スキップしてメイン コンテンツに移動

本能(椎名林檎)|1990年代の盛り上がる邦楽

1990年代の邦楽から乗り良く盛り上がる楽曲として気に入りの椎名林檎本能を紹介する。

椎名林檎 - 本能|椎名林檎

椎名林檎への思い

椎名林檎は自作詩の寵愛論を書いたときに独特の多重的な響きのある歌声を思い起こして心に完全に留まった。それまで音楽や映像の挑発的な内容や最初のホームページの作詩の公園の常連にいた物凄いファンなどから凄いのかと思ったけれどもちゃんと聴いたことは一回もなかった。しかしちゃんと聴くと歌声が本当に特徴的で、他に例がなく、非常に官能的で、さらに一つの個性として活かし切った表現と相俟って嵌まってしまうのは頷ける。

本能への思い

椎名林檎の本能
作詞:椎名林檎
作曲:椎名林檎
発売日:1999年10月27日
ジャンル:ロック

本能は個人的に椎名林檎を聴く切欠になった曲で、作詩で思い起こした歌声に最も近いから大いに気に入っている。看護婦が硝子を殴り壊すPVが出たときに巷で注目されて曲も大ヒットしたけど、もはや椎名林檎の代名詞みたいに受け留めた。ちゃんと聴いて代表曲とも認めるのは声の印象と歌の内容がぴったり合っているせいだ。刺激を得る面白さ、自分を曝け出す気持ち良さ、新しい世界を発見する喜びが満ち溢れている。

コメント