スキップしてメイン コンテンツに移動

奇跡のリンゴの木村秋則の人間の健康と地球の環境に役立つ自然栽培の農業

十年以上、経って久方振りに思い起こされた農家の木村秋則が相変わらず、面白くて他でもない興味と関心によって引き込まれた。爆報!THEフライデーおしどり夫婦&ベストセラーのその後大追跡SPで取り上げられていて個人的にプロフェッショナル 仕事の流儀りんごは愛で育てる/農家・木村秋則を観たとき以来の懐かしさを感じた。

木村秋則は世界で初めて無農薬・無肥料――水で希釈した食酢を手撒きで防虫に使用するだけの科学薬品を全て除外する仕方――の自然栽培の林檎を完成した農家だけど、とにかく自殺せざるを得ない正しく死に物狂いの努力から新しい分野を切り拓いた人生が感動そのもので衝撃を受ける。優秀な芸術家の例えばヴィンセント・ヴァン・ゴッホ――真実に絵一筋の人生から炎の画家とも呼ばれる――などに良く知られるような周囲の無理解に打ち克ってこそ生き延びる姿が人間としても甚だしく情熱的で美しい。人々が絶対に無理だと手を出しもしない不可能を可能にした木村秋則の成功は注目せずにはいられない魅力に満ち溢れている。

2006年12月7日にプロフェッショナル 仕事の流儀のりんごは愛で育てる/農家・木村秋則に出演したのが切欠で、木村秋則は全国的に注目されて林檎の無農薬・無肥料の自然栽培の農家として名を馳せ、同時に大勢から食べてみたいとか作ってみたいなんて一躍と脚光を浴びるに至った。林檎にかぎらず、自然栽培は人間の健康や地球の環境に適した利点を持つのが認められて啓発の講演や農家の育成も行うようになった。そして奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録石川拓治)という本が出版されたり、そこから映画化されて奇跡のリンゴ中村義弘)が上映されたりしながら日本でもはや伝説の域に達して行った。

木村が農薬も肥料も使わない栽培を確立するまでには、長く壮絶な格闘があった。かつて、農薬を使っていた木村。しかし、その農薬で皮膚がかぶれたことをきっかけに、農薬を使わない栽培に挑戦し始めた。
しかし、3年たっても4年たってもりんごは実らない。収入の無くなった木村は、キャバレーの呼び込みや、出稼ぎで生活費を稼いだ。畑の雑草で食費を切りつめ、子供たちは小さな消しゴムを3つに分けて使う極貧生活。
6年目の夏、絶望した木村は死を決意した。ロープを片手に死に場所を求めて岩木山をさまよう。そこでふと目にしたドングリの木で栽培のヒントをつかむ。「なぜ山の木に害虫も病気も少ないのだろう?」疑問に思い、根本の土を掘りかえすと、手で掘り返せるほど柔らかい。この土を再現すれば、りんごが実るのではないか?
早速、山の環境を畑で再現した。
8年目の春、木村の畑に奇跡が起こった。畑一面を覆い尽くすりんごの花。それは豊かな実りを約束する、希望の花だった。その光景に木村は涙が止まらなかった。

りんごは愛で育てる/農家・木村秋則 via プロフェッショナル 仕事の流儀

知ってまさかの感動物語だ。並大抵ではない苦労と涙ぐましい努力の長年の結実でしか実現され得ない世界がある。まるでおしんのように恵まれず、可哀想過ぎる人の余りに健気な毎日ではないか。木村秋則の場合は貧困生活を堪え忍んだ夢追い人の必死に生きる真実の切なさがそれこそ自殺寸前まで追い詰められる経緯から如実に胸打たれるんだ。人々の話題になるのは当然だったかも知れない。

