スキップしてメイン コンテンツに移動

ロシア人の親日YouTubeチャンネルの発見

外国人の親日YouTubeチャンネルは日本人として逆に教えられることがあるのが特に面白い。観ると次々と関連したチャンネルが表示されるけれども気付いたのはロシア人がやっているのが目立つ。

昨今はヴイログ/Vlogといってブログのように気軽に撮られた動画が増えていてそんな親しみ易い内容のロシア人の親日YouTubeチャンネルが興味深いと感じる。

ロシアには日本の車や電化製品や漫画/アニメなどを通じて好印象を抱いて親日家になる人が多いとされる。こうしたことは他の国でもあり得なくはないけれどもロシア人の動画から初めて知ったのは日本語がロシア人には美しく聞こえるらしい。他の国の人から知ることはなかった。だからロシア人は人間として日本人に特別な感情を抱いたり、日本語を含めて日本への愛着が国民的に強くなるのかも知れないと想像される。親日YouTubeチャンネルを観ても思いが深くて心が親身に伝わるようだ。

発見チャンネル①あしや

アシヤが満開の桜の前で友達と微笑んでいる
2021年桜満開!秩父市羊山公園で花見!道産子&露産子コンビで桜のリンボーダンス!みそポテトを食べたらポテくまくんに!?|あしや

アシヤ(Ashiya)

和やかさが広がって包み込まれるように落ち着いて観られるのが嬉しいチャンネルだ。しかし様々な気持ちが色々な動画にしっかりと反映しているようで、YouTuberとしての表現力も凄いと感心させられる。本人の自然体の魅力が存分に打ち出されて素晴らしく良い。

発見チャンネル②安涼奈 /Alyona

アリョーナが屋台でラーメンを食べている
【福岡】外国人女性が屋台で博多ラーメンを食べてみた結果。|安涼奈 /Alyona

アリョーナ(Alyona)

日本への憧れからやって来て日本の大学も卒業した相当な親日家のチャンネルだ。旅行の動画が特徴的だけれども感受性の鋭さから日本の捉え方が普通よりも進んでいるようだ。個人的に親日YouTubeチャンネルとして引き付ける度合いが高いと受け留めている。

発見チャンネル③Lanaの晩酌【ロシア人の飲み歩き】

ラナが居酒屋で友達と笑っている

ラナ(Lana)

酒を飲みながらやるのがざっくばらんで、ユニークなチャンネルだ。本人は必ずしも日本に興味が多くあったわけではないけれども来てみたら何年も住み着いてしまったらしい。気儘なキャラクターが本音を包み隠さず、楽しく観られる動画に繋がっていると思う。

発見チャンネル④ナスチャンネル

ナスチャが城の前で微笑んでいる

ナスチャ(Nastya)

日本の歴史から入って人や文化を幅広く理解しようと努めるチャンネルだ。気持ちが通じ合うようなとても馴染み易い印象を与える。驚くけれども戦国武将の話などは日本人でもきっと多くは知らないくらい精通しているし、本当に面白い。日本の良さを核心的に捉える。

発見チャンネル⑤AliciaFord

アリシアが暗闇の中で振り向いている
日本語デビュー!美しい日本語は世界一難しい言語だ!|AliciaFord

アリシア(Alicia)

日本で歌手になる夢を叶えたという日本への共感に満ち溢れたチャンネルだ。ひょっとしたら日本人よりも日本人らしいと認めるほどの精神性を受け取る。人と自然を取り巻く世界への情深さみたいな特有の考え方や生き方を思い越させてくれるのが非常に素敵だ。

僕にとってロシアの思い出は児童期に近所のパン屋で売っていたピロシキを物凄く気に入って毎日のように買って食べていたことが最も大きい。当たり前に感じたけれども実際は珍しかったみたいで、以降、ピロシキを置いている店が全くないのをいつも寂しいと感じるんだ。

一般的にいうと日本人のロシアへの気持ちは北方領土を持ち去られた悲しみが大きいかも知れない。第二次世界大戦を巡るソビエト連邦の時代のことだから必ずしも崩壊後の今のロシアと結び付けられない。直ちに返還されるわけでもないから複雑な感情を抱かざるを得ない部分は否定できないけど、しかしロシア人の日本への気持ちはそれとは正反対とも過言ではなかった。

少なくとも心から日本に惹かれるロシア人の親日YouTubeチャンネルを観るかぎり、北方領土のような一面だけでイメージを持つのは良くないと痛感させられるし、友好的な付き合いの可能性を固定観念で最初から捨て去ってしまう生活は差別でしかないので、是非とも避けたいと望む。

コメント

些細な日常の人気の投稿

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ

偶に始まらなかったり、途中で止まったりもしていたPlayストアでのAndroidアプリのダウンロードは安定して来ていると思うし、喜ばしいかぎりの昨今だけれども速度自体はいつも同じではないから何だろうと訝られる。 余りに遅過ぎるわけではないし、お手上げとまでは行かないにせよ、非...

東京都江戸川区女子高生殺人事件の青木正裕は生活設計の成り立たない借金に苦しみながら気持ちが死んでいた

イメージ

テレビで東京都江戸川区女子高生殺人事件の裁判のニュースを観た。女子高生が興味本意で首を絞められて殺害されたという内容だった。知って相当に気がかりな感じがした。 犯人の青木正裕は 極貧状態のどうしようもない生活 だった。もはや死ななければならないから自殺するよりも他殺して裁判で...