Dropboxで直リンクのURLを取得する方法

自分の写真結城永人 -

クラウドストレージのDropboxはサイトで自由にコンテンツを表示できる直リンクのURLをあらゆるファイル形式で取得することができる。

Dropboxの共有リンクのURL

直リンクをURLを取得するには共有リンクが有効になってなくてはならない。

DropboxのRingtoneのフォルダで右下にメニューが開かれている
Ringtone|Dropbox

ファイルのメニューの「リンクをコピー」から共有リンクを取得できる。

DropBoxの共有リンクのURLの例

https://www.dropbox.com/s/gmgraajvzjninyg/Ringtone-Original%2014.ogg?dl=0

ドメインの「www.dropbox.com」から共有リンクのコードとファイル名が半角スラッシュ(/)に区切られて続いて最後にパラメーターの「?dl=0」が付く。

アクセスするとDropboxのファイルのプレビューになる。

パラメーターの「dl」はDownload(ダウンロード)で、値を「1」にするとデバイスにダウンロードするようになる。

Dropboxの通常の直リンクのURL

共有リンクのURLの末尾のパラメーターを「?raw=1」に変更する。

DropBoxの通常の直リンクのURLの例

https://www.dropbox.com/s/gmgraajvzjninyg/Ringtone-Original%2014.ogg?raw=1

するとファイルがブラウザでレンダリングされるものとなり、サイトにHTMLタグで使うとコンテンツとして掲載することができる。

Ringtone: Original 14|Dropbox

画像でも動画でも音声でも何でもやれるのが素晴らしく便利だ。

DropboxのCORSの直リンクのURL

ファイルの直リンクをCORS(Cross-Origin Resource Sharing/オリジン間リソース共有)でも取得することができる。

共有リンクのドメインを「dl.dropboxusercontent.com」に変更して末尾のパラメーターを外す。

DropBoxのCORSの直リンクのURLの例

https://dl.dropboxusercontent.com/s/gmgraajvzjninyg/Ringtone-Original%2014.ogg

例えばCSSの@font-faceのWebフォントなどのCORSが必要なデータのアクセスを確保できる。

CORSでプログラムを介して外部サイトのデータを使うことは危険を伴う恐れがあってDropboxではそうした直リンクは公式に使用されるもの(Dropbox が公式に使用するドメインについて)に含まれるけれども推奨されないらしくて何かが起きてもサポートを受けられないと聞くから慎重に行うべきだ。

Dropboxの共有リンクの帯域幅の制限

Dropboxの共有リンクは直リンクも同様に帯域幅の制限を越えると無効になる。

アカウント毎の一日当たりの帯域幅とダウンロード数

Basic(無料)
帯域幅:20GB/ダウンロード数:10万回
Plus・Family・Professional
帯域幅:400GB/ダウンロード数:無制限
Dropbox Business Standard
帯域幅:1TB/ダウンロード数:無制限
Dropbox Business AdvancedとEnterprise
帯域幅:4TB/ダウンロード数:無制限

出典:「無効リンク:共有リンクまたはファイル リクエストが機能しない」エラーを解決する

帯域幅の計算は例えばBasicアカウントで100KBの画像ならばそれで上限の20GB(20000MB/200000000KB)を割って一日に、20万回、閲覧、またはダウンロードできる。

無料版はダウンロード数も制限される。

Dropboxの共有リンクは帯域幅の上限を越えると無効になるから注意しなくてはならない。

参考:共有リンクのダウンロードまたはレンダリングを強制する

コメント