結婚した妻が農薬で被れるとか倒れるなんて不調を訴えたのが林檎の自然栽培の切欠なのが優しくも温かい人柄を感じさせるけど、ところが逆に世の中では仇となってしまうのか、望むべき農業が上手く行かなくて始めた副業のキャバレーの呼び見込みではチンピラに殴られて血塗れに歯を何本も失う不幸に見舞われたらしい。治さず、林檎の自然栽培で成功した人生に加えて奇跡のリンゴと多数のメディアから全国区の有名人にもなって裕福なのに歯抜けのままなのは笑ってしまうにせよ――本人は「この抜けた歯は、リンゴのために私が戦った証だと。人に殴られるようなことまでして、自分がリンゴの木を守ったということを一生忘れないためにも、歯抜けのままでいようと思ったの」(奇跡のリンゴ)というんだ――朗らかな人の良さを備えて人一倍の純朴な性格から誂われるように馬鹿にされてしまった結果としか思えない。現在でも必要以上に他人から見下される恐れは否定できない世の中だろうけど――地元では偉人どころか変人とさえも扱われている(奇跡のリンゴの木村秋則は弘前の方曰く、奇人・変人でしかない。)と聞く――しかしながら木村秋則の本来的な魅力でもあるから反対に皆を寄せ付けない強面の風貌には変わらないで欲しい。尤も歯を治さないのだけは明らかに不健康だし、金持ちならば何がしたくて無理なのかと人格を疑われるかも知れないから止めるのが気楽な暮らしには望ましいとは個人的に感じる。

木村秋則の無農薬・無肥料の自然栽培の林檎は健康的で美味しいはずにせよ、実際にどんな味がするのかとプロフェッショナル 仕事の流儀を観ながら感動物語へ引き込まれるほどに想像せずにはいられなかった。

生憎、食べる機会は僕にはない。経験者によれば概して酸味と甘味のバランスが程好く取れて林檎の自然本来の味わいかも知れない。奇跡のリンゴは稀少だから生の果物として入手するのは困難らしいけど、しかし木村秋則の苦労を間近で見守って来た料理人の山崎隆が自分の店のレストラン山崎で奇跡のリンゴのフルコースを出したり、ホームページで木村秋則さんの「奇跡のリンゴ」を使った商品と通信販売も行っていて調理済みの賞品として注文できる。

私が木村秋則さんと出会ったのは1989年、今から20年以上前になります。
実ったリンゴがまだ可愛らしく、りんご畑には生活のための、色んな野菜も植えられていた頃です。

リンゴの木々には水の入ったバケツが下げられ、虫取りの苦労が覗えました。
男二人で畑に腰掛け、岩木山に夕日が沈むまで話こみました。木村さんの無農薬、無肥料、無除草剤栽培でのりんご作りへの情熱に感動し、春、夏、秋、雪深い冬も何度も畑に通いました。

木村秋則さんのお話を聞くと、自然から学ぶことが本当に多いと感じます。木村さんは、自然のものを見る目を持ち、そこから悟り、それを自然栽培に活かしていくのです。
行動や思考はいつも真剣で一生懸命で、妥協せず、更に更に追及していきます。

半世紀も生きてると、人生、山あり、谷あり。雨が降っては晴れ、悲しみのあとには、喜びがあります。だから何があっても、じっと歯を食いしばって、苦しみを乗り越えるために、辛抱して頑張ったら、何とかなるべな。と酒を酌み交わしては、あっあっあっあっあっと木村さんが笑い、んだな、と僕も一緒に笑っているのです。

自殺する寸前まで絶望した木村秋則だったけれども幸いにも生き延びて夢も叶ったからもはや奇跡のリンゴの農家として順風満帆に暮らせるだろうと安心した。

ところが必ずしもそうではないと爆報!THEフライデーで久方振りに取り上げられた近況から分かった。

木村秋則は奇跡のリンゴで全国区の有名人になって貧困生活を抜け出したところまでは有り難かったものの健康と環境に役立つ自然栽培の実践者として注目されたために講演依頼などの新しい仕事も増やさなくては行けなくなった。

持ち前の人の良さから声をかけられたら断れない部分も大きかったかも知れないけれども奇跡のリンゴの計七千坪の大きな畑での生産は妻に任せて自分は日本中、あるいは海外へも自然栽培について教えて回っていたらついに妻が過労のためか車を運転しながら脳卒中で倒れた。一命は取り留めたものの左半身不随のリハビリ生活を余儀なくされるに至った。

そして今度は自分が奇跡のリンゴの大きな畑に従事しなくてはならなかったけれどもやはり過労のためか胃癌にかかって病院で気付いた頃にはステージ3(癌の腫瘍が他の組織へ浸潤してリンパ節への転移も観られる。部位によって手術できる限界の場合もある)だった。これも一命は取り留めはしたものの手術で胃の三分の二を切除せざるを得なくなったんだ。食事量が減って木村秋則の体重は36kgまで落ちたらしくて体力は相当に厳しくて仕事を含めてもう無理はできないみたいな生活を強いられる。折角、死に物狂いの努力が実って裕福に舞い上がるほどの喜ばしい気分でも健康を損うのでは一難去って又一難の人生と悔やまれずにいない。

