スキップしてメイン コンテンツに移動

トーラス・ライリーのHonesty(ビリー・ジョエル)|人生歌

2015年に発表されたトーラス・ライリーHonestyが人生歌として胸に響いた。

作詞作曲はビリー・ジョエルで、オリジナルの歌手も彼になる。

1978年のアルバムの52nd Streetに収録されて翌年にシングルでも発表された。

トーラス・ライリーのHonestyのカヴァーはオリジナルのポップからレゲエにアレンジが大幅に変更されているけれども物思いに耽るような曲想そのものはしっかり守られている感じがするのが面白くて興味深くて素晴らしいと何度となく聴きたくならせる。

良い歌の良いところだけを掬い取って盛り上げる音作り、本当に洗練された音楽の優れて魅惑的な美しさがある。

歌詞の内容

出だしの部分;

優しさを探すならば
容易く見付かるだろう
生きるための愛を手に入れる
しかし正しさを求めたら
見えないのと変わらない
いつも与えられはしないのさ

誠実なんて寂しい言葉
誰もが大して本当じゃない
誠実って聞き慣れもせず
僕は貴方に求めてばかりいる

原文

If you search for tenderness
It isn't hard to find
You can have the love you need to live
But if you look for truthfulness
You might just as well be blind
It always seems to be so hard to give

Honesty is such a lonely word
Everyone is so untrue
Honesty is hardly ever heard
And mostly what I need from you

ビリー・ジョエルのHonesty(訳出)

人生で優しさや愛よりも尊いものとして「僕は貴方に求めてばかりいる」(And mostly what I need from you)と歌われるのが表題にもなっている「誠実」(Honesty)なんだ。不意打ちを食らったように驚かされるのは普段は余り感じずに過ごしている心の奥底を明るみに出された。嘘偽りではないからこそ優しさや愛も意味があるわけだし、心の奥底からの真実と見方を大事にするべきだと学ばせてくれる。

その他のカヴァー

十五組の楽曲;

世界でカヴァーが続々と生まれているHonestyは人生歌のスタンダードな名曲に他ならない。

関連:結城永人の人生のスタンダードな名曲選集

参考:オネスティ Honesty Honesty by Billy Joel Billy Joel – Honesty Lyrics Cover versions of Honesty by Billy Joel

コメント

些細な日常の人気の投稿

早川愛の高校野球の夏の甲子園の大会歌の栄冠は君に輝くの独唱のソプラノの美声

イメージ

飽和脂肪酸の多いココナッツオイルの過剰摂取の危険性とその他の健康上の利点

イメージ

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