スキップしてメイン コンテンツに移動

中国人がドルチェ&ガッバーナから人種差別を受けた怒りに不買運動を起こした

ファッションブランドのドルチェ&ガッバーナが中国の上海で行われる予定だったファッションショーのために公開した広告動画が中国人を侮辱する内容だった。

設計師嗆中國是屎國!Dolce & Gabbana「起筷吃飯」影片引爭議 via 獨漏片段

中国伝統の箸でイタリア――ドルチェ&ガッバーナの国――伝統のピザのマルゲリータやカンノーリ(イタリアのシチリア島のペイストリー菓子)やパスタのスパゲッティを食べるという発想自体は友好的だから必ずしも悪くなかったかも知れないけど、ところが箸を棒切れと文化的に酷く矮小化して捉えたり、使い方が分からない中国人の姿が馬鹿にしたように見受けられたりして直ぐに問題視され始めた。この時点ではまだ大きな騒動にはならなかったんだ、しかし。結果的に中国全土のドルチェ&ガッバーナへの不買運動に繋がるというソーシャルメディアでの炎上事件の火種が少しずつ現れ始めたところで、ドルチェ&ガッバーナは警戒して当の広告動画の中国のウェイボーで公開された分を削除したけど、モデルのミカエラ・フォン・タン・トラノヴァが中国人を侮辱する内容はどういうわけなのかの真意というか、皆のために作成して公開した意図をドルチェ&ガッバーナの創業者でデザイナーのステファノ・ガッバーナに改めて問い合わせたのが決定的な切欠になる。DMで受け取った回答が完全に差別に他ならないと分かって世の中に出したんだ。ファッション業界の盗作疑惑を追求するDIET PRADAがもう既にドルチェ&ガッバーナの中国人への差別があると自分たちの人気のソーシャルメディアのInstagram広告動画を取り上げていたけれども同じように取り上げて爆発的に広まった。

ステファノ個人のアカウントから送られたとみられる「China Ignorant Dirty Smelling Mafia(=中国は無知で汚い匂いがするマフィアだ)」「From now on in all the interview that I will do international I will say that the country of ~~~ is China(=今後のインタビューでは中国は〜排泄物の絵文字〜の国だと言う)」といった内容で、コメント欄には批判が殺到した。

インスタがハッキング?ショーは中止?ドルチェ&ガッバーナ中国関連の動画を発端に騒動 via FASHIONSNAP.COM

ステファノ・ガッバーナの中国への罵詈雑言が公開されてドルチェ&ガッバーナの広告動画も人種差別が確実視された

中国のソーシャルメディアの多くの利用者はこの動画は狭隘で人種差別主義でアジア女性への礼を欠いて公開されたものだとした。怒りはプラットホームを余りに急速に広まり捲ったためにドルチェ&ガッバーナは公開された二十四時間以内に動画の投稿を削除した(一見するとわざと悪趣味な宣伝活動を開始した人たちによって懸念された動きだった)。ところがそれは怒りの群集を全く落ち着かせはしなかった。ウェイボーでは「ボイコット、ドルチェ」が、一万八千回以上、 議論された。一部の利用者は謝罪の申し出を求めた――中国語と英語の両方で。

Is it Racist?: Dolce & Gabbana’s New Ad Campaign Sparks Uproar in China via Jing Daily(訳出)

ドルチェ&ガッバーナはウェイボーでステファノ・ガッバーナの罵詈雑言はInstagramのアカウントが乗っ取られためで、法的に対応して「我们对中国和中国文化始终一贯的热爱与尊重」(私たちの中国と中国の文化への愛と尊重は終始一貫している)と釈明して問題視される差別発言のやり取りも「Not Me」(私ではない)と拒絶した。

ドルチェ&ガッバーナの差別発言のやり取りへの「Not Me」(私ではない)という微博の投稿

しかし受け入れられず、中国人の怒りは一向に収まらなかった。ドルチェ&ガッバーナの洋服などを切り刻んだり、反対にパロディーでイタリア人が自国の伝統のナイフとフォークで他国の中国の伝統の三鮮大包子(サンセンダーパオズ/鶏肉と蟹などを入れた大きな肉まん)や银耳甜汤(チョンシーイーナーティエンタン/白木耳の甘いスープ)や牛肉拉麺(ニュウローラーミェン/牛肉入りの中華麺)を上手く食べられない動画:刀叉吃饭 秒对秒diss Dolce&Gabbana辱华视频(食用ナイフとフォークでドルチェ&ガッバーナの侮辱動画を秒に秒でディス)を作成して公開したりした。ボイコット/不買運動も出て来るし、この辺から人々の差別された屈辱と抵抗が全国的に甚だしく広まって行った。

