スキップしてメイン コンテンツに移動

リン・コリンズ|ソウルシンガー

リン・コリンズ/Lyn Collins。1948年6月12日生まれ。アメリカのテキサス州レキシントンの出身。ファンク、ソウル、R&B、ハウスを歌う。

リン・コリンズのアルバム『Think (About It)』のジャケット
Lyn Collins' Think (About It) by WhoSampled via Twitter

十代から歌い始め、チャールズ・パイクス&スカラーズでUnlucky Loveを十四歳で録音したりもした。同年に音楽一座のジェームズ・ブラウンレビューの管理者で興業主の男性と結婚した。

そして1970年に親方のジェームズ・ブラウンに送ったデモテープを切欠に歌手として見込まれて翌年初めから録音に参加して年末にWheel of Lifeを発表したり、翌々年にはジェームズ・ブラウンレビューにも公式に参加するようになった。

ジェームズ・ブラウンと共に音楽活動を続けて彼のピープルレコードからソロの楽曲も幾つも発表した。

1980年代の終わりから1990年代の初めにはヨーロッパのハウスミュージックに歌姫として起用された。

代表曲にThink (About It)(1972)やMe and My Baby Got a Good Thing Going(1972)やMama Feelgood(1973)やHow Long Can I Keep It Up(1973)やShout(Toddy Mix/1989)などがある。

愛称「女伝道師」、リン・コリンズは1970年代の初めに最も激しいファンクの段階へ移行していたジェームズ・ブラウンによってブーツィーとキャットフィッシュ・コリンズと一緒に見出だされた……。

原文

Nicknamed the "Female Preacher," Lyn Collins was discovered in the early '70s along with her relatives Bootsy and Catfish Collins by James Brown, who was making the transition to the hardest funk phase…

リン・コリンズの歌声は淀みのない美しさを持っている。人々から「女伝道師」と呼ばれるけれども何よりもファンクミュージックでの通りの良い叫びが所以かも知れない。聴き応えが大きく、青天井を思わせるような際限のない音楽の喜びを受け取らせる。

コメント

些細な日常の人気の投稿

早川愛の高校野球の夏の甲子園の大会歌の栄冠は君に輝くの独唱のソプラノの美声

イメージ

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ

スノーボードのジャンプ中のグラブには幾つもの種類がある

イメージ

陸上自衛隊の歌姫/鶫真衣のいのちの音は死の恐怖に打ち勝つ勇気そのものだ

イメージ