スキップしてメイン コンテンツに移動

ベティ・ライト|ソウルシンガー

ベティ・ライト/Betty Wright。1953年12月21日生まれ。アメリカのフロリダ州マイアミの出身。R&B、ソウル、ファンク、ゴスペル、ディスコを歌う。

ベティ・ライト

二歳から兄弟姉妹で結成したエコーズオブジョイ というゴスペルグループで歌い始めた。アルバムも出して1960年代半ばまで活動を続けた。

1965年に解散して十一歳からR&Bの歌手としてソロへ移行した。メインヴォーカル以外にバックヴォーカルとしてデヴィッド・バーンジミー・クリフジェニファー・ロペスジョニー・マティスグロリア・エステファンミリー・ジャクソンと共演している。

そして2000年代に入ると歌手の育成にも力を注ぐようになり、ダニティ・ケインやジェニファー・ロペスやグロリア・エステファンやジョス・ストーンの発声練習などの指導を請け負った。

音楽プロデュースも行い、スティーヴ・グリーンバーグマイケル・マンジーニと共にジョス・ストーンのアルバムのMind Body & Soulダイアン・バーチのアルバムのBible Beltを手がけている。

BETTY WRIGHT - CLEAN UP WOMAN (MIKE DOUGLAS SHOW) via ILMJXXX

代表曲にGirls Can't Do What Guys Do(1968)やClean Up Woman(1971)やTonight is the Night(1975)やWhere Is The Love(1975)やNo Pain, No Gain(1988)などがある。

『Clean Up Woman』で最も良く知られる1970年代の影響力のあるソウルシンガー。

原文

Influential soul singer of the 1970s best known for "Clean Up Woman."

ベティ・ライトは安定感のある艶やかで伸びやかな歌声が心地良く聞き惚れさせる。幼児期から歌に親しんで十代後半のClean Up Womanのヒットで早くも第一線のソウルシンガーとして認められた実力は伊達ではないというか、余人の追随を赦さない稀有な才能を示している。

1973年の第十三回グラミー賞でシングルのClean Up Womanが最優秀女性R&Bヴォーカルパフォーマンス賞、2009年の第五十一回グラミー賞でアルバムのTha Carter IIIリル・ウェインの作品で、収録曲のPlaying With Fireに参加したため)で最優秀アルバム賞にノミネートされ、1976年の第十八回グラミー賞で楽曲のWhere Is The Loveが最優秀R&B楽曲賞を受賞するなど、六回のノミネートと一回の受賞を数える。

コメント

些細な日常の人気の投稿

早川愛の高校野球の夏の甲子園の大会歌の栄冠は君に輝くの独唱のソプラノの美声

イメージ

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ

スノーボードのジャンプ中のグラブには幾つもの種類がある

イメージ

陸上自衛隊の歌姫/鶫真衣のいのちの音は死の恐怖に打ち勝つ勇気そのものだ

イメージ