ラベル(ソウル)が付いた投稿を表示しています すべて表示

クリストファー・ウィリアムズのI'm Dreamin'|ニュージャックスウィング

イメージ

黒人音楽のR&Bの一種で乗りの軽やかなニュージャックスウィングの大好きな楽曲から クリストファー・ウィリアムズ の I'm Dreamin' を取り上げる。 Dreamin'|Christopher Williams - Topic クリストファー・ウィリアムズの I'm Dreamin' 作詞: スタンリー・ブラウン 作曲:スタンリー・ブラウン 発売日:1991年2月20日 ジャンル:ニュージャックスイング 初めて聴いた瞬間から虜になって以来、ニュージャックスイングにかぎらず、または黒人音楽に止まらず、あらゆる音楽の中で最上位に気に入っている。 テレビの ファッション通信 で、スーパーモデルの代表格の リンダ・エヴァンジェリスタ のファッションショーでの登場の場面に使われたの観たけど、とにかく神々しいと大変な感動を覚えた。 そのときは誰…

R&Bの成り立ちと音楽的な特徴と日本の楽曲

イメージ

R&Bはリズム&ブルース(Rhythm and Blues)の頭文字で、音楽のジャンルの一つだ。 R&Bのアメリカでの成り立ち Mixing console by ErnestDavies / CC0 今では黒人による歌謡曲、または大衆音楽の総称として使われるけれども元々はアメリカでブルース(哀歌)やゴスペル(福音唱歌)などの黒人音楽から1930から40年代にかけて生まれて呼ばれ始めた。そして1950から60年代にかけてゴスペルの要素が強いもの(特有のコード進行やベースを強調したリズムやコールアンドレスポンス/掛け合いなど)がソウルと呼ばれるようにもなって発展を遂げた。1970から80年代頃にかけて歌を良く聴かせる(強く叫ばない)ブラックコンテンポラリーが出たり、さらに1990年代から昔の楽音を使ったラップ/ヒップホップを経由するとソウル…

キャンディーズのその気にさせないで|日本の女性歌手のR&B

イメージ

日本の女性歌手のR&Bの楽曲で、 キャンディーズ の その気にさせないで が本当に素敵だと感じる。 その気にさせないで キャンディーズ 1978|Pokorin 2 キャンディーズの その気にさせないで 作詞: 千家和也 作曲: 穂口雄右 発売日:1975年9月1日 ジャンル:R&B キャンディーズは三人のハーモニーが素晴らしく印象深くて取り分けロック寄りのスピード感のある曲( 春一番 や 暑中お見舞い申し上げます )が有名かも知れないけれどもR&Bやソウルもやっていた。というか、グループ自体に1970年代に流行っていた黒人の スリーディグリーズ や スプリームス などのソウルのグループを想定する部分があったらしい。本人たちも好んで聴いていたようで、驚かされるけれども余り売れなかったか世間的に知られなかっただけで、結成した当初から 解散する まで黒人音楽との結び付きが相当…

結城永人の人生のスタンダードな名曲選集

イメージ

いつまでも聴いていたい人生のスタンダードな名曲を選んで紹介する。 人生歌のスタンダードな名曲十五選 Child lying and blowing dandelion fluff on the field by jplenio [ CC0 ], via Pixabay ビリー・ジョエル の Honesty / オネスティ 作詞:ビリー・ジョエル 作曲:ビリー・ジョエル ジャンル:ポップ 発表年:1978 カヴァー: トーラス・ライリーなど マーヴィン・ゲイ の What's Going On / ワッツゴーインオン 作詞:マーヴィン・ゲイと アル・クリーヴランド と レナルド・ベンソン 作曲:マーヴィン・ゲイとアル・クリーヴランドとレナルド・ベンソン ジャンル:ソウル 発表年:1971 カヴァー: ビアンカ・ロペスなど ボブ・ディラン の Blowin' in the Wind / 風に吹かれて …

