スキップしてメイン コンテンツに移動

些細な日常

コンテンツのしっかりしたサイト作成で検索結果のトップに立たなくては

十数年以上前のアクセスアップのためのサイトを見付けたらコンテンツが良いほどにGoogle検索で有利に紹介されると載っていて実に興味深かった。

なぜなら近年と全く同じだからだ。コンテンツのしっかりしたサイトが検索結果の上位に掲載されるような仕組みになっている。元々のGoogle検索もそんなふうに動いていたんだと分かって来たので、どうして昔から今までの十数年間の検索結果が変わっていたのかを考えてみたくなる。

本当はGoogleのせいでは何一つなかったのではないか

世の中が変わっていたと思う、むしろ恐らくは。Google検索で有利に紹介されればアクセスが伸ばせると大勢の人たちに知られるようになり、サイト作成にコンテンツよりも掲載順位を考える手法が増えて検索結果が別物として作り出されてしまったせいだった。

古くはサイトのHTMLでmetaタグのkeywordsにキーワードを入れるだけで掲載順位でトップのサイトが持てたらしい。Googleはmetaタグのkeywordsを読み取らないようにしてコンテンツの伴わないサイトを検索結果から退けることに成功したといわれる。

しかしページランクが注目されると外部サイトからリンクを数多く貼るだけで掲載順位でトップのサイトが持てるようになってしまった。これは現在でもあり得るかも知れないし、Googleはページランクを廃止してないので、完全に止めるかどうかも定かではないないにせよ、掲載順位を妨害するサイト、つまり自作自演のリンクが余りに多過ぎたり、コンテンツに全く合ってなかったりするホームページやブログについてはペナルティーで検索結果に出さないように警戒しながらやっているわけだ。

どちらにしてもGoogleが検索結果を作り上げたい大元のサイト評価は変わってなかったという他はない

コンテンツのしっかりしたサイトが良いわけなので、それが検索結果に出なくなるのは掲載順位を手法だけで上げようとするサイトが増えたせいだったし、実際に可哀想なのもGoogleだったと気付いてしまった。

近年、過去に近付くようにコンテンツのしっかりサイトが掲載順位のトップに立っていると考えられるけれども新しくはサイト評価に無関係な要因を悉く見抜いて除外するべく検索エンジンが改良されたことを物語っているのではないかしら。

Googleがコンテンツのしっかりしたサイトを検索結果で有利に紹介しようとしているかぎり、やはり僕もサイト作成で目的と手段を取り違えてはならないと感じる。

サイトのアクセスを伸ばしたくてGoogle検索を研究するけれどもコンテンツを蔑ろにしてまで首を突っ込んでは行けない。

コンテンツが伴わないホームページやブログにも拘わらず、キーワードでけ掲載順位のトップを目指してはやっていても虚しい。

僕が目指したいのはコンテンツを充実させるサイト作成だし、それをサイト評価に繋げる検索エンジンだからこそGoogle検索が好きだったわけなので、昔から今まで間違いなかったと分かったところは嬉しくも胸に染みるけど、未来へも変わらなければさらに励みにしながら安心して頑張り続けて良いはずだ。

  • ブログの投稿者: 結城永人
  • タイトル: コンテンツのしっかりしたサイト作成で検索結果のトップに立たなくては
  • 最終更新: 

コメント

最近の投稿

日付: 

あわだまで取るビタミンCと重曹が良い感じ

イメージ

人気の投稿

宜保愛子は本物の霊能力者だと考えられる三つの真実

イメージ

昭和から平成にかけてテレビや雑誌で何度も大きく取り上げられて物凄く活躍した霊能力者の 宜保愛子 がいた。何気なく昔のテレビ番組を観ていたら霊視は嘘だったと思えない内容で、本当にびっくりした。昔、そんなに引き付けられて観ていたわけではないし、改めて霊能力が本当かどうかを確かめようと...

伊良部秀輝が自殺した原因はミッドライフクライシスによる鬱と飲酒だと考える

イメージ

プロ野球選手の 伊良部秀輝 が自殺したと知ってショックを受けたことがあった。もう十年以上前になる。2011年の夏、享年四十二と早過ぎたのに加えて大好きな投手の一人だったので、とても残念に感じた。 目次 伊良部秀輝が大好きだった記憶 負けても自分のスタイルを貫き通した 野球への...

平田監督の白井球審の誤審への抗議はパワハラへの強力な対処法に他ならない

イメージ

日本プロ野球で 佐々木朗希が完全試合を実現して 次の試合も八回まで無安打と無失点の状況で、次の試合はどうかと注目した4月24日の対オリックスバファローズ戦は初回の先頭打者の初球にヒットを打たれて五回に二失点を喫して連続の無安打と無失点が両方とも途絶えてしまった。 しかし予想外...