しかし神のみぞ知るか、襲われる悲劇は止まらず、木村秋則と彼の一家にとって大事な大事な奇跡のリンゴの畑こそ黒星病にかかって壊滅的な被害を受けた。林檎は確かに実れどもどれも黒ずみ傷んで売り物にはならない。

黒星病(くろぼしびょう)は、バラやバラ科の果樹の葉や果実などに発生します。バラに発生したときは「黒点病」とも呼ばれます。バラの場合は最初、葉に黒色の小さな斑点を生じ、それが急速に拡大し、やがて斑点の表面に極めて小さな黒い粒が多数できます。枝にも褐色でしみ状の病斑ができます。果樹の場合は最初、葉や果実などに淡い黒色の小さな斑点を生じ、それが徐々に広がり、やがて病斑部にすす状のカビが密生します。

青森県に運悪く流行って他の農家は農薬で防ぐものの木村秋則は自然栽培のための土を守るために何もできなかった。一旦でと農薬を入れてしまうと畑が害虫や病気に弱いという元の木阿弥から奇跡のリンゴに適した状態を取り戻せなくなるみたいだ。容易ではないので、林檎の木に広まった黒星病をみすみす放置したまま、様子を窺うしかないと考えたわけだった。

全てが以前の貧困生活の頃の不遇を想起させるし、癌治療から体力も厳しくてこそ気分はさらに酷く落ち込まざるを得ない木村秋則だろうけど、ところが一縷の望みを繋いだのが手放せない奇跡のリンゴと同じようにやはり自然栽培で生産した米で作ったお粥だったといわれる。

聞いて象徴的な感じがする。黒星病で林檎は駄目だけれども当面は米を無農薬・無肥料で生産して生計を立てられればせめて自然栽培の農家としての面目を保てるから嬉しいはずなのに加えてそれ自体は健康に良い食品だから今此処で改めて元気を出して素晴らしい未来を思い描きながら頑張り直すには持って来いの料理だ。況してお粥ならば柔らかいから歯がない口でも食べ易いとすると本当に愉快なくらいぴったりだ、木村秋則に。自然栽培の米は水分量が多くて普通よりもふっくら仕上がるらしい。お粥によって彼だけではなくて妻も調子を上げて脳卒中の後遺症の左半身不随の回復が以前よりも捗っているそうだ。人生は良くできていると驚く。

皆さんは聞き慣れない言葉かもしれませんが、硝酸態窒素は多くの病気の根源とも言われている怖ろしいものです。

今から60年ほど前のアメリカで、ある母親が赤ん坊に裏ごししたホウレンソウを離乳食として与えたところ、赤ん坊が口からカニのように泡を吹き、顔が紫色になったかと思うと30分もしないうちに息絶えてしまう悲しい出来事がありました。ブルーベビー症候群と呼ばれるものです。

牛や豚、鶏などの糞尿を肥料として与えたホウレンソウの中に硝酸態窒素が残留していたんです。

硝酸態窒素は体内に入ると亜硝酸態窒素という有害物質に変わり、血液中のヘモグロビンの活動を阻害するので酸欠を引き起こし、最悪の場合死に至ってしまう。また、発がん性物質のもとになったり、糖尿病を誘発すると言われている怖ろしいものなんです。

家畜の糞尿は有機栽培でも使われますが、堆肥を十分に完熟させてから施せば問題はありません。

しかし未完熟の堆肥を使うと、とくに葉ものには硝酸態窒素が残ってしまうので危ないのです。

木村秋則/日本人だけが知らない!日本の野菜は海外で「汚染物」扱いされている via 現代ビジネス

今現在、日本では人体に有害な亜硝酸態窒素を生み出す硝酸態窒素の野菜の汚染が海外よりも広がっている。国で全く規制されてない状況だから個人的に被害を減らすように注意しなくてはならないと感じる。EUでは非常に厳しくて3000ppm以上が硝酸態窒素の汚染野菜と見做されて販売が禁止される。他方、何もしない日本は例えば主食の米で低くても四倍の12000ppmを含んでいるそうだ。毒物の亜硝酸態窒素は血液への悪影響が大きいとすると国内の含まれる食品からいつも取らないわけには行かないかぎりは本当に血液をきっちり良好に保つ生活が求められるだろう。

