スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(ページランク)が付いた投稿を表示しています

はてなブックマークは被リンク/ページランクのSEO効果は高いから投稿しよう

イメージ
ブログのアクセスが死んだに等しいくらい大きく落ち込んでいて半年前と変わらなくなっている。悲しいけれども一日百五十人は無理に近い。開設して一年を過ぎてちゃんと伸びないのでは記事を作成するやる気も減って仕様がない。三月上旬のGoogleの検索アルゴリズムの変動の影響が相当に大きそうだ。検索結果の状況を調べると人気サイトのサイト評価が上がっているのが顕著なんだ。ちょっとした誰でも知っているような例えば著名人の名前などのキーワードだと企業のニュースサイトが物凄く強くなっている。他方、個人の無料サイトは殆ど見かけないので、検索エンジンでのサイト評価にドメイン格差が広がっているようだ。ドメインのサイト評価はサイトのドメイン/アドレスの種類や運営期間の長さや被リンク/ページランクの状態やアクセスの多さなどが関係していると考える。企業のニュースサイトがトップクラスなのは間違いないし、個人の無料サイトがボ…

検索アルゴリズムの変動によってブログがGoogleにインデックスされ難くなったみたいだ

イメージ
ブログのアクセスが酷く落ち続けている。一日二百人を目指すどころか一日百五十人を越えるのがやっとの状態になって来た。今朝は十一人しか来てなくて一日百人以下のペースだから余りに不味過ぎると焦った。このままでは何もかも無駄になってしまいそうだ。アクセスアップの流れが分からないので、前回のブログで一年を越えて四百件以上の記事で一日二十五人を納得せざるを得なかったように止まっているのを対応できずに終わり兼ねない。本当に仕様がなくて無理なのかどうかを考え込むべきだ。今月くらいから非常に気かがりなのはブログの記事がGoogleにインデックスされ難くなってしまっていてどうにも虚しいばかりなんだA sad girl by xusenru [CC0 1.0], via Pixabayインデックスされないと検索結果に出ないからアクセスアップに全く繋がらない。サイト評価が低くて取り分けページランクが低い(外部サ…

ブログの内部リンクをクローラーが数多く辿ったら検索エンジンからの訪問者が増えた

イメージ
昨日、ブログのアクセスが一日二百人を越えた。順調に成長していると数週間振りの喜びを味わっている。たぶんラベルページへの検索エンジンのクロールを容認したのが最大の要因だろう。リンクが知られてページランクがラベルページから記事ページへ流れ始めたとするとGoogle検索に好かれるのは正しく尤もではないか。検索エンジンから記事ページに訪問者が増えているからページランクこそ強力な力を発揮しているに違いない。平均ページの滞在時間も記事ページの下段に人気の投稿の表示を増やしてからしっかり延びて一分を越え続けているし、記事名の下に著者名を付けたのも著者のオーソリティーに好影響を与えながら何れも検索エンジンでのサイト評価を上げていると思う。クロールの統計情報 via Search ConsoleSearch Consoleでクローラーの平均巡回数が激増している。ラベルページのクローラーの拒否を止めたのが切…

発リンクは使われるとSEO効果を高める

ブログの記事に関連性を持つサイト、またはページへリンクを貼っていると検索エンジンからアクセスが多くてサイト評価が高いような感じがしないでもなかった。断定するの難しいイメージで、いつも全てが同じとはかぎらないし、翻って特に何もしない記事がもっと好調ではないわけでもないので、どう捉えるべきなのかと悩んでしまっていた。しかし気になる情報が掴めたので、ブログに取り上げて知っておくと良いと思った。正しいかどうかは一概に捉えられないし、謎は残るにせよ、可能性は相当に大きくて腑に落ちる認識なのは確かだ。関連性を持つ他のサイトへリンクせよ自分のサイトのブログロールやリンクリストやリソースページでこれを行うことができる。もちろん何れのアウトバウンドリンクも他のサイトへの「投票」なので、控え目に行う。もしも上手くやって人々がリンクをクリックすればこれは検索エンジンに特定のトピックの信頼される権威者だと伝える…

ページランクのSEO効果はコンテンツとの相互作用から捉えよ

Yahoo! JapanのYahoo!カテゴリが終了すると報じられた(「Yahoo!カテゴリ」サービス終了について)。アメリカのYahoo!と同じように日本でもついに不要と判断されたらしい。天使のモノクロームが登録されてとても嬉しかったから残念としかいいようがない。たった一年くらいで、しかも期待されたアクセスアップには殆ど繋がらなかったから構わないかも知れないけれども念願が叶った思い出の場所を失うのは寂しいかぎりだ。もう二度と見聞きされなくなる、実地には。しかし改めて纏めておきたい、Yahoo!カテゴリが期待外れだったというサイトのアクセスアップに繋がらなかった原因について。僕がサイト運営で不充分だったとすれば改善しなくてはならない。いつまで経っても同じ過ちを繰り返すばかりでは目も当てられないだろう。全ての所有サイトが成長しないのも当たり前だから本当に悲し過ぎる。未来が虚しく遠ざかる。Y…

