964年に岡山県立岡山東商業高等学校から日本石油を経て第二次(大学生と国体出場者の社会人と高校生から選出される)ドラフト二位で大洋ホエールズ(1978年から横浜大洋ホエールズ)に入団、初年度から一軍で登板したものの目立った成績を残せなかった。しかし三年目の春のキャンプで自身の代名詞となる得意球の高速シュートを身に付けてから一気にエースへと上り詰めた。先発で十二年連続の二桁勝利、最盛期の1970年には自身最多の25勝を挙げて沢村賞にも選ばれた。他球団への移籍などはなく、十八年間、大洋ホエールズの生え抜きとしてプレイして優勝こそなかったものの通算203勝を記録して1984年に現役生活を退く。 右投げ サイズ 身長176㎝/体重74㎏ フォーム ノーワインドアップのスリーク…

工藤公康のカーブの握り方や投げ方

イメージ

工藤公康 工藤公康/西武ライオンズ|フジテレビ 1963年5月5日生まれ、愛知県名古屋市天白区高坂町出身、1982年に名古屋電気高等学校(1983年から愛知工業大学名電高等学校)からドラフト六位で西武ライオンズ(2008年から埼玉西武ライオンズ)に入団、1980から90年代の黄金期の中心選手となり、主に先発で高い勝率を誇り、十一回のリーグ優勝と八回の日本一を経験した。1995年にトレードで移籍した福岡ダイエーホークスでは五年目の1999年にチーム初のリーグ優勝と日本一に大きく貢献して前球団の1993年の分と併せると二回目の最優秀選手にも選ばれた。FA権により、2000年に読売ジャイアンツへ移籍した際は優勝請負人と呼ばれて確かに二回のリーグ優勝と日本一を引き寄せて自身の優勝回数をリーグ優勝が十四回と日本一が十一回まで積み上げた。その後は幾つかの球団でプレ…