スキップしてメイン コンテンツに移動

アナ・クリスチーナのLovin' You(ミニー・リパートン)|恋愛歌

2013年に発表されたアナ・クリスチーナLovin' Youが恋愛歌として胸に響いた。

作詞作曲はミニー・リパートンリチャード・ルドルフで、オリジナルの歌手はミニー・リパートンになる。

赤ちゃんのマヤ・ルドルフをあやすために着想されたらしくて曲の最後には「マヤ」と何回も呼びかけられている。

1974年にアルバムのPerfect Angelから同年中にシングルカットされた。

2017年にPerfect Angel: Deluxe Editionが発表されてLovin' Youの未発表だった長めのヴァージョン別バンドヴァージョンも収録された。

アナ・クリスチーナのLovin' Youのカヴァーはカラオケで、オリジナルのアレンジのまま、歌われているけれども情感がもっと熱く込められている。詞の世界観にリアルに引き付けられる度合いがグッと増しているのが好ましく聴ける。

歌詞の内容

出だしの部分;

愛することは惹かれて易しい
求めるのは抱くことしかない
愛することは夢が叶う以上で
何一つ愛することはできない

ラララララ、ラララララララララ、ララララララ
ドゥドゥドゥドゥドゥ、オー

原文

Lovin' you is easy cause you're beautiful
Makin' love with you is all I wanna do
Lovin' you is more than just a dream come true
And everything that I do is out of lovin' you

La la la la la, la la la la la La la la la la, la la la la la
Do do do do do, ooh

ミニー・リパートンのLovin' You(訳出)

出だしは愛することの難しさが歌われていて「何一つ愛することはできない」(And everything that I do is out of lovin' you)とたとえ恋人と結ばれて夢が叶っても切ない気持ちになっている。しかしその後は一緒にいることの素晴らしさが人生の春として歌われるので、非常に対照的な表現なんだ。心の振幅が憂いから幸いまでダイナミックに掴まれた古今東西でも正しく出色の恋愛歌だと認める。

その他のカヴァー

十五組の楽曲;

世界でカヴァーが続々と生まれているLovin' Youは恋愛歌のスタンダードな名曲に他ならない。

参考:ミニー・リパートン Lovin' You Minnie Riperton – Lovin' You Lyrics

コメント

些細な日常の人気の投稿

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ

スノーボードのジャンプ中のグラブには幾つもの種類がある

イメージ

BloggerブログのテーマのHTML編集/テンプレートのソースコードの基本構造と使用可能な独自タグについて

イメージ

早川愛の高校野球の夏の甲子園の大会歌の栄冠は君に輝くの独唱のソプラノの美声

イメージ