スキップしてメイン コンテンツに移動

L・フランク・ボームの笑う河馬の日本語訳|アメリカの童話

アメリカの作家、小説家のL・フランク・ボームの童話集アメリカのお伽噺(1901)の収録作品の笑う河馬の日本語訳を行った。

作品の出典

The laughing Hippopotamus by L. Frank Baum/L・フランク・ボームの笑う河馬
原文:Project Gutenberg作品集
朗読:LibriVoxマシュー・リース

両方ともパブリックドメイン(著作権なし)だから無料で自由に使って構わない。

日本語の訳文

水の中から口を開けた河馬
Hippopotamus with its mouth open from the water by szirinada / CC0

コンゴ川の上流の支流の一つに河馬の古来の貴族の家族が暮らし、ノアの頃を越えて――人類種の存在を越えて――世界が出来立ての微かな時代へと遥かに遡る家柄を誇っていた。

彼らはいつもこの同じ川の岸に暮らし、ゆえにその水のあらゆる屈曲や湾曲、その床のあらゆる坑や州、その岸のあらゆる岩や幹や窪みに自身の母親のように精通していた。そして今でもそこに住んでいるだろう、およそ。

先頃、河馬のこの種族の女王が子供を生み、キオと名付けられた、なぜなら余りにも太って丸かったからだった。それでも誤解されないよう、河馬の言語で「キオ」は適切に翻訳されれば太って丸いではなくて「太って鈍い」を意味するといっておく。しかしながら誰も女王にこの間違いを注意することはなかった、なぜなら彼女の牙は怪物のように長くて鋭かったし、彼女はキオを世界で最も可愛い赤ちゃんと思っていたからだった。

彼は河馬として申し分が、実際、なかった。川岸の柔らかい泥の中を転がって遊び、内陸へよちよち歩いてそこに生える野生甘藍の葉を少しずつ齧り、もはや朝から晩まで幸せで満ち足りるのだった。しかも彼は古来の家族がこれまでに知った最も陽気な河馬だった。彼の小さな赤い目は永遠に面白さで煌めいており、彼は笑うべきものがあろうとなかろうとどんな状況でも愉快に笑った。

よってその地域に住まう黒色人種は彼を「イッピ」――陽気な者と呼んだ、されどその獰猛な母親のために、さらに等しく獰猛な叔父や叔母や従兄弟も川岸の広大な集落に暮らしていたが、敢えて彼に近付きはしないのだった。

そしてこれらの黒色人種は木々の間に散らばった小さな村に暮らしていたが、敢えて公然と河馬の王家に攻め込みはしなかった一方、手に入るときはいつでも驚くほどに河馬の肉を食べるのが好きなのだった。このことは河馬たちに内緒ではなかった。そして、再度、黒人は何とかこれらの河馬を生け捕りにしたとき、まるで馬のように乗り熟してジャングルを抜けた、かくて奴隷の状態にしていた。

よってこれらのことを胸に留めてから河馬の種族は黒色人種の油っぽい匂いがしたときはいつでも激怒して攻め込むのが習慣になっており、もしも、偶々、彼らが敵の一人へ襲いかかるならばその鋭い牙で引き裂くかその巨大な足で地面へと踏み付けるのだった。

それは河馬と黒色人種の間の絶え間ない抗争だった。

グーイは黒人の小さな村の一つに暮らしていた。酋長の兄弟の息子で、村の魔導師の孫だった、後者は「骨なしの驚き」として知られる年寄りだったけど、なせなら自身に蛇と同じくらい多くの塒を巻くことができて肉体のどんな姿勢を妨げるような骨も持たなかったからだった。これで彼はぐら付くように歩いたが、黒色人種は彼に大きな尊敬を抱いていた。

グーイの小屋は泥でくっ付けた木の枝で作られてその衣類は草の筵がその胴に巻かれていた。しかし彼の酋長や魔導師との関係は確かな尊厳を与えられるもので、彼は独りの考えに良く耽っていた。きっとこれらの考えはしょっちゅうその敵、河馬へ向けられながら彼らを捕まえる多くの方法が検討されるのが自然だった。

