スキップしてメイン コンテンツに移動

食品の五大栄養素と健康成分について

健康への復習を兼ねて基本中の基本を明確化しておきたい。食品に関する用語法として「栄養素」と呼ばれるのは人体に不足すると病気になるものなんだ。炭水化物(糖質)と脂肪(脂質)と蛋白質が三大栄養素で、そこにビタミンとミネラルを含めて五大栄養素とされる。


  • 炭水化物
  • 脂肪
  • 蛋白質
  • ビタミン
  • ミネラル

さらに人体に不足しても病気にはならないけれども取り入れると健康に良いものが「健康成分」と呼ばれるんだ。食物繊維(消化・吸収されない炭水化物)やファイトケミカル(カロテノイド、ポリフェノールという植物の色素)が代表格で、取り分け食物繊維は腸内環境を高めたり、血糖値の上昇を抑制したり、健康的な生活に非常に役立つためにそれも「栄養素」に含めて「六大栄養素」と考えられる向きもあるようだ。


  • 食物繊維
  • ファイトケミカル
    • カロテノイド
    • ポリフェノール

僕は野菜と果物とナッツ類を軸として腸内環境を最優先に考えながら食べていてどうしても蛋白質が疎かになりがちなんだ。


アミノ酸やペプチド(蛋白質の構成要素)が何種類も含まれるという黒酢は常日頃と飲んでいるにせよ、補えるほどには十分でもないはずだし、長生きのアルブミンも含めて蛋白質への注意を行ってはならないと思う。


付け加えると魚は蛋白質が取れて脂肪酸(脂肪の構成要素)DHAやEPAも他では得難いものだし、中々、万能の食事は考え付かないにしろ、全体から捉えて減ってしまいそうな部分は絶えず、目を光らせながらか補って行くように心がけておかなくてはならない。

コメント

些細な日常の人気の投稿

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

ジョナサン・モフェットのドラムの8ビートの切れ味の鋭いグルーヴ