スキップしてメイン コンテンツに移動

布団に安らいで疲れの取れる眠りが得られると健康に繋がる

寒くなるほどに布団が一番だ。布団よりも楽しいものは何もない。笑っていれば夜も気持ち良く眠れそうで、健康には事欠かないわけだ。

安らいで夢見る冬の布団かな

他の季節でも覚えておくにかぎる。どうすれば疲れの取れる眠りが得られるのかは精神的には安らぎにかかっているはずだ。

振り返って落ち着いて休むことは意外と難しかったと思う

白地に薄緑色の一組の布団

不用意にはできない。冬の布団の有り難みが安らぎをしっかり教えてくれた。漠然と眠っても落ち着きが浅かったのではないか。心の隅々まで脱力するように眠ってこそ疲れが速やかに取れそうな感じがしてならないんだ。

少しでも寄せ付けるべきではなかった、悲しみを。健康も心から詩的に捉えるときっと効果的なはずだろう。喜ばしい食事、喜ばしい運動、喜ばしい睡眠でなくては頑張って取り組んでもどこかで無理が祟らないとはかぎらない。

冬の布団に温かく考え直させられる。日頃の負担を減らして何一つ嫌がらずに眠れると理想的だし、最高の安らぎではないか。

本当に布団ならば癒されて当たり前の寝床ではなくて悲しみをとことん追い払いながら不吉な思いに駆られずにゆっくり休みたい。

コメント

些細な日常の人気の投稿