スキップしてメイン コンテンツに移動

森友学園の疑惑の根幹:安倍総理を財務省の決裁文書の書き換えと佐川国税庁長官の辞任から考える

安倍総理の森友学園の疑惑が非常に深まって来た。財務省が安倍総理のために国有地の売却(もう廃止された貸付けから前提される十年以内の売り渡しの制度に基づく)を知り合いの森友学園:妻の安倍昭恵も名誉校長を務める学校法人へ不当に値下げしたかどうか、評価額の九億五千六百万円からゴミが埋まっているなどの理由で八億二千万円程度を差し引いて約一億三千万円に決めたのは適正かどうかが昨年の二月に国会の参議院予算委員会で追求され始めた。

財務省の決裁文書についての原調査の結果の概要

九月から大阪地検(大阪地方検察庁)特捜部が事件として捜査していて森友学園への国有地の売却の決済文書の原本を近畿財務局から入手したらしい(大阪地検、財務省を背任罪等の容疑で捜査へ…安倍首相の関与解明も)。森友学園の疑惑が発覚した翌月には会計検査院が参議院予算委員会の要請から調査を始めていてやはり気付いていたらしい(会計検査院も2種類の文書把握)けど、何れにしても最初に財務省から国会へ提出された国有地の売却の決裁文書と見付かった原本との内容に食い違いが出て来て書き換えられていたとも分かったんだ。なぜなのかが改めて問われていて安倍総理が森友学園への国有地の売却へ関与したのを誤魔化すためだったと考えられずにいなくなっている。

当初、森友学園への国有地の売却の責任者だった理財局長の佐川宜寿が疑惑が発覚した翌月に国会のの財務金融委員会で政府参考人として安倍総理には関係ないという主旨の答弁を行ったんだ。

そういう価格につきまして、こちらから提示したこともございませんし、先方から幾らで買いたいといった希望があったこともございません。

保存期間一年未満とされております個別の面会のやりとり控えについては残ってございません。

すなわち先方との事前の価格交渉はなかったとか交渉記録は事後に速やかに廃棄されたなんて仕方で、森友学園の疑惑を退けていた。財務省の理財局の一存で適切な手続きに則って評価額から八億円程度を値引きして国有地を売却したならば他の安倍総理も誰も関与してなかったわけだ。

財務省の決裁文書の書き換えは佐川宣寿の答弁から間もなくの「2月下旬から4月にかけて」なので、彼の森友学園の疑惑を打ち消したい意向に合わせて画策されたか、さもなければ最初から全てが偽られていた可能性もある。

今年の三月二日から朝日新聞の報道で分かり始めた(森友文書、財務省が書き換えか 「特例」など文言消える)。すると三月七日に森友学園への国有地の売却を担当していた近畿財務局(財務省の地方支部の一つ)の職員が自殺してしまった。さらに三月九日に国税庁長官の佐川宣寿(秋の総選挙で大勝した自民党の安部総理に起用されて理財局長から昇格していた)が辞任を発表した。財務省は翌日に不正行為を認めたらしくて国会へ資料と共に報告したのは週明けの十二日だった。

辞任した佐川宣寿国税庁長官が会見 via FNNsline

記者会見の表情からすると何でこんなことになっちゃったんだろうみたいな感じがする。

財務省の決裁文書の書き換えに関与したとするとこれから逮捕されるかも知れないし――虚偽公文書作成罪など――それでなくとも森友学園の疑惑の重要参考人としてあちこちから厳しい目で見られ続けるのは必至といわざるを得ない。

決裁文書の原本の【普通財産の貸付けに係る承認申請について】と【普通財産の貸付けに係る特例処理について】に安倍昭惠の名前が「これまでの経緯」として二ヵ所ずつ同一に四回や他にも【「学校法人 森友学園」の概要等】の参考の森友学園の議員等の来訪状況に記載されている。

森友学園の理事長として疑惑に含まれる籠池泰典(本名:籠池康博/今は補助金の不正受給などの罪で逮捕されて大阪拘置所で裁判を待つ身だ)が「いい土地ですから、前に進めてください」といわれたと口に出していたり(平成二十六年四月二十八日)、森友学園の幼稚園に訪問した際の記事(安倍首相夫人・アッキーも感涙…園児に教育勅語教える“愛国”幼稚園 「卒園後、子供たちが潰される」と小学校も運営へ)について「学園の教育方針に感涙した」と触れられていたり(平成二十七年一月八日)するんだ。

