スキップしてメイン コンテンツに移動

サイトのSEO対策のタイトルの文字数は三十文字前後がオススメなんだ

ホームページやブログの検索エンジンでのサイト評価を上げてアクセスアップを図るためにはキーワードを入れてタイトルを付けるのが大切だけれどもどのくらいの文字数が良いのかも考えておきたくなる。

タイトルは半角 60 文字(全角 30 文字)前後にする(短い簡潔なタイトルは読みやすく、末尾の切り詰めも防ぎます)。

信憑性が高いと思う。BloggerヘルプのSEO対策への助言で、最大手の検索エンジンのGoogleが提供していて世界で最も利用者の多いブログサービスの一つなのが真実味を著しく与える。検索結果やブログのアクセスの何れも正しくビッグデータに裏打ちされたサイトの検索エンジンからのアクセスアップの並外れた専門家の意見として殊更に重視して然るべきではないか。興味深い指摘なのは間違いない。

日本語だと全角文字だから三十文字前後のタイトルの文字数がオススメと受け取られるわけだ。

自分でやって来てちょっと短いと違和感を覚えるけど、ブログの検索エンジンからのアクセスアップは遅々と捗らないし、いっそ省みればSEO対策が緩いせいもあるかも知れない。

現時点、好調な記事のタイトルの文字数を調べてみると二十七文字と二十三文字と三十六文字と十九文字と三十一文字が挙げれられる。

三十六文字は少し長くて十九文字は少し短い。それ以外はオススメの三十文字前後に収まっているのではないか。五文字の加減で捉えると好調な記事ではタイトルのオススメの文字数の割合が非常に高い。

五件ではデータが少ないので、他の記事を調子が良い方からもうちょっと含めると短いのは厳しくて長いのはさほど変わらないような傾向がありそうだ。

かねて僕自身はロングテールキーワードを狙ってタイトルを長めに付ける記事を増やしていたので、却って上手く行ってないとすればきっぱり減らすべきだと考え直したい。

好調な記事の五分の三がBloggerのヘルプのSEO対策への助言、または検索エンジンからのアクセスアップの非常に興味深い指摘に当て嵌まっている。

結構、他の記事とは調子の差が大きい記事ばかりなので、五件しか挙げないのではタイトルの文字数が最善かどうかを判断するデータとしては少ないにせよ、気に留めて良いかも知れない。

サイトの利便性からするとタイトルが短いほどにサイト内容が伝わり切らなかったり、長いほどに直ぐに分からなかったりするのが難点なのも確かなので、やはり三十文字前後が適切だと感じるし、訪問者がサイト内容を無理なく察知するためには役立つはずだ。

タイトルの文字数はサイト内容に合わせて過不足なく、丁度に纏めるべきだし、さもなければ検索エンジンでのサイト評価も使われるキーワードに相応しく上がらないのではないだろうか、概して三十文字前後で納得できる場合が多いからSEO対策の目安としてサイト作成に取り入れるのは吝かではない。

コメント

些細な日常の人気の投稿

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

MOTOROLAのMoto G5 Plusを使い出してのスマホレビュー

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策