スキップしてメイン コンテンツに移動

きかんしゃトーマスのcinders and ashesという独自の間投詞

アニメのきかんしゃトーマスで不可解なフレーズが良く出て来て「cinders and ashes」という。主人公のトーマスから聞いて訳すとcinderが燃え殻(灰)で、ashが灰だけど、しかし物語の場面と関係なしにいつもいわれるから訳が分からなくなる。一体、何なのかと調べてみたら怒りや驚きや嘆きなどを表す間投詞として良く出て来るらしかった。

蒸気機関車の世界観を反映した言葉

cinders and ashesは燃え殻と灰を意味する。トーマスは蒸気機関車なので、どちらも燃料の石炭を燃やして走った後の残り滓に相当する。そうした不要物のイメージで関連付けられて独自に怒りや驚きや嘆きなどの間投詞として使われることになる。

夕闇の中のトーマス

Thomas arrived at farmer Trotter's pig farm. It was now nearly nighttime. Thomas saw that the pigs had gone.

"Cinders and ashes! I'm too late."

"You're just in time, Thomas. I need that soft straw right away."

Farmer Trotter unloaded the straw from Thomas's flatbed and he took it away to make a nice soft bed for the piglets.

訳文

トーマスはトロッター農夫の豚農場に到着した。もう夜間に近かった。トーマスは豚がいなくなっていると気付いた。

「燃え殻と灰! 遅過ぎたな」

「ちょうど間に合ったよ、トーマス。その柔らかな藁が今直ぐ必要だ」

トロッター農夫は藁をトーマスの平台から降ろして子豚の気持ち良い柔らかな寝床を作ろうと持ち去った。

Thomas & Friends™ | Thomas And The Pigs | Best Moments | Thomas the Tank Engine | Kids Cartoon|Thomas & Friends(訳文は筆者)

一般的な英語ならば使うのに注意を要する罵り語ながら「damn it」(畜生が)が最も近い気持ちかも知れない。

日本語の諺の後の祭りと良く似た情感

cinders and ashesの表現自体は近い間投詞のdamn itなどよりも婉曲的で、気持ちは重なるにせよ、必ずしも意味は同じではないんだ。

考えると日本語の諺の後の祭りと良く似ている。後の祭りは過ぎ去った物事はどうにもならないという意味が込められた言葉だけれどもcinders and ashesが石炭の残り滓の情感を持った不要物のイメージだからぴったりなんだ。終わってから思い入れる祭の盛り上がらない気持ちが燃え殻と灰のもう燃料にならなくて使っても蒸気機関車は走れない気持ちと間違いなしに重なる。

どちらも虚しさが大きいのが特徴的だけど、さらに詩として受け取れるのも共通する。

cinders and ashesはきかんしゃトーマスの独自の間投詞として怒りや驚きや嘆きを伝えるものの飽くまでも燃え殻と灰の情感を通した表現なので、言葉そのものは他の何にも代え難いものがある。蒸気機関車の世界観、またはトーマスの生活を的確に示すのが面白いし、自分らしさを伴った気持ちなのも味わい深い。

関連:きかんしゃトーマスのoh the indignityという面白い間投詞

参考:Cinders and Ashes? きかんしゃトーマスのセリフでよく出てくる単語で、どういう意味で使っているのかわ Cinders and ashes

コメント

些細な日常の人気の投稿

飽和脂肪酸の多いココナッツオイルの過剰摂取の危険性とその他の健康上の利点

イメージ

スノーボードのジャンプ中のグラブには幾つもの種類がある

イメージ

早川愛の高校野球の夏の甲子園の大会歌の栄冠は君に輝くの独唱のソプラノの美声

イメージ