スキップしてメイン コンテンツに移動

オリーヴ・シュライナーの夢の生活と現実の生活;小さなアフリカの物語の日本語訳|南アフリカの小説

十九世紀から二十世紀の南アフリカの作家、小説家のオリーヴ・シュライナーの小説の夢の生活と現実の生活;小さなアフリカの物語(1893)の日本語訳を行った。一つの文学作品として人間の洞察力に富んだ優れた内容を持つだけではなく、表現も意義深いから外国語の英語の聞き取りと読み取りの教材としても最適だと感じる。

作品の出典

台に両肘を付いて左手で左頬を触ったオリーヴ・シュライナー
Dream Life and Real Life; a Little African Story by Olive Schreiner/オリーヴ・シュライナーの夢の生活と現実の生活;小さなアフリカの物語
原文:Project Gutenberg作品集
朗読:LibriVoxノエルバドリアン

両方ともパブリックドメイン(著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。

日本語の訳文

一本の日傘の木が生えた山の斜面

小さなヤニータが緑珊瑚の横に一人で座っていた。前後には平原が広がり、赤い砂と刺の多いカルーの茂みが覆っていた;そしてここそこに緑珊瑚、結び合わされた薄い緑の棒の束のように見えていた。木はどこにも見られなかった、川岸を除いて、そしてそれは遠く離れていた、そして太陽が彼女の頭上に照っていた。周りには彼女が番をしているアンゴラ山羊が草を食べていた;可愛いやつ、取り分け白い絹のような巻き毛が地面に触れた小さなもの。しかしヤニータは泣きながら座っていた。もしも天使が器に流された涙を全て集め切るはずならば私は子供のそれらは最も苦いだろうと思う。

やがて彼女は疲れた余り、しかも太陽が熱い余り、緑珊瑚に頭を預けながら眠りに落ちた。

美しい夢を見た。夕べに母屋に戻って行ったとき、壁は蔓と薔薇で覆われ、しかも羊囲いは赤い石ではなく、花一杯の紫丁香花の木で作られていると思った。そして太って老いたボーア人が彼女に笑いかける;そして彼が扉に交わしておく棹は飛び越える山羊のためだが、末に七つの花がある百合の棒だった。彼女が家に行ったとき、女主人は彼女の夕食に焼きパンを丸ごと与えた、すると女主人の娘がそのパンに薔薇を刺した;すると女主人の義理の息子がいった、「ありがとう!」、彼女が彼のブーツを引き抜いたときだった、もはや蹴られはしなかった。

それは美しい夢だった。

彼女が夢見ながらこうして横たわる一方、小さな子山羊の一匹が来て彼女の頬を舐めた、というのは乾き上がった涙の塩のせいだった。そして夢の中で彼女は貧しい年季奉公の子供ではもうなかった、ボーア人たちと暮らしたけど。それが彼女に口付けする自分の父親だった。彼は自分が眠るだけだったといった――刺の多い茂みの下に横たわったあの日;現実に死んでなかったのだった。彼は彼女の髪の毛を感じた、そしてそれは長く絹のように伸びているといった、さらに彼らは今やデンマークに帰って行くのだといった。彼はなぜ彼女が裸足なのか、そしてその背中の傷跡は何なのかを彼女に訊いた。そのとき、彼は彼女の頭を自分の肩に乗せて拾い上げて運び去った、去った! 彼女は笑った――彼女は彼の茶色の髭に自分の顔を感じることができた。彼の腕はとても力強かった。

夢見ながらそこに横たわっていたとき、蟻が裸足を越えて行ったり、茶色の巻き毛が砂に置かれたまま、一人のホッテントット族が近付いて来た。彼はボロボロの黄色いズボンと汚れたシャツと破けたジャケットの装いだった。頭に赤いハンカチを巻きながらその上にフェルト帽を被っていた。鼻は平らで、切れ込みみたいな目、頭の縮れ毛は小さな玉へと丸く集められるのだった。彼は緑珊瑚に来ると熱い太陽で横たわる幼い少女を見た。それから歩き去ると最も太ったアンゴラ山羊の一匹を捕まえて腕の下に差し込みながら急いでその口を塞いだ。振り返って彼女がまだ眠っていると確認すると深い亀裂の一つへと飛び降りた。深い亀裂の床を少し下ると張り出した岸に来、その元に赤い砂の上に座りながら二人がいた。一人はとても小さくて襤褸を着て老いたブッシュマン、身長4フィートだった;もう一人はイギリスの人夫で、紺青の仕事着の装いだった。彼らは子山羊の喉を人夫の長いナイフで切ると砂で血を覆い尽くしながら内臓と皮を埋めた。それから会話して少し口論した;するとそして再び静かに会話した。

