スキップしてメイン コンテンツに移動

チャカ・カーン|ソウルシンガー

チャカ・カーン/Chaka Khan。1953年3月23日生まれ。アメリカのイリノイ州ノースシカゴ出身。R&B、ソウル、ファンク、ポップ、ディスコ、ゴスペル、ジャズを歌う。

クリス・マーチのオレンジのドレスを着たチャカ・カーン

1973年にファンクバンドのルーファスのヴォーカルとしてデビューして1978年にソロ活動を行い、1982年にルーファスが解散すると歌手として完全にソロ活動へ移行した。

ルーファスの代表曲はTell Me Something Good(1974)やSweet Thing(1975)やAt Midnight (My Love Will Lift You Up)(1977)やDo You Love What You Feel(1979)やAin't Nobody(1983)などがある。

ソロの代表曲はI'm Every Woman(1978)やI Feel for Youプリンスの楽曲のカヴァー/1984)やI'll Be Good to Youブラザーズ・ジョンソンの楽曲のレイ・チャールズとのデュエットのカヴァー/1989)やThe Woman I Am(1991)やWhat's Goin' onマーヴィン・ゲイの楽曲のファンクブラザーズとの共演のカヴァー/2002)などがある。

至高にファンキーな何でもやれる歌手で、グラミー賞は四十年に及び、そしてヒット曲は『Tell Me Something Good』(Rufusと共演)から『I Feel for You』へと並ぶ。

原文

Supremely funky, versatile singer with Grammys spanning four decades, and hits ranging from "Tell Me Something Good" (with Rufus) to "I Feel for You."

チャカ・カーンは乗りに優れた華やかな歌声から「ファンクの女王」と呼ばれる。歌もさることながら全てが憑依したかのようなパフォーマンスが圧巻で、すなわち歌手としての表現力が抜群だ。掛け値のない生命感を味わわせてくれる。

1975年の第十七回グラミー賞でルーファスの楽曲のTell Me Something Goodが最優秀R&Bパフォーマンス賞ヴォーカル入りデュオまたはグループ部門、1985年の第二十七回グラミー賞でソロの楽曲のI Feel for Youが最優秀R&B女性ヴォーカルパフォーマンス賞、2003年の第四十五回のグラミー賞でソロの楽曲のWhat's Going Onが最優秀トラディショナルR&Bヴォーカルパフォーマンス賞を受賞するなど、二十二回のノミネートと十回の受賞を数える。

コメント

些細な日常の人気の投稿

早川愛の高校野球の夏の甲子園の大会歌の栄冠は君に輝くの独唱のソプラノの美声

イメージ

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ

スノーボードのジャンプ中のグラブには幾つもの種類がある

イメージ

陸上自衛隊の歌姫/鶫真衣のいのちの音は死の恐怖に打ち勝つ勇気そのものだ

イメージ