ドルチェ&ガッバーナはInstagramTwitterブランドとしての謝罪や創設者でデザイナーのドメニコ・ドルチェとステファノ・ガッバーナの連名での謝罪なども掲載した。

ドメニコ・・ドルチェとステファノ・ガッバーナの人種差別の騒動への謝罪のTwitterの投稿

私たちは私たちの歴史と見方を伝える中国のための敬意の催し物を上海でやるのを夢見ていた。

簡素なファッションショーではなく、中国とドルチェ&ガッバーナを愛する世界中の全ての人々へ愛と情熱を込めて特別に創造する何かだった。

この度、起こったことは私たちにとってのみならず、このイベントを産み出すために、日夜、働く全ての人たちにとっても大変に不幸だった。

心の底から私たちは私たちの友達とゲストに感謝の念を表させて頂く。

ドメニコ・ドルチェとステファノ・ガッバーナ

予定されるドルチェ&ガッバーナの上海のファッションショー、当人たちは「敬意の催し物」(トリビュートイベント)というのを大々的に開催するために騒動を何とか収めようとしていたけど、ところが焼け石に水の事態というか、人々の怒りは一向に食い止められず、しかも招待された芸能人や出演するモデルが同調して続々とキャンセルを表明してしまって結果的に中止へと追い込まれるに至った。

ショーの招待者は五百見のランウェイイベントが前に進められないと知らされていた。ブランドは報道によれば地方当局によって発表会の中止を余儀なくされていたが、しかしこれはまだ個別に確認されなくてはならない。十五人以上の有名人客、チャン・ツィイー、リー・ビンビン、チェン・クン、ホアン・シャオミン、ドニー・イェンなどがイベントに参加する意思はないと表明し、ランウェイを歩く予定だったラッキー・ブルー・スミスやエステル・チェンのような国内外のモデルたちも加わった。

Dolce & Gabbana China Show Cancelled Amid Racism Outcry via BoF(訳出)

最初に俳優で歌手のチェン・クン(陳坤)が不参加を決意したらしい。会場へ飛行機で着いたのに直ぐに引き返した。 次いで何人ものセレブやモデルやインフルエンサーがドルチェ&ガッバーナに異を唱えた。特に俳優のディリラバ(迪麗熱巴)とアイドルグループのTFBOYSワン・ジュンカイ(王俊凱)が何れもドルチェ&ガッバーナのアンパサダー/イメージキャラクターを務めていたけれども契約解除にまで至って二度と取り引きを行わないとも所属事務所から声明を出したとされる。仕事よりも名誉を選ぶならば本当に本気の人権闘争だと実感させる。

人気女優ディリラバは今年2月、ドルチェ&ガッバーナのアンバサダーに就任していたが、21日に所属事務所が声明文で契約解除を表明した。しかし、もう1人のアンバサダーであるTFBOYSのワン・ジュンカイ(王俊凱)は、それより1時間早く態度を表明。反応が最も早かったのが、当日イベントに参加予定だった俳優チェン・クン(陳坤)で、正午に欠席を発表していたが、ディリラバの表明はそれより1時間半遅れてのことだった。

ドルチェ&ガッバーナへの反発騒動、女優ディリラバの決意表明が遅すぎ?「愛国心の欠如」とネットで批判も via レコードチャイナ

中国国内でディリラバは愛国心が足りないと批判されもしたんだ。ドルチェ&ガッバーナのアンパサダーを辞めるのがワン・ジュンカイと比べて、一時間、遅れただけでも同国人への嫌らしさを完全には避けられなかった。これは中国人らしい捉え方というか、一つの国柄かも知れないけれども物事を論理的に損ねるのを簡単に許さない、すなわち面子を保つ気質が出ているようだから文化的に受け取ると面白い。論破される隙を僅かに与えても批判されざるを得ない状況が起きている。他の国では討論会などの特定の場面にかぎられていて一般的に少ないだろう。言葉の応酬、話し合いの盛んな調子が中国人の生活には浸透していると感じるんだ。

急激に不買運動が拡大して中国のインターネットでドルチェ&ガッバーナの商品が検索エンジンに表示されなくなっていたけど、国内の主要ECサイトのアリババJD.comセコーネットイース、ヨーロッパの大手EC企業のユークスネッテポルテグループの中国支社や中国版サイト、イタリアのECサイトのルイーザヴィアローマ、中国の老舗百貨店のレーンクロフォードの中国語圏の店舗やECサイトなどが立て続けに商品を削除したり、取り扱いを止める事態にも発展して買いたくても買えなくなってしまった。

