詩を降りる気持ちは皆から離れ去りながら初めて掴まれるように生きられていた

自分の写真結城永人 -

コメント