そこで「忖度」(そんたく)が働いて財務省が安倍総理のために勝手にやったのか、安倍総理が国の最高権力者として密かに圧力をかけてやらせたかが森友学園の疑惑の焦点に愈絞られて来ると思う。

文脈からすると政府の要人も認めているから森友学園への国有地の売却に無理はないと補足しているだけで、他意はないように受け取るけど、しかし担当者から巧妙に仕組まれた罠ではないともいい切れないような状況になっている。

安倍総理の名前も【「学校法人 森友学園」の概要等】の注に記載されていたけど、ただし妻の昭惠の場合と同様に直接的に関与したかどうかは分からないけなので、森友学園の疑惑は財務省の「忖度」が働いた印象が依然として強そうだ。

なお、国会においては、日本会議と連携する組織として、超党派による「日本会議国会議員懇談会」が平成9年5月に設立され、現在、役員には特別顧問として麻生太郎財務大臣、会長に平沼赳夫議員、副会長に安倍晋三総理らが就任。

決裁文書についての調査の結果 via 社民党OfficialTweetのpdf

森友学園が日本会議大阪という「美しい日本の再建と誇りある国づくりのために政策提言と国民運動を推進することを目的として設立された任意団体」の支部に関与していて本部の日本会議と国会で連携する組織の日本会議国会議員懇談会に安倍総理とさらに麻生財務大臣平沼赳夫が含まれていたわけだ。

決済文書の原本と書き換えられたものを照らし合わせるかぎり、森友学園の疑惑を安倍総理から払拭するためだったかも知れないし、または巧妙に仕掛けられた罠にせよ、 誤解を招く恐れのある部分を切り捨てて国会には提出された事実が否定できない。

日本の財務省の建物

不正行為なので、もしも森友学園の疑惑が安倍総理を巡って誤りだったとしても財務省は責任を免れないし、なぜ決裁文書の原本が書き換えられたのかが又別の問題、本当だからもはや官僚の汚職として由々しい事案へ上ってしまっている。

佐川宣寿が国税庁長官を辞任した真意は決裁文書を書き換える不正行為に関与したというか、少なくとも巻き込まれていて耐え切れなかったせいだと推測される。

しかし自殺した近畿財務局の職員が意味深な発言を残していたらしかて森友学園の疑惑が確かに不正行為だった真実味も示唆しているんだ。

「Aさんは森友への国有地売却交渉がほぼ終わっていた時、前任者から引き継いだだけ。(昨年2月に)森友問題が発覚してからは、ずっと帰宅が深夜で、朝も早くから役所に来ていました。休職前もつらそうな顔で歩いていたので『大変ですね』と声を掛けると、小声で『ええ』という返事があっただけでした。もしウチ(近畿財務局)が文書書き換えに関与したのなら当然、Aさんの名前は思い浮かびます。『天の声でやらされて、休職に追い込まれてしまったのか』とずっと噂になっていました」(近畿財務局関係者)

自殺した近畿財務局職員の妻の無念「1人で抱え込んだ」“主犯”は佐川前長官? via AERA dot.

厳密にいうとたぶん近畿財務局の自殺した職員の「Aさん」は職場でスケープゴートにされていた。つまり森友学園の疑惑そのものは《権力者の無言の圧力》によって引き起こされているようだ。

調べると籠池泰典が森友学園への国有地の売却交渉に近畿財務局と上手く行かなくて知り合いだった安倍総理の妻の昭惠を名誉校長にして初めて契約を得たという流れがあるようなので、そうした後ろ楯から仕様がないと、渋々、受け入れられた結果ではないか。近畿財務局は土地の地盤が軟弱だと値下げさせたがる籠池泰典に対して「無理に本地を借りていただかなくてもよい」と考えていたといわれるんだ。なぜ気持ちが変わったのか。森友学園の名誉校長に安倍昭惠が新しく就きながら籠池泰典との売買交渉に安倍総理の影がちら付いて来るほどに折れるしかなかったと想像できる。