最終的に彼は自分の計画を仕上げると川の二つの鋭い屈曲の中程の地面に大きな坑を掘ることに着手した。坑ができたとき、彼は木の小枝でそれを覆うと誰も下に大きな穴があると疑わないくらい巧妙に表面を均しながら土を散蒔いた。それからグーイは独りで静かに笑うと夕食を取りに家に帰った。

その夕べ、女王は年の割に見事に成長しているキオにいった:

「お前に曲がり角を越えてニッキ叔父さんにここに来るように頼んで欲しいんだ。不思議な植物を見付けて食べて良いかどうかを教えて貰いたいんだよ」

陽気な者は思う存分と笑った、お使いに乗り出しながら、というのも初めて角の食料品屋に生イーストを買いに出されたときに下男のように有力だと感じたためだった。

「グック‐ック‐ック‐ック! グック‐ック‐ック‐ック!」という彼の笑い方;もはやかりに河馬はこうなふうに笑わないと思われるならば一匹にしか聞かないとすると私の正しさに気付かれるだろう。

彼は転げ回っていた泥を這い出すとどしんどしん茂みを抜けて歩いて行った、そして母親が水に半ば入って半ば出ていながら聞いた最後は次第に遠くに消えて行く彼の調子の良い「グック‐ック‐ック‐ック!」だった。

キオは自分がどこを進むかも殆ど解らないくらい幸せな気分だった、なのでその時は大変に驚かされた、笑い声の途中で、地面が下に向かってグーイの深い坑の底に落ちたのだった。酷い怪我はなかった、ただ下がって行きながら鼻をドンと甚だ打ち当ててしまった;なので彼は笑うのを止めてどのように再び出て行くべきかを考え始めた。その時、彼は壁が自分の頭よりも高いと、そして自分は虜囚だと気付いた。

なので自身の不幸に少し笑い、そして笑い声に宥められて眠った、ゆえに彼は日の光が訪れるまで、一晩中、鼾をかいた。

グーイが、次の朝、坑の縁から覗いたとき、声を上げた:

「おや、イッピ――陽気な者だな!」

キオは黒人の匂いを認めると噛み付けるくらい十分に高く頭を上げようとした。グーイが河馬の言語を喋るのが分かったけど、祖父の魔導師から習ったのだった。

「平静にしな、子供よ;お前は俺の虜なんだ」

「そうだ;お前の足をしなしなにするよ、もしも届けば」といい返したキオ;するとそして自身の洒落に笑った;「グック‐ック‐ック‐ック!」

しかしグーイは思慮深い黒人だったので、さらに話さずに立ち去ると翌朝まで戻らなかった。彼が再び坑に屈み込んだとき、キオは空腹からもう全く笑えないくらい弱っていた。

「諦めたのか?」と訊いたグーイ、「それかまだ戦おうとするのか?」。

「諦めたらどうなるのか?」と尋ねたキオ、

黒人は縮れ毛の頭を困惑して欠き毟った。

「いい難いな、イッピ。お前は働くには若過ぎるし、食用に殺しても牙を無駄にする、まだ育ってないし。なぜ、陽気な者よ、俺の坑に落ちたのか? お前の母親か叔父さんの一頭を捕まえたかったな」。

「グック‐ック‐ック‐ック!」と笑ったキオ。「行かせるべきだよ、結局、黒人;僕には利用価値がないのだから」。

「やらないことを」と宣したグーイ;「さもなければ」、彼は付け加えた、後からの思い付きとして「俺と取り引きを行うんだ」。

「取り引きについて聞かせろ、黒い者よ、腹が減っているのだから」といったキオ。

「もしもお前が自分のお祖父さんの牙にかけて一年と一日で戻って再び俺の虜囚になると誓うならば行かせよう」

年若い河馬は考えるのを止めた、というのも自分の祖父の牙にかけて誓うのは厳しいことだと分かったためだった;しかし過渡に空腹だったし、一日と一日はずっと先だと思われた;なので彼はいった、又更にうっかり笑って:

