悪質タックル事件を強いられた宮川泰介の真実で考えるパワハラの上手な避け方

日本大学と関西学院大学とのアメリカンフットボール部の五月六日の定期戦で悪質タックルと呼ぶべき極めて危険な反則行為が認められた。



赤いチームが日本大学のフェニックスで、青いチームが関西学院大学のファイターズで、後者のQB(クォーターバック)へ前者のDL(ディフェンスライン)が試合の中断を無視して飛び込んで行って全治三週間の怪我を負わせた。


アメリカンフットボールは選手同士の打つかり合いが印象的なスポーツだけれどもポジションによって衝撃が変わる。QBは攻撃の中心で、ボールを投げたり、抱えて走り込んだりするので 、比較的に身軽だし、軽量級の選手が多い。DLは守備の最前列で、攻撃の最前列のOL(オフェンスライン)と五人ずつでQBを巡って互いに最も激しい衝突を繰り返すし、重量級の選手が多い。なのでDLがQBに突っ込むというと最も強い選手が最も弱い選手へ向かっていて悪質タックルの反則行為としての危険性は正しく非常に高いだろう。


聞くとアメリカンフットボールの重量級の選手――体格は大型のプロレスラーなどの格闘家と遜色がない――の突進力は一般道を走る自動車にも匹敵するらしく、不意に被って全治三週間の怪我で済んだならば不幸中の幸いだったともいわれる。


死んでもおかしくはなかったのではないか。日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックルは警察に訴えられて事件として捜査されるし、社会問題として人々から大きく取り上げられるのは無理もないと感じる。まさか殺人まで想定された凶行そのものでなかったとはかぎらない。世間的にいえばアメリカンフットボールでなくともスポーツでおよそ あり得ないばかりの極めて危険な反則行為を犯したのはなぜなのか、加害者の動機が真っ先に気がかりになってしまう。


悪質タックルの動画が世の中に広まって日本大学アメリカンフットボール部の実態が徐々に暴き出されて監督やコーチに一人の選手が強制的にやらされた可能性、すなわち部活動内でのパワハラの疑いが増して来たんだ。



決定的なのが加害者の宮川泰介が記者会見を開いてどうして悪質タックルを自分が行わなければならなかったかの一部始終を明らかにしたんだ。


結論からいうと監督の内田正人やコーチの井上奨に強制的にやらされて選手の立場からは避けるすべがなかったし、パワハラが悪質タックルの全ての原因だったと分かった。


事前の監督やコーチと日本大学のコメントでは選手に悪質タックルの指示を出してなくて相手チームの関西学院大学のQBを潰せなどの檄を必要以上に捉えられた要するに勘違いのせいと説明されていたんだ。


アメリカンフットボールの経験者によるとルールや試合を良く知っている選手が監督やコーチからの潰せなどの檄で悪質タックルをやるわけがないし、非常に危険な反則行為は避けなくてはならないと十分に弁えていて過去に例を一度も見なくてあり得ないと首を傾げるばかりだった。



選手のパワハラの告発から監督やコーチが開いた記者会見でも悪質タックルの指示を出してないと繰り返されて日本大学のコメントも同じだった。



しかし五月六日の試合直後の監督へのインタビューの音声が残っていて「こんなこと言っちゃ悪いんだけど、宮川はよくやったと思いますよ」などの極めて反則行為を容認するコメントから指示を出してないのは嘘だと明らかだった。


もしも宮川泰介が反対に日本大学アメリカンフットボール部を信用失墜に陥れるつもりで口から出任せの監督やコーチのパワハラを取り上げたとすれば「こんなこと言っちゃ悪いんだけど、宮川はよくやったと思いますよ」などのコメントは余りに当て嵌まり過ぎる気持ちを独自に表現しているだろう。


悪質タックルについて内田正人が喜んで話したのは記者とのインタビューの最中だったり、少なくとも宮川泰介に不本意に仕向けられるような状況になかったのだからむしろ宮川泰介が内田正人や井上奨から無理にやらされたと話した気持ちこそ真実だと認めるのが容易いと考える。


