スキップしてメイン コンテンツに移動

Touit 2.8/50Mを装着したα5100に昂る写真撮影への気持ち

Touit 2.8/50Mを装着したα5100が置かれたテーブル

α5100Touit 2.8/50Mを装着した。持つとずっしり来る。気持ちが昂る、写真撮影へ。

デザインも落ち着いた感じがして素敵ではないか。黒で統一されもした。昂りつつも気持ちは引き締まるようだ。写真撮影に興奮して手振れしたくないので、況して手振れ補正の利かない組み合わせだし、有り難いとも考えてしまう。

α5100Touit 2.8/50Mでの第一歩を踏み出してもう既に使い出している

レンズの動作音がジーコジーコ鳴るのは動画撮影だと収音されるくらいといわれていたけれども本当にそうだろう。しかし写真撮影は集中すると気にならないようで、聞こえなくなるくらい打ち込んで励みたいものだとも感じる。個人的には大きな支障はなかった。

画質は極めて素晴らしい。描き込み、色乗り、ぼけ味、とにかく唸らされる。Touit 2.8/50Mは高くて買うかどうかは悩んだけれども手に入れて大正解だったとしかいえない。写真撮影を考えながら実力的にもさらに向上できるのではないか。喜ぶほどに期待が募る。

コメント

些細な日常の人気の投稿

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ

乞食娘のアリス・リデルの湿板写真から逆算するルイス・キャロルの不思議の国のアリスへの本当の願い

イメージ

早川愛の高校野球の夏の甲子園の大会歌の栄冠は君に輝くの独唱のソプラノの美声

イメージ

スノーボードのジャンプ中のグラブには幾つもの種類がある

イメージ

Bloggerブログのテンプレートのhead内のカスタマイズのために独自タグのall-head-contentを分解する

イメージ