アナウンサーで気に入ったホラン千秋が芸能界で人の痛みが分かる苦労人だった

ブログを更新する疲れが酷くて休みを増やすためにテレビをかけて目を瞑りながら横になってたりする。久し振りに色んなテレビ番組に触れながら何よりも驚かされたのはNスタホラン千秋だった。



ニュースのアナウンサーだけど、しかし芸能人らしくて喋り方が非常にユニークなんだ。ハキハキし捲っていてコンピューターの音声出力みたいな趣きだから珍しい人が出て来たと思った。人工知能を搭載したロボットが流行っている昨今の世相に合っている様子だし、可愛くて面白いのも明らかだけど、ただし個人的にちょっと切ないとも感じた。生活上、時代の変わり目を如実に示されている。


ホラン千秋は声質がキンキンしていて聞き辛いのは偶さか避けたくなった。実際にチャンネルを変えてみると他のテレビ番組が特に良いわけでもないし、戻ったり、又避けたり、日毎、繰り返しながら過ごしていた。Nスタを含めてテレビ番組をあちこち観て回るうちに聞き辛いというホラン千秋のキンキン声に慣れてしまった。


そして考えながら、一生懸命、やっているせいなのだから別に構わないんだと気付いた。


ホラン千秋にニュースのアナウンサーとして納得すると逆にハキハキし捲っているのが聞き易く感じて来たし、一つの魅力だと新しく認めながら夕方のテレビはNスタを中心にかけるのが良いと落ち着いた。


気に入りながらとても感心したのは僕が聞きたいことを他の出演者にちゃんと聞いて番組内で引き出してくれた


大相撲の日馬富士の貴ノ岩への暴行問題で解説者が来ていた。テレビへの出演に慣れてないのか、解説者として呼ばれているのに専門的にいうべき言葉が出て来なかった。個人の感想/私見しか述べずにいた。


番組上、どうなるのかとちょっと焦りながらNスタを観ていた。個人の感想しか述べない解説者を起用するのではギャラを払うのはテレビ局の経費の無駄遣いになってしまうだろう。後から反省会で問題視されても不思議ではないと気が気ではなくなったりした。


聞いていて特段に面白いわけでもなかったし、ブレイクするならばともかく、誰でも思い付きそうな本当に世間話みたいな雰囲気が広がり始めていた。


咄嗟に尋ねたんだ、ホラン千秋が。解説者の個人の感想にそれはどうしてそうなのかというふうに質問を打つけながら欲しい言葉を貰っていた。狼狽えた僕はすっきりしたし、何のために来ている解説者なのかと訝しい気持ちから解き放たれたのは正しく嬉しかった。


ホラン千秋は凄いと知った。只単に気になって口出ししたに過ぎないのかも知れないし、または役回りが分かっていて不味いと助けたのかも知れない。どちららにしても良いと思う。一人で感心せずにはいられなかった。


ホラン千秋「ハーフ」という枠にとらわれず、一人の人間として勝負したい via oricon

名前から気付くけど、ホラン千秋は日系二世のハーフなんだ。アイルランド人の父親と日本人の母親を持つ。1988年の9月28日生まれで、現在は二十九歳だから案外と若くなかった。Nスタの爽やかな印象からするともうちょっと若く見えていたけれども調べると芸能界へは2001年から入っていたから十五年以上の経験を積んで来たベテランだったんだ。


全然、知らなかった。売れないと直ぐに消えると良く聞かれる芸能界だから、十五年以上、芸能活動を続けるだけでも驚いてしまう。とはいえ、僕だけなのか。調べるとドラマや映画やCMなど、色んな仕事をやっていたみたいで、必ずしも人気がないのに残ったわけではないとも考えられる。


今ではテレビ番組に引っ張りだこだが、「売れない役者時代を10年間くらい過ごしていた。本当に仕事がなかった。ウィキペディアを見てもらえば分かると思う。」と苦労を吐露。


ホラン千秋、“短髪”への変身が転機に ロング時代は「仕事がなかった」 via ORICON NEWS

かつて本人は大変だったようだ。人気がないのに芸能界に残ったとすると奇跡だと微笑む。しかも髪型をロングからショートに変えたのが切欠らしいからちょっとしたところで本当に人生は何が起こるかは分からないと学ぶ。いい換えると些細な日常で未来が決まってしまうのではないか。気付けば簡単に味わわれる奇跡ならば人間は不遇なほどに新しい方法を探さなくては行けないんだ。


苦労人だと知ってホラン千秋に尚更と共感する。人の痛みが分かってこそ良い仕事もできるに違いない。自分のためでは金儲けにも、中々、繋がり難いはずだし、およそ皆が求める気持ちはどこへ向かうかを読み取って表現するのが重要というか、受け入れられる可能性が高い。何が好きで、何が嫌いか、分かると有利ではないか。期待したい、Nスタのニュースのアナウンサーで初めて見付けて気に入ったけれどもホラン千秋に紛れもなくこれからも。


喋り方が非常にユニークで、分けてもキンキン声が慣れるまでは避けたくなったとはいえ、感心させられる働き振りの爽やかさは美点だし、皆が寄って来るはずの自然に愛されるキャラクターが素敵だ。

コメント

些細な日常の人気の投稿

MOTOROLAのMoto G5 Plusを使い出してのスマホレビュー

Imgurで画像URLと埋め込みコードを取得する方法

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策