結城永人の恋愛のスタンダードな名曲選集

イメージ

いつまでも聴いていたい恋愛のスタンダードな名曲を選んで紹介する。 恋愛のスタンダードな名曲十五選 Couple holding hands and walking on the beach by sasint [ CC0 ], via Pixabay ミニー・リパートン の Lovin' You / ラヴィンユー 作詞:ミニー・リパートンと リチャード・ルドルフ 作曲:ミニー・リパートンとリチャード・ルドルフ ジャンル:ソウル 発表年:1974 カヴァー: アナ・クリスチーナなど パーシー・スレッジ の When a Man Loves a Woman / 男が女を愛する時 作詞: カルヴィン・ルイス と アンドリュー・ライト 作曲:カルヴィン・ルイスとアンドリュー・ライト ジャンル:ソウル 発表年:1966 カヴァー: マイケル・ボルトンなど ロリ・リーバーマン の Killing Me Softly…

結城永人の友情のスタンダードな名曲選集

イメージ

いつまでも聴いていたい友情のスタンダードな名曲を選んで紹介する。 友情のスタンダードな名曲十五選 Back of four children friends sitting by florentiabuckingham [ CC0 ], via Pixabay ロッド・スチュワート の What's That Friends Are For / 愛のハーモニー 作詞: キャロル・ベイヤー・セイガー 作曲: バート・バカラック ジャンル:ポップ 発表年:1982 カヴァー: ディオンヌ・ワーウィック&フレンズなど スティーヴィー・ワンダー の Don't You Worry 'bout a Thing / くよくよするなよ! 作詞:スティーヴィー・ワンダー 作曲:スティーヴィー・ワンダー ジャンル:R&B 発表年:1973 カヴァー: インコグニートなど キャロル・キング の …

ホセ・ジェームズのLean on Me(ビル・ウィザース)|友情歌

イメージ

2018年に発表された ホセ・ジェームズ のカヴァーで聴いた Lean on Me ( ビル・ウィザース )が友情歌として胸に響いた。 ビル・ウィザースの Lean on Me Born on Independence Day in 1938| Bill Withers 作詞作曲はビル・ウィザースで、オリジナルの歌手も彼になる。 Lean on Me (1972/オリジナル) 1972年のビル・ウィザースのアルバムの Still Bill に収録されて同年にシングルカットされた。 Lean on Me はビル・ウィザースが児童期に過ごした故郷のアメリカのウエストヴァージニア州スラブフォークの炭坑街の記憶から着想されたようだ。二作目のアルバムを制作する頃、小さな電子ピアノの ウーリッアー を購入して弾いていて最初に思い浮かんだのが題名の言葉だった。訳すと私に頼れという意味だけれどもなぜなの…

トム・ジョーンズの(Sittin' On) The Dock of the Bay(オーティス・レディング)|人生歌

イメージ

1969年に発表された トム・ジョーンズ のカヴァーで聴いた (Sittin' On) The Dock of the Bay ( オーティス・レディング )が人生歌として胸に響いた。 オーティス・レディングの (Sittin' On) The Dock of the Bay Otis Redding from Coveralia / CC BY-SA 作詞作曲はオーティス・レディングと スティーヴ・クロッパー ( ブッカー・T&MGズ )で、オリジナルの歌手はオーティス・レディングになる。 (Sittin' On) The Dock of the Bay (1968/オリジナル) オーティス・レディングが バーケイズ との巡業で1967年8月に訪れたカリフォルニア州サウサリートのウォールドーポイント小港で屋形船に乗っているときに (Sittin' On)…

クリスティーナ・グリミーのI Will Always Love You(ドリー・パートン)|恋愛歌

イメージ

2018年に発表された クリスティーナ・グリミー のカヴァーで聴いた I Will Always Love You ( ドリー・パートン )が恋愛歌として胸に響いた。 ドリー・パートンの I Will Always Love You Dolly Parton from RCA Records / Public domain 作詞作曲はドリー・パートンで、オリジナルの歌手も彼女になる。 I Will Always Love You (1973/オリジナル) 音楽の相棒で、指導者でもあった ポーター・ワゴナー との七年に及ぶ付き合いを解消してソロ歌手になるときに別れの曲として作られたといわれる。 1973年のアルバムの Jolene にされ、翌年にシングルでも発表された。 その後、1982年に本人が出演して音楽も手がけた映画の The Best Little Whorehouse in Te…