僕は黒酢と黒胡麻を常食にするけれども改めて血流をなるべく速やかに改善するのと肝臓を疲弊させずに造血と解毒の機能を高めるのを大事にしたいと思う。

自然栽培だと野菜には硝酸態窒素は殆ど含まれないらしいから本当に凄い。身も心も悲しむべき近年の木村秋則と妻が自然栽培の米のお粥を食べて元気を取り戻すというのも正しく強ちではないのではないのではないか。日本の状況から米の硝酸態窒素が四分の一以上は取り込まれなくなるわけだ。日々の負担を減らす食事は人間の健康にとって大きいと感じるのは確かだ。

平成21(2009)年、アメリカ海洋大気庁(NOAA)が、地球温暖化の新たな原因について発表しました。

NOAAが原因として指摘したのは、農薬や化学肥料、家畜の排せつ物などに含まれる亜酸化窒素ガスです。このガスの増加によって、オゾン層の破壊が進み、地球温暖化に拍車をかけているため、早急に排出削減に向けて、これらを使わない栽培を研究開発することが急務であるとホームページに掲載されたのです。

亜酸化窒素ガスは地球温暖化の原因の一つといわれる二酸化炭素の310倍の温室効果があるという驚きの報告もありました。

私は30年ほど前から自然栽培の指導とあわせて農薬や化学肥料の危険性、そして硝酸態窒素の危険性を訴えてきたのですが、耳を傾ける人がほとんどいませんでした。

イタリアで20人の大柄な若者たちにつるし上げを食らったときも、自分でもとうにわかっていることを指摘されたのだから、これほど情けないことはなかった。

木村秋則/日本人だけが知らない!日本の野菜は海外で「汚染物」扱いされている via 現代ビジネス

地球の環境には亜酸化窒素/一酸化二窒素(N2O)が懸念される。温暖化の要因は主に工場の二酸化炭素(CO2)が指摘されて1997年の京都議定書から2015年のパリ協定を経ながら過度に排出しないように絶えず、国際的に規制する取り決めが図られる。調べると規制される対象の温室効果ガスとして亜酸化窒素も組み込まれているんだ。一般的に危惧される二酸化炭素と比べて温暖化の度合いが非常に高くて大気の成層圏(地表からおよそ10~50kmの高さ)のオゾン層も破壊して生物が受け取る紫外線を増やす。癌などの病気の原因になる。

亜酸化窒素は「農薬や化学肥料、家畜の排せつ物」から排出されるから農業が主に影響している。

木村秋則の奇跡のリンゴに象徴される自然栽培は無農薬・無肥料だから亜酸化窒素を減らすのは確実だろう。地球の環境を守るために必要な、そして人類が目指すべき理想の農業の仕方といって良いかも知れないくらい素晴らしく優れた印象を与える。元々は福岡正信が二十世紀の中頃から自然農法(反科学農法)を提唱していて――不耕起(耕作しない)、不除草(除草しない)、不施肥(肥料を使わない)、無農薬(農薬を使わない)――農作物の生産だけではなくて砂漠の緑地化にも活用されていたらしい。木村秋則は先達の知恵として福岡正信の自然農法を参考にしながら自己流の無農薬・無肥料の自然栽培を八年越しの大変な苦労を乗り越えて二十世紀の終盤に確立したようだ。世界から注目されながら日増しに広まり続けているけれども日本人が考え付いた画期的な農業として捉えると文化的にも興味深い。自然に敬意を払う生き方が反映しているのではないか。森でも海でも山でも川でも根源的に変わらない気持ちがするわけで、人の手が及ばない野生の全てへ自らを養い育てる大切な思いを馳せるたびに神が宿ると畏怖を覚える。

参考:木村秋則「奇跡のリンゴ」読了。今の僕に突き刺さった木村さんのあり方。 木村秋則さんに近況をお聞きしました! 「奇跡のりんご」は買えるのか? 木村秋則さんが、ダライ・ラマ法王14世に謁見

コメント

些細な日常の人気の投稿

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

Google日本語入力のキーボードで全角の英数字を打ち込む方法

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

ジャパネットたかたの丸尾詩織の商品説明に気持ちが入っていて素晴らしい理由

Androidスマホのhtml編集の無料アプリ:WebMaster's HTML Editor Liteのレビューと使い方