スキップしてメイン コンテンツに移動

ディオンヌ・ワーウィック&フレンズのThat's What Friends Are For(ロッド・スチュワート)|友情歌

1985年に発表されたディオンヌ・ワーウィック&フレンズ:スティーヴィー・ワンダーエルトン・ジョングラディス・ナイトThat's What Friends Are For愛のハーモニーが友情歌として胸に響いた。

作詞はキャロル・ベイヤー・セイガー、作曲はバート・バカラックで、オリジナルの歌手はロッド・スチュワートになる。

映画のNight Shiftラブ IN ニューヨーク(1982)の主題歌として歌われたのが最初だった。

ディオンヌ・ワーウィック&フレンズのThat's What Friends Are Forのカヴァーは冒頭のスティーヴィー・ワンダーのハーモニカの哀愁を誘う音色が余りに印象的で、一度、聴いたら忘れないくらい心に刻まれる。

そして四人で交互に歌い分けるスタイルが如何にも友達同士でやっているようで――当初はディオンヌ・ワーウィックとスティーヴィー・ワンダーのデュエットとして構想されたもののプロデュースに参加したバート・バカラックの提案からディオンヌ・ワーウィックがエルトン・ジョンとグラディス・ナイトの二人を追加で指名したとされる――本当に微笑ましく感じながら歌の世界の引き込まれずにいない。

歌詞の内容

出だしの部分;

私にとってはこんなふうに
感じられたのは初めてだと思う
貴方を真剣に愛していると
口に出せるなんてまさか嬉しい
かりにいなくなってしまえば
そのとき、貴方は目を閉じて
今日と同じに感じるようにして
正しくそのときに思い出せたら

笑って、光って
自分を知るにはいつも私に任せなよ
友達なのだから
良いも悪いも
いつだって貴方の味方でいるよ
友達なのだから

原文

And I never thought I'd feel this way
And as far as I'm concerned
I'm glad I got the chance to say
That I do believe I love you
And if I should ever go away
Well then, close your eyes and try
To feel the way we do today
And then if you can remember

Keep smilin', keep shinin'
Knowin' you can always count on me for sure
That's what friends are for
For good times and bad times
I'll be on your side forevermore
That's what friends are for

ロッド・スチュワートのThat's What Friends Are For(訳出)

友達とは何かを考える歌詞で、要約すると「いつだって貴方の味方でいるよ」(I'll be on your side forevermore)が友情歌として決定的な認識を与えている。

ディオンヌ・ワーウィック&フレンズのカヴァーヴァージョンはエイズの米国エイズ研究財団のチャリティーシングルとして正しく友情を込めて発売されると大ヒットして三億円以上の寄付を行うことができたようだ。

その他のカヴァー

十五組の楽曲;

世界でカヴァーが続々と生まれているThat's What Friends Are Forは友情歌のスタンダードな名曲に他ならない。

参考:愛のハーモニー That's What Friends Are For Dionne Warwick – That's What Friends Are For Lyrics

コメント

些細な日常の人気の投稿

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ

スノーボードのジャンプ中のグラブには幾つもの種類がある

イメージ

BloggerブログのテーマのHTML編集/テンプレートのソースコードの基本構造と使用可能な独自タグについて

イメージ

早川愛の高校野球の夏の甲子園の大会歌の栄冠は君に輝くの独唱のソプラノの美声

イメージ