ラベル(作家)が付いた投稿を表示しています すべて表示

ラドヤード・キップリングの最初の手紙はどのように書かれたかの日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の 最初の手紙はどのように書かれたか の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの 最初の手紙はどのように書かれたか の原文と朗読 How the First Letter was Written by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの 最初の手紙はどのように書かれたか 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( カラ・シャレンバーグ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 ラドヤード・キップリングの 最初の手紙はどのように書かれたか の日本語の訳文 Girl writing a letter by Mitrey / CC0 昔々の最も早く、新石器時代の人がいた。ジュート人でもアングル人でもなく、ド…

ラドヤード・キップリングのアルマジロの始まりの日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の アルマジロの始まり の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの アルマジロの始まり の原文と朗読 The Beginning of the Armadillos by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの アルマジロの始まり 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( カラ・シャレンバーグ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 ラドヤード・キップリングの アルマジロの始まり の日本語の訳文 Brazilian three-banded armadillo by MAURILBERT / CC BY-SA これは、おぉ、諸賢、遥か遠い昔の又別の物語だ。その昔の真っ最中にツクンチクンの針鼠がいて殻付…

ラドヤード・キップリングのカンガルーおじさんの詩文の日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の カンガルーおじさんの詩文 の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの カンガルーおじさんの詩文 の原文と朗読 The Sing-Song of Old Man Kangaroo by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの カンガルーおじさんの詩文 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( カラ・シャレンバーグ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 ラドヤード・キップリングの カンガルーおじさんの詩文 の日本語の訳文 Kangaroo in Flight by Chris Samuel / CC BY カンガルーは今の私たちが目にするようではいつもなかったが、四つの短い脚を持つ異なる動物だった。…

ラドヤード・キップリングの象の子供の日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の 象の子供 の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの 象の子供 の原文と朗読 The Elephant's Child by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの 象の子供 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( カラ・シャレンバーグ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 ラドヤード・キップリングの 象の子供 の日本語の訳文 Baby elephant by MicroActivist / CC0 古の良い時代に象は、おぉ、諸賢、長鼻を持たなかった。黒っぽく、左右にくねらせられるブーツくらいの大きさに膨らんだ鼻だけ持っていた;しかしものを摘まみ上げることはできなかった。しかし一頭の象…

ラドヤード・キップリングの豹はどのように斑点を得たかの日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の 豹はどのように斑点を得たか の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの 豹はどのように斑点を得たか の原文と朗読 How the Leopard Got His Spots by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの 豹はどのように斑点を得たか 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( カラ・シャレンバーグ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 ラドヤード・キップリングの 豹はどのように斑点を得たか の日本語の訳文 Leopard by designerpoint / CC0 皆が定期市を始めた頃、諸賢、豹がハイヴェルトと呼ばれる場所に暮らしていた。ローヴェルトやブッシュヴェルトやサワーヴェル…

ラドヤード・キップリングの犀はどのように皮を得たかの日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の 犀はどのように皮を得たか の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの 犀はどのように皮を得たか の原文と朗読 How the Rhinoceros Got His Skin by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの 犀はどのように皮を得たか 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( カラ・シャレンバーグ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 ラドヤード・キップリングの 犀はどのように皮を得たか の日本語の訳文 White rhinoceros by Bernard Spragg. NZ / CC0 昔々、紅海の沿岸の無人島に太陽の光が東洋を越える素晴らしさを反映した帽子を被るパーシ人が暮らし…

ラドヤード・キップリングの鯨はどのように喉を得たかの日本語訳

イメージ

イギリスの作家、小説家で詩人の ラドヤード・キップリング の童話集 その通り物語 (1902)の収録作品の 鯨はどのように喉を得たか の日本語訳を行った。 ラドヤード・キップリングの 鯨はどのように喉を得たか の原文と朗読 How the Whale Got His Throat by Rudyard Kipling/ラドヤード・キップリングの 鯨はどのように喉を得たか 原文: Wikisource ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( カラ・シャレンバーグ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 ラドヤード・キップリングの 鯨はどのように喉を得たか の日本語の訳文 Whale by Christopher Michel / CC BY 海に、昔々、おぉ、諸賢よ、鯨がいて魚を食べた。人手とガーフィッシュや蟹と真子鰈やヨーロッパ角鰈とデイスや雁木鱝と自分の…

