スキップしてメイン コンテンツに移動

コンテンツSEOの核心はキーワードへの情報を的確に載せておくサイト作成だ

サイトの検索エンジンからのアクセスアップのためにSEO(検索エンジン最適化)対策を考えるけれども高品質なコンテンツが非常に重視される。一昔前はキーワードを使うだけで、良かったかも知れないけど、ところがGoogleでは自然言語処理が活用されたり、コンテンツの文章が分かるようになって来たんだ。昨今はサイトに意味がないと検索エンジンでのサイト評価は上がらない。キーワードを使うのもやり過ぎれば不正行為と見做されてペナルティーを食らうし、検索結果からは追放されてしまう。

コンテンツの文章がキーワードという単語よりも重視される状況から検索エンジンからのアクセスアップのためのSEO対策の一つとしてコンテンツSEOが新しく注目される。

簡単にいうとキーワードを適度に散りばめた意味のある文章を書かなくては検索結果で優遇されるサイトは持てないんだ。

Googleは自然言語処理によって文章だけでサイト評価を行うのを目標にしているらしいので――それこそ人間と同じように検索ロボットでもサイト内容を把握したいわけだ――将来的にはサイトにキーワードを敢えて置かなくても検索エンジンからのアクセスアップは大丈夫と考えられる。

例えば料理のレシピで、ハンバーグの作り方を検索した場合に「ハンバーグ」と「作り方」の二つのキーワードがないサイトは理解できないような事態が改善される。前者は良いとしても後者は「どう作るか」とか「調理法」なんてサイトに置かれたキーワードが微妙に変わったりするので、それぞれにコンテンツの意味が等しければぴったり合わなくても検索結果に出せるように進歩する。

現状は厳しい、ただし。Googleを使ってもキーワードがないか、または微妙に変わっているサイトは検索結果に殆ど出て来ない。本当に珍しいキーワードで、紹介するサイトがどうしても見付からないような場合にかぎって作用しているかも知れない程度だろう。

ユーザーがコンテンツを探すときに検索しそうなキーワードを考えてみましょう。そのトピックについてよく知っているユーザーは、よく知らないユーザーとは異なるキーワードを検索クエリで使用するかもしれません。たとえば、長年のサッカーファンは「国際サッカー連盟」の略語である「fifa」というキーワードで検索し、新しいファンは「サッカー プレーオフ」のようなより一般的なクエリを使用するかもしれません。検索行動におけるこのような違いを予測し、(キーワードの語句を上手く取り入れて)コンテンツを記述するときに考慮すれば、よい結果をもたらす可能性があります。

自然言語処理が十分に確立されるまではSEO対策でコンテンツにキーワードを適度に散りばめるのが有利だし、または両立するならば将来的にも欠かせないはずだけど、何れにせよ、サイトのキーワードが検索エンジンの利用者の気持ちにぴったり合っているかどうかを全く考えないサイト作成は呼ぶ人を減らし兼ねないから注意するには越さない。

コンテンツSEOは基本的に意味のある文章が大事だ

求められるのは当たり前のサイト作成でしかない。要するにキーワードスタッフィング(詰め込み)で検索結果の上位に掲載されるサイトを減らすように検索エンジンが変わっただけだ。元々、やらないのが普通だった。キーワードだけで検索エンジンからのアクセスアップが可能ならば皆がやりたがるはずだし、延いてはコンテンツの文章に意味がないくらい優先する人が増える一方だから検索エンジンの利便性は下がってしまう。検索結果のリンク先がキーワードだらけで、中身がなくては訪問するのも無駄ではないか。詰まらないほどに紹介する検索エンジンの信頼性も落ちる。意味のある文章のコンテンツのサイトを検索結果の上位に掲載しなくてはならないわけだ。大分、できるような感じだからサイト作成では検索エンジンからのアクセスアップを望むかぎり、すなわちSEO対策としてコンテンツSEOがキーワードスタッフィングよりも明らかに必要だ。

高品質なコンテンツの決め手は情報の質と量が司る

普通にやって文章に意味のあるサイト作成が検索エンジンに好まれるし、サイト評価を上げるのに役立つ。高品質なコンテンツと見做されれば検索結果で上位に掲載されてサイトのアクセスアップを果たす可能性が高まる。

どんなサイト作成が良いのかをもうちょっと細かく捉えると情報の質と量が高品質なコンテンツの決め手だと感じる。いい換えると取り上げるテーマの必要に応じて情報を的確に載せておくサイト作成がコンテンツSEOの核心だろう。

実際に通用するとは分からないし、確実に検索エンジンから人を呼ぶとは断定できないけど――検索エンジンがサイト評価で幾つものサイトを格付けしながら検索結果を作り出す検索アルゴリズムは余りに複雑過ぎてどうにも計り難い――しかし様々な要因からサイトのSEO対策に物凄く役立ちそうだ。

概して検索エンジンの利用者のキーワードに相応しいコンテンツが高品質と見做されるのは間違いないので、それを情報の質と量で押し上げるサイト作成が重要ではないか、コンテンツSEOの効果を持つと考えられる。

個人的に気に留めたいのは補足を増やす方法だ。コンテンツの文章そのものはしっかり仕上げるのが肝心要で、それ以外に手立てはないだろう。コンテンツSEOとしては文章の組み立てでhtmlタグの見出しや重要性や強調などを使えば検索エンジンにサイト内容がセマンテック(機械向け)に分かり易くなるから取り入れたい。ところがさらに良いと思うのが補足を種々と付け加えるサイト作成で、過ごしてしまうのは惜しい。

  • 文章や画像などの引用
  • 関連サイトへのリンク

サイトのコンテンツが高品質だと検索エンジンでのサイト評価を上げるのは何よりもコンテンツの文章にかかっているから必要なのはそれ自体で、諸々の補足はなくても構わないと考えるけれども文章や画像などの引用や関連サイトへのリンクが付け加わると情報の質と量が増すわけだからSEO効果を発揮するかも知れない。

訪問者にとってもキーワードに相応しくコンテンツが纏められているのは有益に感じるはずだ。気に入られて他のページもチェックすると平均ページの滞在時間が上がるし、外部サイトにリンクを貼るとページランクが上がるし、覚えておいて再訪問するとアクセスが伸びる。何れも検索エンジンでのサイト評価に良い影響を与えると予測される。

サイトが有益かどうかにコンテンツの文章だけではなくて補足も関わっていると考えると両方とも疎かにしないサイト作成がコンテンツSEOに最善を尽くす方法とも過言ではない。

検索エンジンで高品質なコンテンツと見做される割合が増すのではないか。

たとえオリジナリティーと無縁でもサイト評価を上げるようで、経験上、Googleの検索結果の上位のサイトで数多く目にして気付く。コンテンツ自体が他のサイトのコピーばかりではペナルティーを食らって検索結果から追放される危険性が高いにせよ、文章や画像などの引用や関連サイトへのリンクが妥当に使われていて補足として機能していると検索エンジンに好かれ易くてアクセスアップに繋がると考える。

最も顕著なのはWikipediaだろう。諸々のコンテンツの末尾に出典への外部リンクが夥しく貼られていたりする。検索エンジンではキーワードの検索結果が一位なんだ。高品質なコンテンツのサイト評価に補足が有益と加味されてないとはかぎらない。少なくともやって不味いわけではないし、訪問者に役立つかぎりは重要性を否定できないからサイト作成で取り入れたい。

コメント

些細な日常の人気の投稿

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

ジョナサン・モフェットのドラムの8ビートの切れ味の鋭いグルーヴ

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法