マイケル・ボルトンのWhen a Man Loves a Woman(パーシー・スレッジ)|恋愛歌

イメージ

1991年に発表された マイケル・ボルトン のカヴァーで聴いた When a Man Loves a Woman / 男が女を愛する時 ( パーシー・スレッジ )が恋愛歌として胸に響いた。 パーシー・スレッジの When a Man Loves a Woman Percy Sledge from Coveralia / CC BY-SA 作詞作曲は カルヴィン・ルイス と アンドリュー・ライト で、オリジナルの歌手はパーシー・スレッジになる。 When a Man Loves a Woman (1966/オリジナル) 実際はパーシー・スレッジも制作に関与していたらしく、本人が失恋から即興的に書いた詞へ二人に曲を付けて欲しいと頼んだのが切欠だった。完成して録音した演奏の「Why Did You Leave Me Baby」(貴方が私を置き去りにするなんて)をラジオのDJの クイン・アイヴィ…

ジェームズタウンのShe Got Soulの二十二人の正真正銘の黒人女性ソウルシンガー

イメージ

ラップ/ヒップホップの気に入りの作品の一つにジェームズタウンの She Got Soul がある。大好きな黒人女性ソウルシンガーの ジョセリン・ブラウン を起用しているのが嬉しくて曲自体も途方もなく素晴らしいと感じる。青春期に初めて聴いて穏やかな口笛と心地好いビートと落ち着き払ったラップにジョセリン・ブラウンの並外れて魂に溢れた叫びが加わって胸打たれながら忘れ難いほどに魅せられてしまったんだ。 Jamestown featuring Jocelyn Brown - She Got Soul via ohnoitisnathan77 ジェームズタウンは個人のDJなのか、ラップ/ヒップホップのグループなのか、何なのか、情報が殆どなくて分からない。分かるのは She Got Soul のヒットチャートが1991年9月にイギリスで五十六位、1992年3月に二十六位を記…

リンダ・ウーマック|ソウルシンガー

イメージ

リンダ・ウーマック /Linda Womack。1953年4月25日生まれ。アメリカのイリノイ州シカゴの出身。R&B、ソウル、ファンク、ダンスを歌う。 リンダ・ウーマックの歌手人生 Womack & Womack's Baby I'm Scared of You by METROFN SABC via Twitter ゴスペル/ソウルシンガーのサム・クックを父に持ち、音楽活動を身近に感じて大きな影響を受けながら1964年の十一歳の頃から音楽制作を始め、 I Need A Woman という曲を完成した。 しかし不幸にも同年12月11日にサム・クックが射殺事件に巻き込まれて死亡してしまう。数ヵ月の翌年三月に未亡人の母のバーバラ・キャンベル・クックと以前からサム・クックが支援して親交深い ヴァレンティノス (ウーマックブラザーズ)のメ…

ドリス・デューク|ソウルシンガー

イメージ

ドリス・デューク /Doris Duke。1945年生まれ(月日不明)。ジョージア州サンダーズヴィルの出身。サザンソウル、R&Bを歌う。 ドリス・デュークの歌手人生 Doris Duke's Woman by Dan Cooper via Twitter ゴスペルグループで歌い始めて ラズベリーシンガーズ や キャラヴァンズ と一緒になった。 1963年の十代後半にはニューヨーク州ニューヨークの アポロシアター でバックヴォーカルとして働いていた。 結婚してドリス・ウィリングハム(Doris Willingham)の名前で、二枚のシングルを発表したけれども注目されず、又、バックヴォーカルの仕事に戻り、多くはペンシルヴァニア州フィラデルフィアで ギャンブル&ハフ のプロデュース作品に加わったようだ。 1969年に アトランティックレコード から独立したプロデュ…

