スキップしてメイン コンテンツに移動
ラベル(Twitter)が付いた投稿を表示しています すべて表示

BloggerのTwitterカードの手早い表示方法

イメージ

Twitter にサイトのURLを投稿した場合にタイトルや説明文や画像などが自動的に追加される Twitterカード はサイトの設定が必要で、以前、 一般的な方法 と Blogger用の方法 を取り上げたんだ。 Bloggerについては公式テーマならば初期値のOPG設定( Facebook でのURL投稿のカード表示)と結び付けるのがTwitterカードを表示するための簡単な仕方なんだけれども最近はブログのソースコードに一行を追加するだけでも大丈夫に変わったから改めて取り上げておきたい。 以前は画像なしのページがエラーで止まってしまうために一行を追加するだけという手早い表示方法は可能でもちょっと使い辛かったんだ。 BloggerのTwitterカードの一行追加の手順 ブログのソースコードの編集 Twitterカードの実装の検証 ブログのソースコードの編集 テーマ via Blogger Bloggerのウェブの管理…

金持ち貧乏の前澤友作を憐れんだ江原啓之を笑った堀江貴文を認めた気持ち良さ

イメージ

僕は社会を変えるというか、日本の長引く不況の歴史を刷新するには有効な手立てだと考えて喜ばしく参加した 前澤友作のTwitter での 月に行くならお年玉の一人百万円で百人分の総額一億円プレゼント だったけれども巷では反対意見も実際は多かった。旧来の金銭のバラ蒔きは良くないという見方が根強く受け入れられているようで、すると人間から勤労意欲を奪い去って怠惰な生活を余儀なくさせて人数が多ければ社会全体を破滅へ導くのを危惧してしまうわけだ。 自分一人の力で稼いだわけじゃないんだから、お金はケチらず貯金せずどんどん使って社会に回す方がいい。買い物でも寄付でもお年玉でも税金でも。お金持ちの役割。 Yusaku Maezawa (MZ) 前澤友作  via Twitter 前澤友作は総額一億円プレゼントが終了した後に世の中の賛否両論を踏まえて本音を述べていた。驚くのは「お金はケチらず貯金せずどんどん使って社会に…

前澤友作が月に行くならお年玉のツイートでリツイート数の世界一を達成

イメージ

ZOZOTOWN の社長の 前澤友作 が自分のTwitterアカウントから総額一億円の百万円が百名に当たるプレゼントという 月に行くならお年玉のツイート を行ってリツイート数の世界一を達成したのが驚いた。 ZOZOTOWN新春セールが史上最速で取扱高100億円を先ほど突破!! by Yusaku Maezawa (MZ) 前澤友作 via Twitter かねてアメリカの高校生の Carter Wilkerson の「 HELP ME PLEASE. A MAN NEEDS HIS NUGGS 」(助けておくれ。彼のナゲットが欲しいんだ)が三百五十五万回でリツイート数の世界記録を持っていた(一年分の無料のチキンナゲットを千百万回のリツイートで貰えると友達からいわれて実現しようと去年の春から依然として継続中)らしいけれども前澤友作の月に行くならお年玉のツイートが開始から三十四時間程で上回って結果的にプレゼント…

死に損いブロガー:ブログのアクセスが落ち込み続けてやる気がなくなっても

イメージ

今年の夏、八月にGoogle検索からブログのアクセスが、約一年半前の開設( 有料の独自ドメインに変更した のは半年程前)以来、最高に伸びて一日三百人も見えて来てとても喜んでいたのに翌月からかつてないくらいアクセスが落ちて翌々月もさらに酷くなって今月は一日百人を得るのもやっとで、やる気がなくなって記事を作成して更新するのが物凄く大変になってしまっている。 検索パフォーマンス via Search Console Googleの検索アルゴリズムがたぶん大きく変わったのかも知れないけれどもアクセスアップのためにブログのSEO(検索エンジン最適化)対策を色々と幾つも試してもどうにもならずに二ヵ月以上を苦しみ続けている。 ラベルページの検索避け を外してインデックス可能にしたり、 構造化データにキーワードの項目 を追加したり、 日付のリンクをアーカイブにして 記事ページへの内部リンクを調節したり、何れもSEO対策…