これ自体が実際には不必要な行政とすると後から問題になり兼ねない。結果的にいうと大阪地検や会計検査院が怪しいと動き出したわけだけど、だから前以て森友学園の取り引きに加わった担当者は悉く異動させて「Aさん」を同一の部署に代わりに配属させたのではないか。問題が起きたら何も知らない「Aさん」が集中的に取り上げられるようになるしかない。近畿財務局、そして大本の理財局を含む財務省も追跡する当局から的確には目を逸らされる形が取られた、すなわちスケープゴートを作り出した。

責任を逃れるためかどうか。森友学園の疑惑の当事者の近畿財務局も《権力者の無言の圧力》に屈しているかぎり、可哀想なので、本心は籠池泰典に国有地を大きく値下げしてまで売却したくなかったとすれば自分たちは全くの悪者ではないと考えると考える。そのためにこそ「Aさん」をスケープゴートに仕立て上げたならばもっと理解し易い。全くの悪者として許さない当局の目を逸らすのだけが目的とはかぎらない。かりに責任を逃れるためだとすれば安倍総理と仲良しの籠池泰典の森友学園と渋々ながら関与せざるを得なかった分だけ局所的に捉えるのが正しいだろう。

森友学園の疑惑で最も恐ろしいのは安倍総理が《権力者の無言の圧力》を弁えて行動しているかどうかの一点にかかっているといいたい。

恐喝などの犯罪で、法律に触れない仕方で、相手にどうなるかは分かっているだろうみたいに迫って物事を無理強いする場合がある。特段、何もいわない曖昧な様子だから証拠も残さずに脅せると悪知恵を働かせて意図的にやったり、警察に逮捕されて裁判所に訴えられ難いはずの犯行を狙う人もいる。

安倍総理が知ってか、知らずか、はたまた籠池泰典が後ろ楯として知り合いの社会的な地位や名声が殊更に大きいのを逆用したせいか――取り引きの音声データが出て来て「棟上げの時に、首相夫人来られることになっている。だから日にちの設定をした。設定をしててこんなになってしまった。どうするの、僕の顔は。サミットが終わったついでに、こっち寄ろうかと。あほとちがうか」(「森友」協議 音声データ詳報)と聞くと多少とも威圧的に受け取られなくはない――強いて何もいわずに証拠も残さず、近畿財務局がよもや《権力者の無言の圧力》によって動かされたならば森友学園の疑惑に中心人物という中心人物はいなさそうだ。

それぞれの思惑が絡み合いながら非常に錯綜した付き合いの中で、取り分け籠池泰典が理事長を務める森友学園のために所定の国有地がどうしても欲しいのが目立つくらいか、八億円程度の値下げを伴うという通常ではあり得ない売却に向かっていた。

奇しくも森友学園の疑惑の根幹が掴めた。ひょっとすると安倍総理や夫人が明確に関与しているとか財務省に関連して森友学園の方から金品を受け取った役人がいたなんて汚職の証拠がいつか出て来ないとはかぎらないけど、しかし何れにしても昨年の二月から一年以上も分かり難いままに問われ続けている前提条件は中心人物が見当たらないほどの非常に錯綜した付き合いのせいだったと認める。

国有地の売買契約に辿り着いた流れは買い手が動かしたのか、売り手が動いたのかが釈然としない。しかも取り引きが公正だったかどうかも定かではない。両方に悪徳の臭いが消し去れないために国会でも埒が開かない審議が延々と繰り返されてて報道は止まらない。人々は納得できない気持ちを余儀なくされる。

参考:「森友」文書 書き換え 財務省の調査結果 全文書掲載 財務省、森友文書の報告書に安倍昭恵氏の名前 消された文言はこれだ 朝日新聞がこれまで報じた内容は 森友文書書き換え疑惑 「森友問題 会計検査院の報告は」 問題の決裁文書とは(時系列で) 佐川前理財局長の国税庁長官昇進を安倍首相が「適材適所で配置」と強弁! 森友問題で虚偽答弁連発していたのに 改ざん前の決裁文書に「昭恵夫人が森友に感涙」の産経記事が…「安倍晋三」「麻生太郎」「日本会議」の名前も 安倍首相に逆らった森友・籠池氏は6カ月間勾留、不正払い下げの財務省職員は栄転

コメント

些細な日常の人気の投稿

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

ジョナサン・モフェットのドラムの8ビートの切れ味の鋭いグルーヴ