アニタ・ベイカー|ソウルシンガー

イメージ

アニタ・ベイカー /Anita Baker。1958年1月26日生まれ。アメリカのオハイオ州トリードの出身。R&B、ソウルを歌う。 アニタ・ベイカーの歌手人生 Anita Baker performs at the 17th Annual Salute to Freedom aboard the Intrepid Sea, Air & Space Museum by MC2 Erica R. Gardner, USN [Public domain], via Wikimedia Commons 二歳で母親に捨てられ、ミシガン州デトロイトの里親に育てられた。 サラ・ヴォーン や ナンシー・ウィルソン や エラ・フィッツジェラルド といった女性のジャズシンガーを聴きながら成長した。十二歳で里親が亡くなるとその実子の姉に成人まで育てられるようになる。 ゴス…

ニーナ・シモン|ジャズシンガー

イメージ

ニーナ・シモン /Nina Simone。1933年の2月21日生まれ。アメリカのノースカロライナ州トライオンの出身。R&B、ジャズ、ブリーズ、ソウル、ポップ、ゴスペルを歌う。 ニーナ・シモンの歌手人生 Nina Simone die met kerst op televisie zal verschijnen by Ron Kroon / Anefo [CC0], via Wikimedia Commons 八人の兄弟姉妹の六番目で、貧しい家庭ながら三歳頃からピアノを弾き始め、数年後には母親が牧師を務める地方教会の日曜礼拝で演奏を披露していた。 生活費のために母親がやっていた家政婦の雇い主がニーナ・シモンのピアノを聴くと感銘を受けて給料を余分に出してくれたために幸運にも五歳からミス・マジー(ミュリエル・マザノーヴィック)のピアノのレッスンを受け…

マデリン・ベル|ソウルシンガー

イメージ

マデリン・ベル /Madeline Bell。1942年7月23日生まれ。アメリカのニュージャージー州ニューアークの出身。ソウル、ジャズ、ボップを歌う。 マデリン・ベルの歌手人生 Madeline Bell by Martin Greeson, U.S. Army [Public domain], via Wikimedia Commons 両親が離婚し、歌手だった祖母に歌の才能を引き出されるように育てられて大きな影響を受けた。五歳で歌と踊りの稽古に通い、十一歳では教会や学校でゴスペルを良く歌った。十三歳では サム・クック に触発されてポップミュージックも気に留めた。フォージャックス&ジルというヴォーカルグループのジルとして街角のクラブやショーで、ポップミュージック寄りのゴスペルを歌ったのが十四歳で、この頃には百五十人編成の合唱でも聞き分けられるくらい突き抜…

ロバータ・フラック|ソウルシンガー

イメージ

ロバータ・フラック /Roberta Flack。1937年2月10日生まれ。アメリカのノースカロライナ州ブラックマウンテンの出身。ジャズ、フォーク、ソウル、R&Bを歌う。 ロバータ・フラックの歌手人生 Roberta Flack by BooBoo [ CC BY-SA 3.0 ], via Coveralia 育ったのはヴァージニア州アーリントンで、幼少期はローマックスAMEシオン教会の合唱団に参加したり、通りのパプテスト教会へ マヘリア・ジャクソン や サム・クック のゴスペルミュージックを聴きに行ったりしていた。 九歳でピアノを習い始めると十三歳で合唱団のために ヘンデル の メサイア を弾き、州全体の音楽コンクールに スカルラッティ の ソナタ を身に付けた。するとハワード大学から優等生として奨学金を貰うことになり、十五歳で飛び級で入学した。在学中にピアノよりも声…

ジーン・ナイト|ソウルシンガー

イメージ

ジーン・ナイト /Jean Knight。1943年1月26日生まれ。アメリカのルイジアナ州ニューオーリンズの出身。ソウル、R&B、ファンクを歌う。 ジーン・ナイトの歌手人生 Jean Knight by Stax Records via Twitter 高校を卒業すると従兄弟のバーで歌い出して多くのバンドから共演したいと引き付ける存在になった。 1965年に歌のデモテープを ジャッキー・ウィルソン の Stop Doggin' Me Around のカヴァーで作った。聴いたプロデューサーの ヒューイ・P・ミオー が気に入ってデビューすることになる。彼は新人歌手の バーバラ・リン の You'll Lose A Good Thing のプロデュースで数年前に成功していて同じようにジーン・ナイトも有望視した。 三枚のシングル、ジャッキー・ウィルソンから…