ホッテントット族の人がコートの内に子山羊の脚を入れると肉の残りを深い亀裂の二人のために置いて歩き去った。

小さなヤニータが起きたとき、もう少しで日没だった。非常に怯えて上体を起こしたが、彼女の山羊には彼女が肝心だった。家に追い立て始めるのだった。「一匹もいなくなったとは思えないな」、彼女はいった。

ダーク、ホッテントット族が自分の群れを既に家に連れて来ていてボロボロの黄色いズボンで羊囲いの扉に立っていた。太って老いたボーア人が棹を扉に交わしやるとヤニータの山羊を一匹ずつ飛び越えさせた。それらを数えるのだった。最後が飛び越えたとき:「今日、眠ってしまったのか?」、彼はいった;「一匹、いなくなっている」

それからヤニータは何が起きることになるかが分かって低い声で「いいえ」といった。するとそして嘘を吐いたときに人が感じる酷いムカ付きを心に感じた;さらに彼女は「はい」といい直した。

「今夜の夕食があると思うか?」といったボーア人。

「いいえ」といったヤニータ。

「何があると思うか?」

「分かりません」といったヤニータ。

「鞭を渡せ」とダーク、ホッテントット族にいったボーア人。


月がその夜は殆ど満ちていた。おぅ、その明かりは美しいだけだった!

幼い少女は自分が眠る離れ家から抜け出してそれを眺めた。飢えてとてもとても悲しいとき、人は泣かないのだ。彼女は己の顎を片手に持たせかけた、そして眺めた、大きな鳩の瞳で――もう片手は切り裂かれていたので、エプロンドレスで包んだ。彼女は砂の平原と低いカルー茂みを見越した、月明かりと共に。

間もなく、ゆっくりと遠くから野生のスプリングボックが来た。家に近寄ると月明かりがその角と大きな瞳にきらきら光ると同時に驚いて眺めながら立ち止まった。赤い煉瓦の壁に驚きながら立ち、そして少女はそれを見詰めた。それから、突然、まるで全てを嘲笑うように美しい背中を湾曲させながら向きを変えられた;すると去ってそれは茂みと砂を越えて逃げた、白い光のぴかぴかの一筋みたいに。彼女は立ったままに見詰めた。とても自由だ、とても自由だ! 去って、去って! 広やかな平原にもはや見えなくなるまで見詰めるのだった。

彼女の心は膨らんだ、大きく、大きく、大きく:低い叫び声を発した;もはや待たず、休まず、考えず、彼女はその軌跡を追った。去って、去って、去って! 「私――私も!」、彼女はいった、「私――私も!」。

到頭、脚から震え始めながら息遣いに止まったとき、家は背後の一点だった。彼女は地上に倒れながら息切れる脇腹を抱えた。

今や考え始めた。

かりに平原にいれば彼らは足跡を朝に追うし、自分は捕まえられるだろう;しかしかりに川床の水を渡り切れば彼らは足形を見付けられはしないだろう;もはや自分は岩と石塚があるところに隠れよう。

なので彼女は立ち上がると川へ向かって歩いた。川の水は少なかった;丁度、砂の広い床の銀色の線、ここそこで水溜まりへと広がっている。彼女がそちらへ踏み込むと足がとても気持ち良く冷たい水に浸かった。上へ上へ流れを歩いた、小石にガタガタ鳴るところ、そして過去に母屋があったところ;そして岩が大きなところは一つからその他へ跳ぶのだった。顔の夜風に強くさせられた――彼女は笑った。そんな夜風を前に感じたことは決してなかったのだった。なので夜は野生のボックに嗅ぎ付けられる、というのは自由であるせいだ! 自由なやつは鎖に繋がれたやつでは決してないように感じる。

到頭、彼女は柳が川の両岸に生えたところに来た、そして砂だらけの床の長い枝の後を追うのだった。原因を話すことはできなかった、理由を話すことはできなかった、ただし不安感に彼女は襲われていた。