深読みすると宮川泰介は日本代表に選ばれるほどのアメリカンフットボールの逸材だったし、日本大学のフェニックスで引き受ける内田正人や井上奨は監督やコーチとして極めて危険な反則行為でも誉めるしかなかったのではないか、パワハラの告発の事後の二人の記者会見では守るためにいったと釈明されもしたけど、ところがそれが正しければ何もなかったはずの方向へ物事が進まないのが宮川泰介の罠、または一緒に何事もなく過ごしていて狙いが示されない点では陰謀だとしたらもはや被害者(奥野耕世)から警察に傷害罪で訴えられるとか人々から不届き者と白い目で見られるなんて生き辛さと引き換えの生活を齎すために本気で望まれるとは一般的に想像できない。


言葉上、監督やコーチが自分たちの優秀な選手を守るためと極めて危険な反則行為に手を染めても世の中から庇いたい気持ちは一つの思い入れから仕方なかったと同情するにしても優秀な選手その人の宮川泰介の実際の不利益が必要以上に大きくて成り立たないといいたい。


社会のパワハラの原因が悪質タックル事件で理解できる


内田正人や井上奨は宮川泰介を高く評価した。犯罪を行っても守るほどに気に入っていたのはなぜか。それ自体、悪辣な性格なのは夥しく指摘された。アメリカンフットボールの経験者は極めて危険な反則行為を起こした時点で当該選手を試合から直ぐに引っ込めて問い質さなかったのを指導者として失格と罵ったし、被害者へ逸早く謝罪しに行かずに見過ごしていたのが酷いのは人々からもはっきり非難された。何よりも「こんなこと言っちゃ悪いんだけど、宮川はよくやったと思いますよ」に示されていて犯罪を容認しているのが不味い。しかし注目するべきなのはパワハラとは何かにおいてだけど、日本大学のフェニックスでは他に目的があったわけなんだ。相手の選手を負傷させたり、犯罪を企ててでも達成すれば構わないくらい一目散に求められてしまっている。


傍目からは分かり易くて只単に上下関係として野卑な上司と散々な部下がいるわけだけど、実態は必ずしも上下関係が腐敗しているとはかぎらないのがパワハラの特徴だった。最終的に目指しているのは犯罪ではない、皆にとって悪と呼ぶべき。一言では業績で、学校や会社などの団体で手に入れようと必死に取り組みたい成果のためにパワハラは生じる。さりとて難しいのは倒錯した上下関係でもないところなんだ。上司は部下を傷め付けるばかりの存在とはいい切れない。業績を高めるために学級や職場などの集団の仲間として放り出して良いわけではないというか、発端として逆に能力を押し上げる代わりに悲惨なまでの攻撃が始められる可能性を持っている。


日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル事件はパワハラの特徴と発端を理解するのに物凄く相応しいし、それこそパワハラ以外の何物でもない様子が知って、万一、社会で襲われたら避ける方法も上手く得られるくらいリアリティーがあるのを実感する。


監督やコーチはチームを勝たせたり、選手を育てたりしたくて嘆かわしい行動を取った。注意すると体罰ではないのが驚く、パワハラそのものとして。選手が気に入らないとグラウンド十周を走れとか命じたりするのは体罰だ。なぜなら嫌がらせでしかないからだ。内田正人や井上奨も常日頃からやっていたみたいだけど、パワハラそのものとして悪質タックル事件の宮川泰介の経緯については又別なんだ。なぜ彼一人が対象者なのか。五月六日に極めて危険な反則行為を起こした日本大学フェニックスの選手は他にいない。


皆は追い込まれたという。関西学院大学ファイターズの中心選手を負傷させなければならないように仕向けられた。しかしこれだけだと体罰と区別できないし、悪質タックルという不法な状況を踏まえれば宮川泰介へはチームの一員としてもう終わってくれみたいな格好で、つまり上司から部下への嫌がらせの成れの果ての可哀想な不幸と遜色がない。監督の内田正人の「こんなこと言っちゃ悪いんだけど、宮川はよくやったと思いますよ」の世間からまだバッシングされずに本音をあっさり口にしたようなインタビューの言葉とも相容れない。チームの一員として先があるし、日本代表に選ばれるほどの選手だから流石か、有望株と正しく見込まれている印象を与える。たとえ追い込まれたとしても将来は終わりではない。


