スキップしてメイン コンテンツに移動

イスマエル・ディヴィスのLight My Fire(ドアーズ)|恋愛歌

2019年に発表されたイスマエル・ディヴィスLight My Fireハートに火をつけてが恋愛歌として胸に響いた。

作詞作曲はジム・モリソンロビー・クリーガージョン・デンスモアレイ・マンザレクで、オリジナルの歌手は四人が所属するドアーズになる。

制作者の名義はドアーズのメンバー四人だけれども実作の大半はロビー・クリーガーが手がけ、作曲にレイ・マンザレクが加わり、その他はジム・モリソンが二番の歌詞を書いたくらいしか関与してないとされる。

ドアーズの1967年のアルバムのThe Doorsに収録されて同年にシングルカットされた。

最初のアルバムの収録は七分六秒と長いけれども次に出たシングルはラジオ用に中間部を大幅に切って二分五十二秒に編集された。

イスマエル・ディヴィスのLight My Fireのカヴァーはアコースティックギターとカホンが中心の演奏が原曲のサイケデリックに白熱した雰囲気を分かり易く出していると感心した。狂おしいほどの思いが特徴的に表現されている恋愛歌だけれども募り募らされる心のどこまでも渦巻くような世界が真っ直ぐなヴォーカルと共に終盤のタンバリンを合わせても三つだけの楽器で力強く味わわせてくれる。

歌詞の内容

出だしの部分;

真実じゃなかった
嘘吐きの俺がいた
いわせて貰えば
ほら、もっと行けたのさ

おいでよ、火を着けに
おいてよ、火を着けに
闇が包まれる火を

原文

You know that it would be untrue
You know that I would be a liar
If I was to say to you
Girl, we couldn't get much higher

Come on baby, light my fire
Come on baby, light my fire
Try to set the night on fire

ドアーズのLight My Fire(訳出)

果てしなく繰り広げられる愛、天井知らずの惹かれる気持ちに嵌まって自分自身が消え失せて行くようなつまり忘我の境地を歌っていると思う。恋人との恍惚が「おいでよ、火を着けに」(Come on baby, light my fire)のフレーズにあって他には何も見えないほどの胸のうちを明かしている。熱烈としかいいようない本音を単刀直入にしかも極度の興奮状態、または二人の悦楽において捉えた本当に格好良い恋愛歌だ。

その他のカヴァー

十五組の楽曲;

世界でカヴァーが続々と生まれているLight My Fireは恋愛歌のスタンダードな名曲に他ならない。

関連:結城永人の恋愛のスタンダードな名曲選集

参考:ハートに火をつけて Light My Fire Light My Fire by The Doors The Doors – Light My Fire Lyrics Cover versions of Light My Fire by The Doors

コメント

些細な日常の人気の投稿

PlayストアでAndroidアプリのダウンロードが非常に遅い場合の打開策

イメージ

乞食娘のアリス・リデルの湿板写真から逆算するルイス・キャロルの不思議の国のアリスへの本当の願い

イメージ

早川愛の高校野球の夏の甲子園の大会歌の栄冠は君に輝くの独唱のソプラノの美声

イメージ

スノーボードのジャンプ中のグラブには幾つもの種類がある

イメージ

Bloggerブログのテンプレートのhead内のカスタマイズのために独自タグのall-head-contentを分解する

イメージ