左岸に石塚の連なりと岩の絶壁が聳えていた。絶壁と川岸の間には落石の破片で覆われた細い小道があった。そして絶壁の頂上には日傘の木が生え、その掌みたいな葉っぱが夜空にくっきりと切り出されるのだった。岩は深い影を投げかけた、そして川の両岸には柳の木。彼女は休んで上と自分の周りを見た、するとそして駆け出した、不安で。

「私は何を恐れているのか? どんなに愚かだったことだろう!」、木がさほど繁り合わないところに来たときに彼女はいった。もはやじっと立ちながら振り返って戦いた。

到頭、足取りは弱く弱くなった。もうとても眠く、辛うじて足を上げられた。川の床から踏み出した。自分の周りの岩が野生だと見、まるで数多くの小さな石塚が粉砕されて地面に散蒔かれたようだ、アロエの元に横たわり、眠りに落ちた。


しかし朝に彼女は何とも荘厳な場所だと見た。岩が互いに積まれながら方々へ小投げられていた。団扇仙人掌がその間に生えていて六本は下らない日傘の木が潰れた石塚の間のここそこに散らばっていた。岩にハイラックスのための数百の家があって裂け目からワイルドアスパラガスが垂れ下がっていた。彼女は川へ走り、清らかな冷たい水に浸かり、それを頭から小投げた。大声で歌った。彼女が知る歌は全て悲しかったので、次は歌い得ず、嬉しく、とても自由だった;しかし歌詞なしに音符を歌った、黄喉緑藪鵙がするように。ずっと歌って跳びながら彼女は戻って行った、そして鋭い石を取ると日傘の木の根を切って己の腕の長さほどの大きな部分を取り出すと座ってそれを噛んだ。二匹のハイラックスが頭上の岩にやって来て覗き見るのだった。一切れを差し出した、しかし欲しがらずに走り去られた。

彼女には非常に美味しかった。日傘の木は生のマルメロみたいだ、非常に繁るとき;しかし彼女は好きだった。良い食べ物を他人から渡されるとき、不思議な話、それは大変に苦い;ところが自分自身で見付けるものは何でも甘い!

終えてからもう一部分を掘り起こして入れておく食品貯蔵庫を探しに行った。登った岩山の天辺に幾つかの大きな石が離れてあって部屋を作りながら天辺が繋がるのが見付かった。

「おぅ、これは私の小さな家だ!」、彼女はいった。

頂上と周囲で閉じられて前方だけが開いていた。それは日傘の木のための壁の美しい棚だった、すると彼女は再び這い降りた。団扇仙人掌の大きな束を持って来て扉の前の裂け目に刺してまるでそこから生えたように見えるまでワイルドアスパラガスを引っかけた。誰にもそこに部屋があるとは見えなかった、つまり彼女はとても小さな口しか残さずにふわふわのアスパラガスの枝を引っかけた。それから彼女はどのように見えるかを確かめようとそっと入った。荘厳な柔らかい緑の光があった。それから彼女は出て行って紫の小さな地面の花の幾つかを摘んだ――そうだよ――その顔を地面に伏せるものたち、しかし持ち上げて見たとき、人が見入られる深い青い瞳たちだった! 少しの土と共に取って来ると岩の裂け目に入れるのだった;そんなゆえに部屋は中々と備え付けられた。その後、彼女は川へ降りて行って柳を腕一杯と運んで来ると愛らしいベッドを作った;もはや天候が非常に暑かったために横になってその上に休むのだった。

彼女は直ぐに眠り、そして長く眠った、というのも大変に弱っていたためだった。午後に遅く、顔に落ちる冷たい滴で目覚めた。上体を起こした。大きく激しい雷雨が荒れ狂っており、冷たい滴が岩の裂け目を通して幾らか落ちたのだった。彼女はアスパラガスの枝を押し退けると小さな手で膝の周りを掴んで外を見た。雷がゴロゴロ鳴るのが聞こえ、赤い奔流が川へ向かって石の中を急行するのが見えた。川の轟きが今やうねるように聞こえた、猛って赤く、切り株や木を泥水で運び去っている。彼女は聞いて笑って自分を保護する岩へ近く寄った。掌をそれに押し当てるのだった。愛する人が誰もいないとき、人は口の利けないやつを大変に良く愛する。日が沈んだとき、晴れ上がった。それから幼い少女は日傘の木を幾らか食べると再び横たわって眠った。眠るほどに素敵なことは何もないと思うのだった。二日間、日傘の木の汁しか食べ物がなかったら人は強く感じない。