ソーシャルメディアでのサイトの宣伝効果はアクセス解析のリファラー/参照元のURLで分かる

イメージ

サイトのアクセスアップのためにソーシャルメディアへリンク付きの投稿を行う。 Social media by FirmBee [ CC0 ], via Pixabay 実際にどのくらい人が来るかはアクセス解析( Googleアナリティクス など)のリファラー/参照元にソーシャルメディアのURLが表示されるかどうか、そして表示されれば数によって投稿のリンクが、何回、押されて使われたかが分かる。 自分で行わず、他の誰かがサイトを共有した場合でも同じで、ソーシャルメディアでの宣伝効果がアクセス解析のリファラー/参照元には反映している。 主なソーシャルメディアのリファラー/参照元 Facebook /フェイスブック facebook.com(デスクトップ) m.facebook.com(モバイル) l.facebook.com(Link Shimのデスクトップ) lm.facebook.com(Link Shimのモバイル) …

はてなブックマークは被リンク/ページランクのSEO効果は高いから投稿しよう

イメージ

Bloggerの無料のブログサービスとしての特徴:成り立ちと使用感と二つの利点など

イメージ

無料ブログというか、ホームページを含めてもBloggerでのサイト運営が最も気に入っている。 Bloggerの成り立ちは Twitter と結び付く Bloggerは世界で最も利用者の多いブログサービスの一つだけれども元々はTwitterの創業者の一人の エヴァン・ウィリアムズ がパイララボで開発したらしい。ブログやブロガーという言葉もBloggerから専ら来ているようで、だからそのままの名前が付いている(Blogger/ブロガー)のもコンセプトがオリジナルのせいだとも過言ではなかったんだ。考えると格好良いし、Bloggerはかつてホームページだけしかなかったインターネットに新たな地平を切り拓いていた。アイデアが画期的で、素晴らしいと感動を覚える。 1999年に始まって人々に大きく広まった2003年に Google にパイララボは買収されたんだ。以降、Bloggerはブログサービスとして現在に至るまでGo…

日本的な潔さを気に入る若者の世の中の不正や矛盾に納得しない考え方は大切だ

イメージ

若者たちがFacebookよりもTwitterを多く始めるというソーシャルメディアの利用者数の変化について

イメージ

僕は Twitter をやって Facebook をやらないので、近年の特に日本の若者たちが似通って来ているのが面白いと思った。 「現在利用しているSNSサービスや動画サイト」について質問したところ、「LINE」の利用率が98.2%、「Twitter」の利用率が81.5%と前回調査に続き高い比率を維持しており、定番のサービスとして定着している状況が浮かび上がった。 また、「Instagram」の利用率は対前年5ポイント増の33.2%と拡大傾向が続いているほか、手軽に画像の加工などができる「SNOW」の利用率は28.2%と、新しいサービスながら「Facebook」の16.2%を上回った。 大学生のフェイスブック離れ進む 女子の約6割が「インスタグラム」「SNOW」利用【東京工科大学調査】 via MarkeZine ソーシャルメディアの利用者はFacebookが全世界でずば抜けて多いからTwitterに追…

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ

TwitterのGoogle検索へのSEO効果は良いよ

イメージ

Twitter にブログのリンク付きのツイートを行うとGoogle検索からのアクセスが伸びる。風が吹けば桶屋が儲かるみたいで、良い意味ならば本当に有り難いし、ブロガーにとっては嬉しいかぎりの状況が訪れている。 Google検索からブログのアクセスが伸びるのはブログのサイト評価が上がっているせいだ。検索エンジンの利用者のキーワードに相応しいコンテンツとして記事があると判断されて検索結果で紹介され易くなる。 ツイートが好影響を与えるとするとなぜかを知っておきたくなる。闇雲に行うよりもブログの検索エンジンでのサイト評価を上げられるようになるはずだ。 TwitterのSEO(検索エンジン最適化)効果 といって良い。検索エンジンにサイト内容をしっかり伝えられればサイト評価はコンテンツの品質に相応しく得られる。 Google検索で個人的に難しいと思うのはページランクで、外部サイトからのリンクが重視されるために…

Twitterアナリティクスで分かる人々の注目

イメージ

Twitterにアカウントのツイートのインプレッション/アクセス解析が付いていて Twitterアナリティクス という。ツイートにグラフのアイコンで付いていたりもするから全く知らないわけではなかった。インプレッションの他にもエンゲージメント/ツイートへのアクションが幾つも出て来る。Twitterアナリティクスのサイトからだとアカウントの全体の動向が掴み易くてメニューの「ツイート」で所定の期間内の記事の一覧が、さらに記事毎に「ツイートアクティビティを表示」で詳細が確認できる。 Twitterアナリティクスの表示データ インプレッション フォロワー リンクのクリック数 リツイート いいね 返信 プロフィールのクリック数 ハッシュタグのクリック数 詳細のクリック数 メディアの再生数 使わない手はないと思うし、取り分けアクセス解析でどんなツイートに人々の注目が向けられているかを知りたくなる。サイトのアクセスアップのために取…