「結構;もしもお前が僕を行かせてくれればお祖父さんの牙にかけて一年と一日で戻ってお前の虜囚になると誓うよ」

グーイは大いに喜んだ、というのも一年と一日でキオは殆ど充分に成長するだろうと分かったためだった。なので彼は坑の一端を掘り崩した、そして河馬が上り出られる傾斜ができるまで土で埋め立てた。

キオは喜んで自分を再び地表に見出だしたときに気儘に笑い燥いだくらいだった、その後にいった:

「さよなら、グーイ;一年と一日で再び会うだろう」

それから彼は川の方へよちよち歩いて自分の母親と会うと朝食を取った、そしてグーイは自分の村に戻った。

続く数ヵ月間、例の黒人は小屋で寝ているか森で狩りをしたけど、偶に遠く離れて笑う河馬の「グック‐ック‐ック‐ック!」を聞いた。しかし彼は独りで微笑んで思うだけだった:「一年と一日は直ぐに過ぎ去るだろう!」

キオが何事もなく母親の元に戻った今、その種族の全員が喜びで一杯だった、というのも陽気な一頭が世間一般のお気に入りだったためだった。しかし彼が一年と一日で再び黒人の奴隷にならなくてはならないと彼らに話したとき、彼らは泣き喚き始め、もはや余りにも多い涙に川が、数インチ、上がるくらいだった。

もちろんキオは彼らの悲しみに笑うだけだった;しかし種族の大会議が召集されると問題が真剣に議論された。

「お祖父さんの牙にかけて誓ってしまったので」といったニッキ叔父さん、「彼は約束を守らなくてはならない。しかし何等かの方法で彼を死か奴隷の生活から救い出そうとすることは私たちの務めだ」。

これに全員が賛成したが、誰もキオを悲運から救うにはどうするかを考えられなかった。それで数ヵ月が過ぎ去った、王族の河馬の全員が陽気な者自身を除いて悲嘆と陰鬱だった間に。

最終的にキオに残された自由は一週間しかなく、もはや母親、女王が神経質と不安になる余り、種族の会議が又更に召集された。この時までには笑う河馬はずば抜けた寸法に成長しておよそ体長15フィートと体高6フィートに測定されたのと同時にその鋭い牙は象のそれらよりも白くて硬かった。

「どうにも子供が救われなければ」といった母親、「私は悲嘆に死のう」。

それから縁者の何人かが愚かな提案をし始めた;しかし間もなく、ネップ叔父さん、賢くて非常に大きな河馬がいった:

「私たちはグリンコモックを訪ねて助けを請うべきだ」

それから全員が黙った、というのも強力なグリンコモックと対面することは大胆なことだったためだった。しかし母親の愛はどんな英雄主義にも等しいのだった。

「自分自身で彼を訪ねよう、ネップ叔父さんが付き添うならば」、急いで彼女はいった。

ネップ叔父さんは考え込んで柔らかい泥を前足で軽く叩くと短い尻尾を左右にゆるゆる振った。

「私たちはいつもグリンコモックに忠順だったし、大きな尊敬を示していた」といった彼。「従って彼と対面する危険はないと思うよ。貴方と共に訪ねよう」。

その他の全員が承認して鼻を鳴らした、自分かちが訪ねるように要求されなかったことをとても嬉しがりながら。

なので女王とネップ叔父さんは彼らの間を泳ぐキオと共に旅へ出発した。その日中と次の日中、川を泳ぎ上がっては日没に高い岩壁、その下に力のグリンコモックが住まう洞窟があるところに来るまでだった。

この恐ろしい生物は一部が獣、一部が人、一部が鳥、一部が魚だった。世界の始まりから暮らしていたのだった。長年の知識を通して一部が魔導師、一部が魔法使い、一部が奇術師、一部が妖精になっていたのだった。人間種はそれを知らなかったが、古代の獣たちは知って恐れていた。