「ここはとても素敵だ」、眠るときに彼女は思った、「いつもここにいよう」。

その後、月が上った。空は今や非常に晴れて雲はどこにもなかった;そして月は扉の茂みを通して輝くと光の格子を彼女の顔に作るのだった。彼女は美しい夢を見た。最も愛らしい夢が見られるのは全て空腹のときだ。彼女は父親の手を握りながら自分は美しい場所を歩いており、そして自分たち両方とも冠、アスパラガスの冠を頭に被ると思った。通りかかる人々が笑って自分に口付けした;何人かが花をくれたし、何人かが食べ物をくれたし、日射しがどこにでもあった。彼女は何度も何度も同じ夢を見た、そしてそれはもっともっと美しくなった;まるで彼女がすっかり孤絶しているように思われる、突然、まで。見上げるのだった:自分の一方には高い絶壁があり、自分の他方には川があって柳の木もその水へと枝を垂らしていた;もはや月明かりは全てに渡っていた。上、夜空に向かって日傘の木の鋭い葉っぱがくっきりと目立っていて岩と柳の木は濃い影を投げかけた。

眠りに彼女は戦いて半ば目覚めた。

「あぅ、私はそこではない。私はここだ」、彼女はいった;すると岩へ這い寄った、そして口付けすると再び眠った。

三時頃だったに違いない、というのも月が西の空の方へ沈み始めていたためだった、彼女が目を覚ましたとき、凄まじくぎょっとしたのだった。上体を起こすと手を心臓に押し当てた。

「何があったのか? ハイラックスが確かに足を走り越えたし、私は怯えさせられたに違いない!」、彼女はいった、そして再び横たわり直した;ところが直ぐに上体を起こすのだった。外側、火にパチパチ鳴る棘のはっきりと判る音があった。

彼女は扉へ這うと一つ指で茂みを開いた。

大きな火が闇の中の岩の元に燃え立っていた。小さなブッシュマンがそこから掻き出した石炭を少し向こうに燃やして座っていた、肉を焼きながら。地面に大の字になるのがイギリス人で、仕事着を纏うけど、物憂く、むっつりした顔付きだった。彼の横の石の上がダーク、ホッテントット族で、ボウイナイフを研いでいた。

彼女は息を詰めた。全ての岩のハイラックスはさほどじっとしてなかった。

「ここは決して見付からない」、彼女はいった;そして跪くと彼らがいう言葉を何もかも聞いた。悉く聞けた。

「お前は金を、全部、持っているな」といったブッシュマン;「しかし俺はブランデーの樽が欲しいんだ。屋根に火を六ヵ所で着けるのさ、オランダ人が小屋でかつて俺の母親を火炙りにしたからな、三人の子供と一緒に」

「農場は他に誰もいないのは確実だな?」といった人夫。

「否、くたくたになるまで話した」といったダーク;「二人の黒人が町へ息子と共に出かけた;そして女中たちは踊りへ出かけた;もはやそこに残されているのは老男と二人の女だけだ」

「しかしどうだろう」といった人夫、「彼がベッド脇に己の銃を持つはずならば、しかも装填して!」。

「決して持たない」といったダーク;「それは通路にかけられている、実砲も。彼は買ったとき、どんな働きをするかと考えもしなかった! 幼い白人の少女がまだいると願うばかりだ」といったダーク;「しかし彼女は溺死している。俺たちは足形を底なしの大きな水溜まりへ追跡した」

彼女はあらゆる言葉を聞いた、さらに彼らは話し続けた。

その後、小さなブッシュマン、火の上に屈んでいた者が突然と上体を起こした、聞きながら。

「は! あれは何か?」、彼はいった。

ブッシュマンは犬みたいだ:彼の耳はジャッカルの足音をリカオンのものから分かるほどに敏い。

「何も聞こえなかったぞ」といった人夫。

「聞こえた」といったホッテントット族;「しかし岩のハイラックスだけだ」

「ハイラックスではない、ハイラックスではない」といったブッシュマン;「見ろ、あそこで点を回って暗がりに動いているのは何か?」

「何もない。この馬鹿者め!」といった人夫。「肉を仕上げろ;もう始めなくてはならない」。

農家への二本の道があった。一つは開けた平原を進んで行き、断然と短かった;ただし離れて半マイルで気付かれるかも知れない。もう一つは川岸へ出て行き、岩や穴や柳の木があってその中に隠れられる。すると川岸に沿って走る小さな人影があった。

