スキップしてメイン コンテンツに移動

夏祭り(JITTERIN' JINN)|1990年代の盛り上がる邦楽

1990年代の邦楽から乗り良く盛り上がる楽曲として気に入りのJitterin’ Jinn夏祭りを紹介する。

JITTERIN' JINNの春川玲子の振り向いた顔
春川玲子|JITTERIN' JINNの夏祭り

JITTERIN' JINNへの思い

Jitterin’ Jinnは見付けて直ぐに好きになった。アルバムもリアルタイムで初回限定の缶ケースの黄色いバスの絵柄のパンチアウトを買って聴いたし、二十年以上、過ぎてから、もう一度、聴きたなっていベスト盤のThe Very Best Collectionを買って聴いた。当時、ギターで裏拍を強調したスカのリズムに他でもなく嵌まったけれども曲自体や他の歌や演奏も極めて魅力的だったのは間違いない。

夏祭りへの思い

JITTERIN' JINNの夏祭り
作詞:破矢ジンタ
作曲:破矢ジンタ
発売日:1990年8月29日
ジャンル:ロック

夏祭りは疾走感があってしかも歌詞は日本的な内容で、演奏にも和太鼓の縁打ちを思わせるドラムのリムショットが取り入れられて正しく風流な印象を与える。彼らの今しか生きられないような風と共に過ぎ去って行くらしい音楽の真に切ない魅力が叙情を交えて力強く結集された代表曲そのものだと思う。素晴らしい世界を味わえて嬉しい気持ちで一杯になる。

コメント