BloggerでTwitterカードを使用する方法

イメージ

2017年からBloggerブログにはOGP設定の基本項目/URLとサイト名と説明文と画像の全てが自動で挿入されるように変わった。なので Twitterカードのサイトへの一般的な導入 と同じように、最低限、カードタイプをHTML編集のhead内に記載して Twitter の 検証ツール に合格すれば Twitterカード を使用できる。 <meta content=' カードタイプ ' name='twitter:card'/> 最も簡単な方法ではTwitterのカードタイプのソースコードを追加するだけで済んでしまう。 追記:Twitterカードの仕様が変わり、 簡単でもっと便利な方法 が取れるようになった。 基本項目を表示する場合のカードタイプは「summary」(サムネイル付き)か、「summary_large_image」(大きな画像付き)かのどちらかだろう。 <m…

北川景子のInstagramが偽物で削除されて

イメージ

ブログを移転していて DAIGOと北川景子の結婚式の記事 を改めてチェックしたら異変に気付いた。写真が表示されなかったという。北川景子のInstagramから埋め込んでいたから咄嗟にリンク先を見に行ってみると削除されていた。調べるとアカウントが偽物だったらしい。 北川景子 はブログしかやってなかったんだ。 参った。写真に合わせて文章を載せたから完全にバランスが崩れてしまった。試行錯誤の結果、写真の代わりに描写を「白いタキシードと白いウェディングドレス」と言葉で載せたらイメージが逆に良くなったので、笑ってしまったよ、本当に。 諸々の部分がブログの記事の全体に合っているかどうかかが問われるし、完成度に響く。狂いないほどに作品として魅力的に仕上げられそうだ。自己表現の本質からは間違いない。皆にもきっと分かり得る。 なので気付いた、自信を持つべきだと、つまり作家・詩人として。 サイトのアクセスアップに写真や動画…

黄色で運気上昇を認めた福徳の霊能力

イメージ

美輪明宏の 占いのTwitter で、リツイートすると幸運が訪れるといわれていてテレビの オーラの泉 に出演していた時分は良く観ていたし、如何にも超人的なパワーを持ってそうだから本当だったらというか、人生が幾らかでも上向きになれば有り難いし、良いし、もう何もいうことはないみたいな感じで、手を伸ばしたくなった。 Twitter だけではなくて共有すれば結果は同じだろうからさらに幸運が訪れる機会が増えれば効果的ではないかと麗人だよりのTwitterを載せられる他のソーシャルメディアで、Google+(サービス終了)、 Tumblr 、 はてなブックマーク でもやってみながら締めにというか、夢見るアクセスアップの大本命として上向きな人生そのものだけれども 天職の作家活動の中心とも考え出した ブログの些細な日常でもやっておかなくてはならない気持ちは間違いないし、外すわけには行かないと強く感じた。 お給料とはガマン料なので…

Twitterカードのサイトへの一般的な導入について

イメージ

Twitter にブログの記事を共有しても何も取り込まれなくて普通のツイートと全く同じになってしまうので、他のサイトではできているにも拘わらず、一体、なぜなのかと調べてみると Twitterカード が設置してないとコンテンツがツイートに反映しないためだった。 やってみるとツイートにサイトのURLを入力するだけでタイトルや説明文や画像が直ぐに取り込まれてリッチに反映するから物凄く便利だと感心した。 サイトに専用のmetaタグを記載して 検証ツール でOKが出るとTwitterカードが実際に使えるようになる。専用のmetaタグが適切か、またはrobots.txtでTwitterのクローラーが除外されてなければサイトのコンテンツがURLを入力するだけでツイートに反映して来る。 Getting Started Guide によるとTwitterのmetaタグが幾つかあって常に欠かせないのは「twitter:car…

アクセスアップへTwitter頼みの自己表現

イメージ

数えると三回目の登録になるけれども Twitter を開始した。やってやって気付いたのはGoogle+と内容的に被るから辛い。アクセスアップを考えればTwitterほどに人の流れの良いソーシャルメディアはないからGoogle+と比べなくても真っ先に取り組めば手早いはずだった。 サイトのGoogle検索からのアクセスアップのためにはサイト評価が重要だし、BloggerやYouTubeなどと連携したGoogle+(サービス終了)が有利だと思って止められないでいる。 しかし時間がかかって仕様がない。何もかも間違っていると不安な日々を送らざるを得なくもなる。一刻も早く大勢の人にホームページやブログを知って貰いたい気持ちではTwitter頼みしかない。 #元旦 から #Twitter を始めることにした。良いことがありそうではないか。生活が #苦しい から何とかなって欲しいと願わずにはいられない。 — 結城永…