スキップしてメイン コンテンツに移動

自然の美しさ:ジョイス・キルマーの木

ジョイス・キルマー

アメリカの作家・詩人のジョイス・キルマー(詩集の木とその他の詩に所収)は胸に深く刻まれる詩だ。木のイメージがとても魅力的で、心も引き付けられて止まない。数年前に初めて読んでからずっと変わらない。今後もそうだろう。

木ほどに素晴らしい詩を
私は決して知るまいと思う。

甘い地面の流れ出す胸へ
飢えた口を押し当てる木を;

終日と神を眺めては、
葉繁く腕を上げて祈る木を;

髪の毛に駒鳥たちの巣を
夏へは装うはずの木を;

懐に雪の降り積もった;
雨と一緒に暮らした。

詩は私のような愚か者が作る、
なのに神だけは木を作れる。

原文

I think that l shall never see
A poem lovely as a tree.

A tree whose hungry mouth is prest
Against the sweet earth's flowing breast;

A tree that looks at God all day,
And lifts her leafy arms to pray;

A tree that may in summer wear
A nest of robins in her hair;

Upon whose bosom snow has lain;
Who intimately lived with rain.

Poems are made by fools like me,
But only God can make a tree.

ジョイス・キルマーの(訳出)

神の詩としての木に自然の美しさが象徴的に表現されている

アメリカのセントラルパークに植えられたジョイス・キルマーの木

肖りたい。何にせよ、情熱が大事だと思う、生きるためには。さもなければ自由も手に入らないのではなかろうか。頑張ればきっと大丈夫みたいな励ましを味わわされる。見守られている感じが凄く良い。

コメント

些細な日常の人気の投稿

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ

早川愛の高校野球の夏の甲子園の大会歌の栄冠は君に輝くの独唱のソプラノの美声

イメージ