宮川泰介も分かっていたし、記者会見の説明では後から試合にもっとしっかり出して貰えるからやった、すなわちメンバーから外されてどうにもならないよりは少しでも入れるはずの極めて危険な反則行為の他には何も考えられなかったようなんだ。


実際上、井上コーチが監督からどうすれば試合に出られるかを聞いたら相手チームのQBを潰すから試合に出して欲しいと監督にいいに行けば良いんだといわれるままに従って目の前の 内田監督からは「やらなきゃ意味ないよ」(本人の釈明ではいってなくて確かに会ったものの三メートルか五メートルくらい離れていて何かいわれたとしても聞き取れなかった)と聞かされて当初は無理だった五月六日の試合に出るに至ったけど、ルール違反も已むなくは悪質タックルを働いてしまわれた。


パワハラを上手く避ける方法を考えると社会の様々な上下関係で部下として上司から攻められる対象者にならないのが最も重要だ。


宮川泰介の場合はアメリカンフットボールの逸材だったのが一つの切欠になっている。一緒に頑張れば好成績を残し易いと監督やコーチから目を付けられていた。選手として高く評価されて期待されていたかも知れない。


ある頃からやる気がないとチクチク攻められるようになっていた。記者会見の言葉で人々が本当に虚しいと感じるのは日本大学フェニックスで好きだったはずのアメリカンフットボールがどんどん嫌いになった気持ちが挙げられる。監督やコーチのせいだから災難に他ならないし、良い出会いが得られる世の中へ政治的に変えて行くべきだけど、しかしたぶん彼自身がもう既に気付いていて日々の触れ合いから当人たちに本音として微かでも伝えていたのが悪質タックルから振り返ればよもや引くに引けない因縁になっているようだ。アメリカンフットボールを介して一緒に頑張りたい日本大学フェニックスの同胞なのに邪険にされたというか、内田正人も井上奨も一目を置いて気に入り捲っているだけに仲良くしてくれない宮川泰介がいるのは許せないと目敏く感じたと推察するんだ。


最初は難癖を付けるようにちょっと苛めているうちに増長して悪質タックルまで行き着いたのは内田正人や井上奨にとっても初めてだろうけれども途中で止められなかったのは宮川泰介の性格が大人しかったのが起因しているのではないか。


パワハラの目的は業績なので、働く悪事は自覚されている。心の片隅で世の中の正義の味方に見付かってはならないと全く怯えないわけではないと思う。だから対象者が無抵抗なほどに攻め易くて誰にもいわないし、大丈夫だと喜んで止まらなくなるはすだ。しかも消えない。いつでも目の前にやって来る。対象者が好成績を出すとなれば反対に攻めたのが良かったせいだと味を占めて他には何も望まなくなるかも知れない。


宮川泰介がパワハラから悪質タックル事件を強いられたのは一つには内田正人と井上奨との日本大学フェニックスでの悪い出会いに気付いた人間観察の素晴らしさが仇になったのともう一つは大人しい性格から襲いかかられては振り払えない不吉な魔の手に唆かされたせいだと捉える。


どうするべきだったのか。本人は人間的な弱さを反省するけど、それは犯罪を行ったためだろう。気持ちが正義の味方を望んでこそ渾身だというと如何にも対照的らしい、世の中へ嘘八百と内田正人や井上奨と日本大学の人々から叩かれるばかりの気持ちとは。極めて危険な反則行為の悪質タックルを起こしたのは端から密かに悩まれた結果と聞くし、やってはならないはずの傷害という犯罪に手を染めたのは人間的な弱さに基づくのは確かとしか受け取れない。


パワハラにおいても同じかも知れない。もしも人間的に強ければ攻めて来る上司を部下として撥ね付けることは造作ないだろう。何かに付けて業績のために必要だと押し通そうとされるとき、下らない指示だから従わなくて良いと分別があって自力で間違いなしに追い返してしまう。


しかし難しい場合もあるというか、それこそ宮川泰介はアメリカンフットボールを是非とも続けるために経験者ならばあり得ない超大失態の悪質タックルまで余儀なくされたようにパワハラは人生が人質の悲しみなんだ。人間的に強いだけでは避け切れないと思う。