Google検索を実験しながら茨の道でも病気になるまで苦労するな

朝、起きたら目がカビガビだし、酷いドライアイに又見舞われているようだ。何日も続いたら本当に厄介だろう。無理が祟ったに違いない。ブログのGoogle検索からのアクセスが落ちて三週間も伸び悩んでいた。サイドバーのラベルを二千以上から百以下まで減らしてクロールバジェットを確保してクローラーがブログ内を回り易くなるように、そして文芸Webサーチと芸術系サーチエンジンという国内の有力な検索エンジンに登録してページランクを高めてサイト評価が上がるように考えて変えてみた。他にもGoogle+とTwitterへの投稿も著者のオーソリティーからサイト評価を上げるためにしっかりやっていた。振り返ると酷いドライアイも仕様がないと嘆くのはブログに加えてソーシャルメディアを二つも文字数を多めで更新しているせいだ。Twitterは百四十字以内にしても十件くらい載せていてGoogle+も四百字程度といっていたのが千字…

アクセスが減って来たからどうも怪しいリンクを一つ消した

ブログの検索エンジンからのアクセスが完全に伸び悩んでいる。一ヶ月前と変わらないくらいまで訪問者が減って一日に五十人を越えるのがやっとの状態に落ち込んでいる。一体、何が原因なのか。このままでは本当にどうしようもないし、野垂れ死にせざるを得ない。クローラーの平均巡回数は百回に達しているので、一日に数百人のアクセスをたぶん見込める。しかし他の要素が連動してなくて取り分け表示回数が増えないから頭打ちみたいな感じになってしまっているんだ。ブログを開設して一年を過ぎないと検索エンジンでのサイト評価は安定しないと思うし、半年を過ぎたばかりの今此処で悩んでも仕様がないというのが正しいはずだけれども成長が止まると気持ち悪くて耐えられない。今まで表示回数が楽に伸びていたのに停滞しているのが恐ろしい。Google検索ではページランクの影響が最も大きいと思う。僕にとってはランキング/検索エンジンに登録してリンク…

BloggerブログのURLはパソコンとスマホで違うけれども検索エンジンには統一されていてサイト評価は分散しない

Bloggerを使ってからアクセスアップが大丈夫かと大きく不安視されたのがパソコンとスマホでのブログのURLが違っていた。メインの「.com」のドメインも国別で日本ならば「.jp」に振り分けられたりしてURLが数多く生み出される。追記:2018年からBloggerの国別URLは廃止されて無料版のブログのトップレベルドメインは従来のメインの「.com」に統一されるように変わった(It’s spring cleaning time for Blogger/Bloggerの春の大掃除)。パソコンのウェブバージョンかスマホのモバイルで限定するとURLの末尾に「?m=0」か「?m=1」が付けられるようになっている。ブログのURLが幾つもあると検索エンジンでのサイト評価が上がり難くてアクセスアップに繋がらないと危ぶまれる。リンクされたサイトからのページランクが重要なので、様々なURLでリンクされると…

アクセスアップは人生を学ぶために

イメージ
ブログの記事が六百件を越えた。Google検索での状況は依然として芳しくない。一日の表示回数で百五十回とクリック数で十五回というところで止まっていて抜け出せない。サイト評価の数字としては記事十件で達成しなくてはならなかったと思うし、六百件でそれでは開いた口が塞がらない。ブログを更新してもどうしよようもないかぎりは死にたいとはまさかいうまでもないほどに気持ちこそうんざりさせられるばかりだ。結局、ページランクが低いと頑張っても頑張ってもアクセスアップの成果が出ないのではないか。自分の運営サイトやドメイン(Tumblrブログならばtumblr.com)からのリンクでは駄目みたいなので、他のサイトからたぶん十本くらい貼っておくしかなさそうだ。Parent and child of emperor penguins by MemoryCatcher [CC0], via Pixabay多いんだ、自…