三頭の河馬は洞窟の前に止まった、前足を岸に置いて体を水に入れたまま、そして声を揃えてグリンコモックへ挨拶を行った。瞬時に、その後、洞窟の口が暗くなって例の生物が彼らの方へ黙ってすーっと動いた。

河馬たちはそれを目にして恐れながら脚の間に頭を下げた。

「私たちは貴方の慈悲と友好的な援助を請いに、おぅ、グリンコモックよ、参りました!」と始めたネップ叔父さん;するとそしてキオの捕まえられた経緯とどのように彼が黒人に戻るように約束したかを話した。

「約束は守らなくてはならない」といった生物、溜め息みたいに聴こえる声で。

母河馬が大きな声で呻いた。

「しかし我は黒人に打ち勝って自由を取り戻すように取り計らおうぞ」と続けたグリンコモック。

キオは笑った。

「右足を上げよ」と命じたグリンコモック。キオは従った、すると生物はそれを長くて毛深い舌で触った。それから四本の痩せ細った手でキオの下げられた頭を掴みながら人も獣も鳥も魚も知らない言語で何かの言葉をもごもごいった。この後、河馬語で再び喋るのだった:

「其方の皮膚はもはや人間に傷付けられないくらい頑丈になった。其方の体力は十頭の象のものよりも強靭だ。其方の足は風を引き離すくらい速い。其方の知力は大角よりも鋭敏だ。人間を恐れさせよ、ただし恐れを永遠に自身の獣性から追い払えよ;其方の仲間全てにおいて其方は最も強力なのだから!」

それから恐るべきグリンコモックは屈み込んだ、そして何かの教えをさらに囁かれるのを聞きながらキオはその灼熱の息に自分が焼かれると感じた。次の瞬間、それは洞窟の中へすーっと戻った、感謝の大声を続けてから三頭の河馬は水の中へ滑ると直ぐに帰り旅を始めた。

母親の心は喜びで一杯だった;ネップ叔父さんはグリンコモックを掴んだ一目を思い出しながら、一二回、戦いた;しかしキオは可能なかぎり、陽気で、そして威厳ある年長者と共に泳ぐのには満足せず、彼らの体の下に潜り、その周りをぐるりと疾駆し、帰り道の全インチを愉快に笑った。

それから部族中がどんちゃん騒ぎを開いて自分たちの女王の息子に味方した強力なグリンコモックを称賛した。そして陽気な者が黒人に引き渡される日が来たとき、彼ら全員が彼に安全を只一つも恐れずにさよならと口付けした。

キオは上機嫌に立ち去り、すると彼らには彼がジャングルに姿を消した後も長く「グック‐ック‐ック‐ック!」と笑うのが聞こえた。

グーイは日にちを数えながらいつキオに期待するべきかを知っていた;さてや虜が成長した怪物のような寸法に驚嘆させられ、または行っていた賢い取り引きにほくほく喜んだ。もはやキオは太っていたので、彼は食べようと決めた――すなわち彼の全体を自分で可能なかぎり、そして胴体の残りを仲間の村民たちへ交換しよう。

だから彼は短刀を取ると河馬へ突き刺そうとした、ところが皮膚は短刀が対して鈍らされるくらい頑丈だった。それから彼は他の手段を試みた;ところが河馬は傷付けられないままだった。

そして今や全く陽気な者が有頂天に笑っては森中に「グック‐ック‐ック‐ック!」と響き渡るまでだった。するとグーイは彼を殺さないことに決めた、荷物運びに使うしかそれは不可能だったから。キオの背中に上ると前進するように命じた。なのでキオは村を抜けて快活に早駆けした、小さな目を愉快さに煌めかせながら。

他の黒人たちがグーイの虜に気を良くしてその陽気な者の背中に乗せさせくれるりように頼んだ。なので彼は腕輪や貝の首輪や小さな金の装身具を彼らと取り引きしては相当な小間物の山を獲得するまでだった。それから1ダースの黒人が乗って楽しもうとキオの背中に登ると彼の鼻に最も近い一人が叫び出した:

「走れ、泥犬――走れ!」

するとキオは走った。風のように速く、大股で行った、村から離れて森を抜けて川岸を真っ直ぐに上がって。黒人たちは恐ろしさに喚いた;陽気な者は笑い響かせた;さらに続けて続けて続けて彼らは突進した!