入り込んだら待ったなしの災難としてのパワハラを避けられる方法こそ上手いとすると全てを知っておくのがきっと何よりも大切だ。


想像するけれども人間観察の素晴らしさが仇になったり、大人しい性格が唆かされる場面は悪い出会いに由来するかぎり、どんなに悍ましくても世の中に全くないわけではないというしかない。


知らないと何もかも業績のためだから許されるみたいにパワハラは本当は酷くても疑うのが大変なんだ。


だから宮川泰介もおよそ悪質タックル事件を避けられなかったのは監督やコーチの不味い意見:関西学院大学の中心選手を怪我させれば試合を有利に進められて日本大学はもっと確実に勝てるなどの悪巧みを無批判に聞き入れたのが最大の原因ではなかったか。


記者会見を開いたり、苦しみつつも日常生活を変わらずに過ごせるのは一般的にいってまだ益しみたいだ。


自分が業績に貢献できないから駄目だと思い込んだら気にも病んでついに鬱病や統合失調症などの心理疾患に陥らないとはかぎらない。


パワハラのせいだし、聞き入れた意見が不味いだけだ。ただし全ては業績のために必要だからこそ従わないか、従っても結果的に失敗すれば自分が駄目だと思い込む可能性が出て来る。常日頃から貢献したいと願うほどに危ない状況が内面的に広がり易くなるだろう。


宮川泰介は二十歳で若かったけど、それでなくとも悪い出会いはいつどこで経験されるかは人それぞれだから人生で予測できないかぎり、せめて前以て知っておくのが上手い避け方に通じる。


不憫なのは気持ちが素直過ぎる余りではない。確かに人間的に強かったり、象徴的にいえば正義の味方を含めて不愉快な他人に警戒しながら暮らしている人たちは比較的に大丈夫かも知れない。しかし切欠は知らずに驚いてしまうのを是非とも注意したい。


パワハラは見かけで役立つから対処するのが厄介なんだ。業績を高めて何が悪いのか。実際に学校や会社などの団体が潰れもせずに成り立っていると不味い意見が蔓延りつつも良いみたいな感じがしてしまう。きっちり疑うべき場面にも拘わらず、初めて経験されるばかりだったり、知らないと何だろうと一人で考え始めるように驚いた隙を突かれて気持ちが酷くても目標実現とか悲願達成なんて欠かせない方向へ丸めて込まれて行くのではないか。


世の中には悪い出会いがあり得ると最初から知っていればどんなに素直な人でもパワハラに引っ掛からないはずだ。


もっというと他の不幸の手紙のような人生の破滅へ導かれるまさか《地獄からの誘い》に匹敵する様々な人々の悪巧みの声からも影響を受けなくなるかも知れないから望ましいと感じる。


自分でも他人でも身の回りにパワハラを見付けたらどうするかは又別の問題というか、気持ちは次のステップに入るし、諸々の固有の状況:人間関係や組織体制などに応じて是正する言動が生活上で着実にも求められるべきだ。


宮川泰介は監督やコーチにいわれるままに悪質タックル事件を起こしたからはっきりいってパワハラの被害としては途轍もなく大きいと悔やまれるけれどもアメリカンフットボールを断念せざるを得なかった。


人生の終わりと捉えて差し支えないわけながら日本大学フェニックスを辞めるのがパワハラを受けずに済んだ一つの打開策だったんだ。


場合によってはアメリカンフットボールを辞めずにパワハラだけを取り除く案もなかったとはかぎらないし、本当に自己表現という生き方そのものが問われるのは間違いないから慎重に考えると同時に勇敢に立ち向かわなくてはならない。


参考:日大悪質タックル事件のアメフト界に対する取り返しのつかない罪 日大アメフット悪質タックル問題で関学大が会見 被害選手の父「真相究明を」 日大アメフト悪質タックル 警察に被害届提出 日大“悪質タックル”父親と関学が会見 日大アメフト部内田監督「14分の自供テープ」を独占公開 「真実とは認識できない」関学大が会見で見解… 日大の再回答「反則促す指示確認できず」 関学選手の父、日大再回答書は「受けいれられない」 日本大学の大塚学長が対応の遅れ認め、謝罪 負傷の関学選手が初会見「選手として戻ってほしい」

コメント

些細な日常の人気の投稿

MOTOROLAのMoto G5 Plusを使い出してのスマホレビュー

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策