ランキング/検索エンジンにページランクのためのリンクを貰いに

イメージ
大分、涼しくなって秋空も見えて来た。気持ち良いのはしかしブログのアクセスが連日で二十人に近いせいだ。今月の最低限のノルマは果たしている。本音は一日に二十五人だけれどもそこへ持って行くというか、毎月のアクセスの伸び率を高めるために有力な方法が見付かったので、期待感が増しているんだ。ならば空の青さも良く分かるわけではなかったか。美しい秋を過ごせそうだ、よもや正しく。
僕にとってGoogle検索でのサイト評価の著しい弱点の一つが外部サイトからのリンクが少ない。すなわちページランクが低い。
将来的には著者のオーソリティーに取って換えられるといわれるし、もう既にコンテンツだけで十分にGoogle検索からのアクセスは見込めもするけど、現段階で気になるのはキーワードで検索結果にばら付きが見られる。
些細な日常はサイトのアクセスについての記事が駄目なんだ。恐らく人気のキーワードだから競合サイトが物凄く多くて検…

Yahoo!カテゴリの登録に成功

イメージ
サイト運営としては十四年越しの悲願達成だけど、とにかくYahoo!カテゴリにサイト登録の無料推薦を幾度も行って来ていた。
本当に駄目で、落とされてばかりなので、どうにも期待できない状態だった。
所有サイトのGoogle検索でのサイト評価を上げるためにはページランクが欠かせなくてつまり外部サイトからのリンクが欲しいわけだけれどもYahoo!カテゴリが日本では取り分け効果的といわれている。年々と魅力は下がっているようだし、本国のアメリカのYahoo!では登録サイトのディレクトリー自体がもはや廃止されてさえもいるにせよ、僕みたいに外部サイトからのリンクが非常に少なくてページランクの低いサイトしか持てない場合には意味合いも変わって来るので、喉から手が出るほどに求められてしまうんだ。
今年はForevermoreで詩集を増やしたり、些細な日常で記事を増やしたりしたので、コンテンツが充実していればチャンス…

ランクブレインからGoogle検索を見詰め直そう

どうすればサイトに訪問者を増やせるのか、アクセスを検索エンジンで伸ばそうとするとGoogle検索を何よりも考えなくてはならない。
実際に些細な日常なんか他からは大して誰も来てないくらいなので、Google検索を少しでも詳しく知って検索結果に適切に掲載できるようにすることが世の中でのサイトの認知度を高めながらサイトに訪問者を増やす、アクセスを伸ばすためには最も速やかな方法だと受け留めている。
Google検索のサイト評価の三大要因
コンテンツページランクランクブレイン
個人的な見解だけれどもサイトが検索エンジンに掲載されるGoogle検索のサイト評価のアルゴリズムは日進月歩で改良されているから現在(2016年7月時点)の状況として挙げたい。
コンテンツはサイト内容が優れているかどうか、ページランクはGoogle検索でサイト評価が高くて関連性のあるリンクを多く受けているサイトかどうかという指標だ。
僕は…

著者のオーソリティーで検索エンジンからアクセスを引き出すための考え方

Google検索はサイトの文章を誰が書いたのかを正確に読み取ろうとしているといわれる。
何よりも検索結果の品質を高めるためなんだけれども利用者に役立つ文章を膨大なサイトの中から選び出すのに著者を信頼性として加味したいわけなんだ。
今まではページランクが重要で、少しずつ著者に取って換えられるようになるらしいけど、優れたサイト/ページから関連性のあるリンクが多く付けられているほどにGoogle検索では有利に掲載されていた。
サイトのアクセスをGoogle検索から将来的に考えると著者を決して等閑にはできないのではないか。または著者をサイトのコンテンツの信頼性としてGoogle検索に理解して貰えるように取り計らうことがとても重要なはずだ。
真っ先に疑問なのは著者のイメージはどこで掴まれるか
一般社会では肩書きとか免許なんて持っていると人々に大丈夫だと思われ易い。それはしかしインターネットには通用しないので…

Googleに学ぶリンクのnofollowの使い方

Bloggerのページをウェブで作成しようとしてリンクを使おうと記入欄の上に並んだスイッチを押したらhtmlでnofollowを付けるかどうかも選択することができた。
Google検索でサイトが検索結果に出易くなるかどうかはサイト評価に基づいて判断されていてサイト評価を上げる要素はコンテンツの品質が最も重要だけれども他にも幾つもあって一つにはページランクと呼ばれものが含まれている。外部サイト、または内部のページからリンクを貰っていてそこのサイト評価が高くて関連性が深いほどに自分のサイト、または内部のページのサイト評価も上がって来るという。
ただしページランクには注意点も多くて漠然とリンクが増やされたところでペナルティーを食らって反対にサイト評価をがたがに落としてしまって最悪の場合には検索結果そのものから弾かれてGoogle検索からは誰も来なくさせられてしまうんだ。
ペナルティーとしては公序良俗…