スキップしてメイン コンテンツに移動

Googleが認識する構造化データに含まれるから「rel="me"」にはSEO効果があるかも知れない

所有サイトが複数の場合に他の所有サイトのホームページやブログやソーシャルメディアを指定するhtmlのマークアップに「rel="me"」が使えるんだ。

三つの「rel="me"」の記述法

head内にlinkタグで指定する
<link href="所有する外部サイトのURL" rel="me">
body内にaタグで指定する
<a href="所有する外部サイトのURL" rel="me">
body内にareaタグで指定する
<area href="所有する外部サイトのURL" rel="me">

実際にリンクを貼るならばbody内のaタグやareaタグに「rel="me"」を追加する。リンクを貼らずにサイトに設定するだけならば「rel="me"」のためのlinkタグをhead内に置いておく 。二つの記述法のどちらか一つか、または両方を併せて使っても大丈夫なんだ。

サイトのデザインは全く変わらないし、完全に機械向けのすなわちセマンティックなマークアップになっている。

気になるのは検索エンジンの処理だ

Google検索から所有サイトのアクセスアップを考えるとサイト評価を上げなくてはならない。一つの要因として著者のオーソリティーを踏まえるとインターネットでどんな活動を行っているかが他の所有サイトを含めて重視される。

なので「rel="me"」を使うと他の所有サイトのコンテンツが検索エンジンに分かるようになってサイト評価を高めて検索エンジンからのアクセスアップに役立つと推測される。

一言ではSEO(検索エンジン最適化)効果を持っていると嬉しいと感じる。

良く分からないけれどもGoogleの関係者は「rel="me"」を使っても検索エンジンからのアクセスアップに意味がないように発言しているんだ。

そこのグーグラーたち(@dannysullivan & @JohnMu)へ質問: Googleの検索アルゴリズムは何等かの仕方で rel="me" の使用を推奨して/か、考慮しているか? どんな入力でも多大に感謝する。ありがとう! :)

してないこそ私の知るところだ。

だから基本的に要らないし、SEO効果はないだろう。しかしGoogle検索にかぎっては「rel="me"」をちゃんと検索されているんだ。ブログでサイトバーの他の所有サイトを紹介するウェブサイトやソーシャルメディアのリンクに使ってみたらSearch Consoleの検索での見え方の構造化データに表示されるようになった。

Search Consoleの構造化データに表示された些細な日常の記事の「rel="me"」の項目
構造化データ via Search Console

現状、構造化データはサイト評価に直結するかどうかは判然としなくて検索結果での表示を利用者の注目を集めるように変えたり、かりにSEO効果を持つとしても最初のサイト解析の補助的な役割しかないらしい。

されど検索エンジンからのアクセスアップに僅かでも好影響を与えるのはきっと間違いないので、所有サイトのSearch Consoleで「rel="me"」が検出されて表示されるならば有り難いというか、Google検索でサイト評価を上げるために全く役立たないわけではない事実を示しているはずだし、使って嬉しいマークアップだと認める。

グーグラーの一人、Googleの関係者のジョン・ミューラー(シニアウェブマスタートレンドアナリスト)が「rel="me"」は無意味でしかないらしく告げるのも直接的な仕方ではSEO効果がないせいなのかも知れない。

所有サイトから他の所有サイトを「rel="me"」で指定すればサイト評価が確実に上がるわけではない。

ただしGoogleが認識するかぎりは著者のオーソリティーなどの間接的な仕方でサイト評価に結び付けられる可能性は否定できないので、諸々の要因から総合的に判断されてSEO効果を発揮するのを期待しながら使いたくなる。

プロフィールの「rel="author"」にも追加する

html5ではサイトの作者名:プロフィールをlinkタグやaタグの「rel="author"」で指定するのが推奨されている(リンクタイプ "author")。

Search Consoleの構造化データでも「link-type-author」として検出されるし、SEO効果はあるかも知れないので、使いたいと思う。

記述法はhead内のlinkタグやbody内のaタグやareaタグに「rel="author"」を追加するけど、hrefで参照するURLはサイト内に作成したプロフィールページだけではなくてソーシャルメディアのGoogle+のプロフィールなどの外部サイトでも構わないので、他の所有サイトを指定するために「rel="me"」を使う場合は「rel="author"」にも追加して一緒に記載するのが望ましい。

二つ合わせると半角スペースで区切って「rel="author me"」という形になる。

サイトの「rel="me"」は作者が関連する外部サイトに、そして作者のプロフィールには内部サイトでも外部サイトでも「rel="author"」を使って作者のプロフィールが外部サイトの場合には「rel="me"」を追加するとマークアップは正確だし、検索エンジンもサイト解析で混乱しないはずだから何れもSEO効果があるかぎりは速やかに得られ易いと考える。

コメント

些細な日常の人気の投稿

アドセンスの支払い日は翌月二十一日前後だけれども保留されると送金されない

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法