L・フランク・ボームのアメリカのお伽噺の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアメリカの作家、小説家で戯曲家の L・フランク・ボーム の童話集の アメリカのお伽噺 (1901)の日本語訳を行った。子供向けの小説、児童文学だけれども分かり易くて機知に溢れた内容だから大人が読んでも面白いし、比較的に平易な言葉遣いなのは外国語の英語の特に初学者の教材に相応しい。 作品の出典 L. Frank Baum from Miscellaneous Items in High Demand, PPOC, Library of Congress / Public domain American Fairly Tales by L. Frank Baum/L・フランク・ボームの アメリカのお伽噺 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( マシュー・リース ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に…

L・フランク・ボームの官吏と蝶の日本語訳

イメージ

アメリカの作家、小説家で戯曲家の L・フランク・ボーム の童話集 アメリカのお伽噺 (1901)の収録作品の 官吏と蝶 の日本語訳を行った。 作品の出典 The Mandarin and The Butterfly by L. Frank Baum/L・フランク・ボームの 官吏と蝶 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( マシュー・リース ) ※一部に誤字があってbarefooted newboy→barefooted newsboy、every newboy→every newsboyが正しいようだ。 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 Colorful butterfly by GDJ / CC0 官吏がかつてクァンホーに皆から嫌われるくらい過度に腹を立て易く、不愉快に暮らしていた。会う人…

アーネスト・ヘミングウェイの父さんの日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアメリカの作家、小説家で詩人の アーネスト・ヘミングウェイ の小説の 父さん (1923)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 アーネスト・ヘミングウェイの 父さん の原文と朗読 Ernest Hemingway from National Archives and Records Administration / Public domain My Old Man by Ernest Hemingway/アーネスト・ヘミングウェイの 父さん 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( ケヴィンズ ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 アーネスト・ヘミングウ…

L・フランク・ボームの北極熊の王の日本語訳

イメージ

アメリカの作家、小説家で戯曲家の L・フランク・ボーム の童話集 アメリカのお伽噺 (1901)の収録作品の 北極熊の王 の日本語訳を行った。 作品の出典 The King of the Polar Bears by L. Frank Baum/L・フランク・ボームの 北極熊の王 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( マシュー・リース ) ※一部に誤字があってdropped then→dropped themが正しいようだ。 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 A polar bear walks on the Arctic Ocean ice by Patrick Kelley, U.S. Coast Guard / Public domain 北極熊の王が遠い北国の氷山の中に暮らしていた…

シェーマス・オケリーの才覚者の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアイルランドの作家、小説家で詩人の シェーマス・オケリー の小説の 才覚者 (1919)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 作品の出典 Seumas O'Kelly by Unknown / Public domain The Man with the Gift by Seumas O'Kelly/シェーマス・オケリーの 才覚者 原文: HathiTrust Digital Library ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( M・カニンアム ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 A barque sailing on a moonlit night by e…

L・フランク・ボームの生きたマネキンの日本語訳

イメージ

アメリカの作家、小説家で戯曲家の L・フランク・ボーム の童話集 アメリカのお伽噺 (1901)の収録作品の 生きたマネキン の日本語訳を行った。 作品の出典 The Dummy That Lived by L. Frank Baum/L・フランク・ボームの 生きたマネキン 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( マシュー・リース ) ※一部に誤字があってmoral eyes→mortal eyes、thn hold→the holeが正しいようだ。 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 Woman looking at shop window by George Bakos on Unsplash どんなお伽噺の国にも黄色いリルのタンコ=マンキー以上に悪戯好きの住民はいない。彼は、ある午後、町…

キャサリン・タイナン・ヒンクソンの一人者の日本語訳

イメージ

十九から二十世紀のアイルランドの作家、小説家で詩人の キャサリン・タイナン・ヒンクソン の小説の 一人者 (1896)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。 作品の出典 Katharine Tynan Hinkson by Unknown / Public domain A Solitary by Katharine Tynan Hinkson/キャサリン・タイナン・ヒンクソンの 一人者 原文: Project Gutenberg ( 作品集 ) 朗読: LibriVox ( デイヴ・ガレスピー ) 両方とも パブリックドメイン (著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。 日本語の訳文 The Liffey at dusk by seanegriffin /…