川は岸一杯まで嵐で呑み込まれて柳の木は水の中へ半ば溺れた枝を入れていた。それらの隔たりがあるところはどこでも赤く濁り、切り株を乗せて流れるのが確認されるのだった。さてや小さな人影は走りに走った;決して見ず、決して考えず;息を切らし、息を切らし! あそこ、岩が最も厚かったところ;あそこ、空地に月明かりが輝いたところ;あそこ、団扇仙人掌が縺れて岩が影を投げかけたところ、続けてそれは走った;小さな手は強く握られ、小さな心臓は激しく打ち、目は前方へずっと見据えられながら。

もう走るのは遠くなかった。高い岩と川の間の狭い小道だけだ。

到頭、彼女はその端まで来た、そして、一瞬、立ち止まった。目前には平原と本当にそうだが、もしも人がそこを歩いていたら月明かりで気付かれたかも知れない赤い母屋があった。彼女は手を握り締めた。「良し、彼らに教えよう。彼らに教えよう!」、彼女はいった;「もう直ぐそこ!」。再び走り出し、それから躊躇した。目を月明かりから避けながら見詰めた。自分と母屋の間に低い茂みを越えて移動する三つの人影があった。

ぴかぴかの月明かりで彼らがどんなにゆっくりこそこそ移動し続けるかを確認することができた;背の低い者と一人は明るい服で、もう一人は暗い服だった。

「もう止めることはできない!」、彼女は叫んだ、そして地面に沈み込んだ、小さな手を己の前に握り締めたまま。


「起きろ、起きろ!」といった農家の妻;「妙な物音がする;呼んでいる、呼んでいる、呼んでいる何か!」

夫が立ち上がって窓へ向かった。

「しているな」、彼はいった;「確かにジャッカルが何匹か羊のところだ。銃を装填して確認しに行こう」

「ジャッカルが吠えるようには聞こえない」といった妻;そして彼が出たとき、娘を起こした。

「さぁさ、行って火を灯そう、もはや眠ってはいられない」、彼女はいった;「今夜、妙なものが聞こえたんだ。父さんはジャッカルの吠え声といった、しかしあんなふうに吠えるジャッカルはいないよ。子供の声で、叫んだんだ、『ご主人、ご主人、起きて下さい!』」

女たちは互いに見た;それから台所に行って大きな火を灯した;もはや聖歌をその間中と歌うのだった。

到頭、夫が帰って来た;彼女たちは彼に尋ねた、「何が分かったか?」、「何もない」、彼はいった、「羊囲いに眠る羊と壁の月明かりのみ。といえどもありそうだったのは」、彼は付け加えた、「遠く離れた川のそばの岩壁の近くに三つの人影が移動しているのが見えた。するとその後――気紛れだったかも知れない――吠え声が又聞こえると思ったんだ;しかしそれ以降は静まり返ってしまったな」。


次の日、人夫は鉄道工事に戻ったのだった。

「あんな長くどこにいたのか?」、彼の同僚が訊いた。

「彼は肩越しに見続けている」といった一人、「まるで自分はそこで何かを見たに違いないと思うように」。

「今日、彼はグロッグを飲んだとき」といったもう一人、「落っことして見回したぞ」。

次の日、小柄の老いたブッシュマンとホッテントット族がボロボロの黄色いズボンで路傍の売店にいた。ブッシュマンはブランデーを持ったとき、如何に手を上げながら情けを求めること(それが男か女か子供かはいわれなかった)になったかを話し始めた;ある白人の手に口付けしながら彼に助けを求めたのだった。その時、ホッテントット族は彼の喉を取りながら引き摺り出した。

次の夜、月が出て静かな空に上がった。彼女は今や満腹で、小さな家で見入るのだった;部屋に刺して回った紫の花と棚の日傘の木のところで。かの光は柳の木の上と高い岩の上と小さな新しく作られた土の山と囲んだ石の上に注がれた。三人はその下に何があるかを知っていた;もはや決して他には誰もいないだろう。

南アフリカのリリークルーフ。

参考:Dream Life and Real Life by Olive Schreiner

コメント

些細な日常の人気の投稿

飽和脂肪酸の多いココナッツオイルの過剰摂取の危険性とその他の健康上の利点

イメージ

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