スキップしてメイン コンテンツに移動

deadmau5のSome Chordsはドラムのとても気持ち良いエレクトロダンスミュージックだ

聴いていてゴム毬が跳ね捲るような感じのするドラムなんだけれども床に潰れて膨らむ様子までもが克明に伝わって来るところが凄いのではないか。

そうした弾力がリズムを活かし切っているゆえにdeadmau5Some Chordsは本当にとても気持ち良いドラムを鳴らしているといってみたくなるんだ。

曲想は至ってシンプルで、三分ちょっとでもう良いと止めたくなってしまう。しかし七分以上もあるので、どうすれば持ち堪えられるのかと考えていたらドラムに魅力が詰まっていた。とても気持ち良いとリズムに乗りながら聴いていると大丈夫だった。

シンプルな曲想のせいか、一つ一つの音が耳に良く残る。冒頭から素直に盛り上がって行って音楽の喜びが頂点に達して締め括りを爽快に迎えるという。

deadmau5のSome Chordsはそれが三分ちょっとで、二回、繰り返されているわけなんだ。

ただし前半と後半では趣向が異なるので、どちらも全く同じ内容ではない。七分以上という音楽の大きな流れの中で特徴付けられているようだ。冒頭から締め括りまでの作曲家の展開の妙に触れられると思う。

エレクトロダンスミュージックでは本当に好きな作品の一つだ

職人芸というか、楽曲の音作りの巧みさが際立って受け取られるし、取り分けドラムの粘り強さがかつて知らなかったくらい嬉しくも驚かされてしまった。

コメント

些細な日常の人気の投稿

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

Google日本語入力のキーボードで全角の英数字を打ち込む方法

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

ジャパネットたかたの丸尾詩織の商品説明に気持ちが入っていて素晴らしい理由

Androidスマホのhtml編集の無料アプリ:WebMaster's HTML Editor Liteのレビューと使い方