ドルチェ&ガッバーナの売上は、2017年3月期も前年とほぼ同じ13億ユーロ(約1708億4900万円)だったので、その2〜4割にあたる1年あたり2.6億ユーロ(約340億円)から5.2億ユーロ(約680億円)ほどの額が、今回の炎上事件でドルチェ&ガッバーナが被る損失という計算になる。同社の売上規模を考えれば、決して少なくない額である。

「中国差別動画」で締め出されたドルチェ&ガッバーナの哀しき未来 via 現代ビジネス

世界で第二位の経済大国の中国に関連した市場から閉め出されるとしたら本当に大変な損失が見込まれてしまうようだ

ドルチェ&ガッバーナはファッションブランドとして非常に有名だとしても自分たちのブランドの将来が著しく危ぶまれたのかも知れない。もう一度、中国人を侮辱して差別と見做された上海のファッションショーの広告動画について謝罪を試みているんだ。

初めてブランドの創設者でデザイナーの二人が揃って顔を出してイタリア語に中国語英語の字幕付きで二種類の動画を作成してウェイボーなどのソーシャルメディアで公開した。

2人は「(騒動の発端となったプロモーション動画を公開してから)この数日間、中国で起きたことや、私たちが中国で起こした騒動について悲しみをもって考え直した。大変申し訳なかった」と中国人に向けて謝罪。「我々は世界中の様々なカルチャーを敬うように家族から教わった。中国のカルチャーを誤って解釈していたなら謝りたい」と文化への理解が足らなかったことを陳謝した。続けて、「私たちは中国を愛している。多くの都市を訪れたし、中国の文化を愛しているし、学ぶところもまだたくさんある」と話し、中国に対して敬意があることを示した。最後に「今回の経験を決して忘れず、今後このようなことは再び起きないようにする」と誓うとともに「可能な限りあらゆる方法で全ての中国文化を尊重していく。本当に申し訳なかった」とコメント。2人が同時に中国語で「对不起(=ごめんなさい)」と謝る姿も映されている。

「对不起(ごめんなさい)」ドルチェ&ガッバーナデザイナーがWeiboで謝罪 炎上動画から中国市場追放危機を受けて via FASHIONSNAP.COM

以前の謝罪はステファノ・ガッバーナの中国への悪口を只単に詫びるに過ぎなくて騒動をさらに劇化したようだったけれども今回は打って変わって文化への配慮が目を引く。ちゃんと謝っている感じはする。しかしながら人間の差別感情は本当に根深いわけで、不味いと認識していても色んな場面で無意識に出てしまうのは珍しくないから直ぐに許されるわけにも行かないだろう。人種にかぎらず、どんな差別でも社会問題としてはいつまでも終わらないくらい長く続いて解決されないのが殆どだ。絶望してもおかしくない現実だけれども昔と比べて少しずつ減っているのは確かだからなるべく繰り返さないように世界が変わると良いと思う。

ドルチェ&ガッバーナが中国人から許されて又買われてファッションブランドとして持ち直すかどうかは今後の動向の中で誠意を一生懸命に示して行く必要があるだろう。

時間が経つとやおら枯れた草木が風化するようにあっさり忘れ去れられるだけの生半可な悲しみが差別ではない。一度、起きたらもう二度と許されず、世代を越えて果てしなく続いてしまうかも知れないくらい恐ろしい様相を呈する攻撃だ。人々を心の底から絶望させるのが差別という余りに酷過ぎる悲しみに他ならない社会問題と考える。

誰もやるべきではないし、かりにやってしまったら生涯を尽くして償わないかぎり、平和な日々は帰って来ないのではないか、自分で自分が嫌になるばかりだ。実生活で間違っても一方的に誰かを侮辱するとかなんて貶める不幸に嵌まり込まないためには人間性を高めるような努力と勉強を常日頃と欠かしてはならない。

参考:ドルチェ&ガッバーナ、人種差別批判で上海のショーを中止 中国でブランドを展開する人も多いので昨日のドルガバの事件を解説します。 ドルチェ&ガッバーナが中国侮辱騒動でショー中止、不買運動も 「ドルチェ&ガッバーナ」に怒れる中国 「ヴォーグ」編集長や著名女優、モデルなど中国人7人のコメントを公開 炎上騒動のD&G、創立者による謝罪動画を公開、中国語で「ごめんなさい」 「ドルチェ&ガッバーナ」デザイナーデュオが謝罪動画を公開 日本語訳全文を掲載 写真と時系列で振り返る「ドルチェ&ガッバーナ」中国での炎上騒動

コメント

些細な日常の人気の投稿

アドセンスの支払い日は翌月二十一日前後だけれども保留されると送金されない

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法