スキップしてメイン コンテンツに移動

Imgurならばアップロードした画像を外部サイトにスムーズに載せられるから好き

ホームページやブログを様々なディレクトリー型の検索エンジンに登録している。するとバナーが使えるサイトもあってしかし画像のアップロードはできなかったりするとどこかのサーバーから画像のURLを持って来なくてはならないんだ。


今までGoogleのPicasaを使っていてバナー画像のURLは取得できたけれどもフォトに統合されるような形で今年の春にサービスが終了してしまった。


外部サイトに既に貼った画像は使えるし、消え去るわけでもない。ただし僕としては気持ち悪いので、他のウェブサービスに変えなくては行けないと考えていた。


Googleのフォトが使えればアップロードした画像のデータは引き継がれているというか、元から中身は同じだから何の迷いもなかった。画像のURLを取得することができるかどうかだけがちょっと曖昧で、公式では全くアナウンスされてないんだ。Picasaは画像を外部サイトで使って構わないみたいにヘルプでやり方も載せていたのにフォトは音沙汰なしでどうにも具合が悪い。


尤もクラウドストレージから画像のURLを取得できれば手っ取り早くて最も簡単ではなかったか。Googleならばドライブだけれどもアルバムで自分が見たり、知り合いに見せたりする画像ではないわけだし、ホームページやブログのバナーで外部サイトに載せることが主眼だからデータだけ置いてあれば十分なんだ。しかしこれも画像のURLが取得できるかどうかについてはやはり公式で全くアナウンスされてなくて具合が悪いことには変わりがなかった。


追記:Googleのドライブは一般公開された画像や動画などのウェブの設定からiframeタグ(画像のURLではない)での埋め込みコードを取得できるように変わった。


画像のURLを出して外部サイトで使って良いとちゃんといってくれるウェブサービスが欲しい。ただし直ぐにサービスを終了されても困るからそれなりに安定したサーバーでなくては使っても仕様がないかも知れない。外部サイトに画像を置いたのにリンク切れでは悲しくて目も当てられなくなる。


インターネットでぐるぐる回りながら気を引かれたサイトがImgurだった


Imgurのウェブのトップページ
トップページ via Imgur

以前、一回、試してはいた。アカウントを持たなくても画像をアップロードしてそのURLを取得できる。ただし画像の置いてあるページのURLが忘れるや否や取り戻せなかったんだ。サイト内で検索しても出て来なかった。幸い覚えていたから試した画像も削除できたけれども恐いと感じた。気に入らない画像を間違ってアップロードして、万一、そのままになってしまったら泣くに泣けないし、Imgurはウェブサービスとして非常に使い辛いという印象を抱かされていたという。以降、近寄らなくなっていた。


ところがアップローダーの機能は優れているし、世界で大勢に使われているものだからサービスが終了する可能性は低そうだし、再び試してただしアカウントを取ってやることにした。


Imgurはアップロードした画像を外部サイトへ引っ張って来るには本当に適していると思った


ウェブでもアプリ(Google PlayApp Store)でもサインインして「Direct Link/Share Direct Link」から何ともスムーズに画像のURLが取得できてしまう。流石にアップローダーに特化しているウェブサービスは使い心地が一味も二味も違って如何にも素晴らしいと感心した。


ところでpngファイルの画像はImgurのウェブではjpeg/jpgファイルに変換されるようだ。サイトのバナーのように小さなものはpngファイルこそ画質の劣化が抑えられるからそのように作成しているので、辛かった。しかしアプリならばアップロードしたpngファイルのままで画像のURLも取得できるから本当に良いと思ったし、助かった。


画像の公開と非公開も手早く切り替えられるし、デフォルトでは非公開で画像をアップロードしてアルバムに入れると公開で表示するような設定になっているようだ。中々の親切設計ではないか。アカウントを取らずに試して訳も良く分からずに苦しんでいたのとは偉い変わり様で、気に入らない画像を削除するのも朝飯前なんだ。画像のメニューからいとも容易い。


最初から画像のURLを取得するならばImgurで何もかも良かったと馬鹿みたいに後悔させられている。デザインは見易いし、画像も選ぶのに手間はかからなし、動きも画像が多くて幾らかもた付くくらいで決して悪過ぎることはない。十二分に満足される、僕にはもはや。


本国のアメリカに次いで日本でも使っている人は多いらしい。日本語に殆ど対応してないウェブサービスだから珍しいと思う。すると画像のアップローダーで外部サイトへ画像を持ち出せるものは少ないから使わざるを得なくて外国語のままでも手が伸びるんだろう。畢竟、人々の本当に欲しくて必要な何かへの気持ちは言語の壁を易々と越えてしまう。


僕も英語が堪能ではないので、Imgurは全く大変でなくはないにせよ、使いながら覚えて行けばきっと大丈夫だという感じで、一つの勉強にもなるし、そこは面白く臨むばかりだった。


Imgurは皆の公開された画像を数多く見られるのも嬉しいと思う。情報収集に役立てながら人生を豊かにすると共に人間的な成長に繋げて行けたら有り難いかぎりではないか。何もいうことはないだろう。

コメント

些細な日常の人気の投稿

MOTOROLAのMoto G5 Plusを使い出してのスマホレビュー

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策