それから彼らの目の前、川の向こう側にグリンコモックの洞窟の黒い口が現れた。キオは水の中へ急ぎ、その底へ潜ると黒色人種は残されて泳ぎ出そうと藻掻いていた。しかしグリンコモックはキオの笑い声を聞いて何をすべきかかが分かっていた。陽気な者が水面に上がって喉から水を吹き出したとき、黒人は見られなくなっていた。

キオは一頭で村に戻った、するとグーイが驚いて訊いた:

「私の兄弟たちはどこかな:」

「分からない」と答えたキオ。「遠くへ連れて行って残されたところにはいた」

グーイはもっと質問をそれから訊いたのだが、もう一つの黒人たちの集団がやきもきと笑う河馬の背中に乗るのを待っていた。なので彼らは料金を払うと自分らの席に登った、その後、先頭の者がいった:

「走れ、泥んこ――走れ!」

するとキオは前のように走って彼らをグリンコモックの洞窟の口に運ぶと一頭で戻った。

しかし今やグーイは仲間たちの悲運を知って心配になった、というのも自分が村に残される唯一の黒人だったためだった。だから河馬に上ると叫んだ:

「走れ、河猪――走れ!」

キオは陽気に「グック‐ック‐ック‐ック!」と笑いながら風の速さで走った。しかし今回は自身の種族が暮らす川岸へ一直線に進んだ、そして着いたとき、川の中へ歩いて行き、その底へ潜るとグーイは残されて流れの途中に浮かんでいた。

黒人は右岸の方へ泳ぎ始めた、しかしそこにはネップ叔父さんと王族の半分が柔らかい泥へ自分を踏み付けようと待っているのが見えた。なので彼は左岸の方へ向きを変えた、するとそこには女王の母親とニッキ叔父さんが立ち、赤い目で怒り、自分を牙で引き裂こうと待っているのだった。

その時、グーイは怯えた絶叫の大声を発した、するとキオが近くを泳ぐのを見付けたので、叫んだ:

「救ってくれ、キオ! 救ってくれ、もはやお前を奴隷から解放するよ」

「それでは不十分だ」と笑ったキオ。

「一生、お前に仕えるよ!」と絶叫したグーイ;「お前が命じる何でもするよ」

「もしも逃がしてやったら一年と一日で戻って僕の虜になるのか?」

「するよ! するよ! するよ!」と叫んだグーイ。

「お祖父さんの骨にかけて誓え!」と命じたキオ、黒人たちが誓うべき牙を持たないと思い出したので。

するとグーイは自分の祖父の骨にかけて誓った。

それからキオは黒い者へ泳いだ、彼はその背中に再び攀じ登った。こんなふうに彼らは岸に来た、そこでキオはグーイと行った取り引き、一年と一日で戻って奴隷になることを自分の母親と種族中に話した。

よって黒人は無事に発つことが許されたし、もう一度、陽気な者は自身の親兄弟と暮らして幸せだった。

一年と一日が過ぎたとき、キオはグーイが戻るのを只管に待った;ところが彼は来なかった、そうしてその後もずっと。

というのも例の黒人は腕輪や貝の首輪や小さな金の装身具で大金を儲けて何マイルも別の国、河馬の古来の王族が知らないところへと旅したのだった。そして彼は偉大な酋長に仕立て上げられた、豊かさにより、もはや人々はその前に頭を下げた。

昼は誇らしくも自慢気にしていた。しかし夜はベッドにのたうち回りながら眠れなかった。良心に悩まされるのだった。

というのも彼が自分の祖父の骨にかけて誓っていたためだった;つまり彼の祖父に骨はなかった。

参考:アメリカお伽話11 『陽気なカバ』 L・フランク・ボーム

コメント

些細な日常の人気の投稿

飽和脂肪酸の多いココナッツオイルの過剰摂取の危険性とその他の健康上の利点

イメージ

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