スキップしてメイン コンテンツに移動

シャーリー・ブラウン|ソウルシンガー

シャーリー・ブラウン/Shirley Brown。1947年1月6日生まれ。アメリカのアーカンソー州ウエストメンフィスの出身。R&Bを歌う。

シャーリー・ブラウン

生まれて間もなく、イリノイ州マディソンへ移り住んで九歳には教会でゴスペルを歌うようになった。翌年には優秀なソロを熟せると町中のゴスペルグループから称賛を受け取った。

その後は世俗音楽も歌うようになって十四歳のときにブルックリンのクラブで歌っているところをブルースのギタリストで、歌手のアルバート・キングに見出だされた。直ぐ様と巡業へ連れ出されて、九年間、帯動したんだ。家庭教師が手配されたけれどもシャーリー・ブラウンによれば授業を良く抜け出してバンドの練習に参加するのが歌手としての大した経験になったらしい。

イーストセントルイスに住んでいた1971年に二枚のシングルを発表して地方的な好評を得られた。三年後にはアルバート・キングの計らいによって黒人音楽で名うてのスタックスレコードからWoman to Womanを発表する運びとなった。すると爆発的にヒットしてシャーリー・ブラウンは全国的な好評を得ながら一躍とトップスターの仲間入りを果たした。

代表曲はWoman to Woman(1974)やIt Ain't No Fun(1975)やBlessed Is The Woman (With A Man Like Mine)(1977)やAfter A Night Like This(1979)やAin't Nothin' Like The Lovin' We Gotボビー・ウーマックとのデュエット/1989)などがある。

1970年代のスタックスのソウルシンガーで、90年代に第二幕を持った。

原文

1970s Stax soul singer whose career had a second act in the '90s.

シャーリー・ブラウンは深みのある歌声で、聴いて胸の奥から癒されるような感じがする。ミディアムからスローなテンポの曲に特に合ってそうか。魂に満ちた人間的な温かみ、すなわち世界への慈しみが如実に味わわれる。

1975年の第十七回グラミー賞でシングルのWoman to Womanが最優秀R&B女性ヴォーカルパフォーマンス賞にノミネートされた。

コメント

些細な日常の人気の投稿

早川愛の高校野球の夏の甲子園の大会歌の栄冠は君に輝くの独唱のソプラノの美声

イメージ

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ

スノーボードのジャンプ中のグラブには幾つもの種類がある

イメージ

陸上自衛隊の歌姫/鶫真衣のいのちの音は死の恐怖に打ち勝つ勇気そのものだ

イメージ